グリーンインフラレンディングが新規のファンド募集を一時停止へ

グリーンインフラレンディングが新規のファンド募集を一時停止へ

2018年6月19日、グリーンインフラレンディングで今後の新規ファンド募集が一時停止されることが発表された。

グリーンインフラレンディングの一部ファンド募集が停止となったことが、maneoマーケット社より先週公表されていたが、今回の発表では今後のファンド募集予定についても言及がある。

また、一部のファンドで募集を停止した理由を、資金使用の一部について確認していることを挙げているが、詳細な理由は明らかにされていない。

以下、2018年6月21日追記
一部報道によると、ファンド募集時に記載されていた説明とは異なる形で資金の一部が運用されている疑いがあるとして、証券取引等監視委員会が金融商品取引法に違反する行為がなかったかについて調査を進めている。

maneoマーケット社はこの報道を受け、関係各所と対応を協議しているとのこと。

以下、2018年6月27日追記
グリーンインフラレンディングの親会社であるJCサービスが本件の経緯について発表した。

この発表によると、グリーンインフラレンディングの一部のファンド、また新規ファンドの募集を停止した理由は、maneoマーケット社より一部のファンドにかかる指導を受けたためとしている。

指導を受けたファンドでは、グリーンインフラレンディングが該当ファンド募集時に資金使途として説明していた「開発資金」が、最終貸付先である企業において募集に先行して支出した資金に充当されていたようだ。

今後の新規ファンド募集を再開する目処については、明言されておらず、maneoマーケット社の指導を踏まえて、今後の対応を検討するとしている。

以下、2018年6月28日追記
証券取引等監視委員会の調査が進む中、投資家から集めた資金の一部がグリーンインフラレンディングの関係会社とされる証券会社に渡っていたほか、当時の証券会社会長の口座に入金されていたようであると報道された。

また証券会社が2017年10月の衆議院選挙の直前に元環境相の細野豪志衆院議員に5,000万円を貸し付けており、投資家から集めた資金の一部が不適切な形で使用されている疑いが浮上している。

本件については、続報があり次第随時クラウドポートニュースにて取り上げていく予定。

【ファンド/事業者探しにぴったり!】ソーシャルレンディング各社のファンドを横断比較する方法

「利回り7%以上で担保ありのファンドを探したい!」「海外不動産のファンドに投資したい」などそれぞれ自分の探すファンドや事業者の条件があると思います。

そんな時にオススメなのが、ソーシャルレンディングの比較サイト「クラウドポート」 「クラウドポート」のファンド比較機能を使うと、利回り・担保の有無・運用期間など自分の好きな条件で国内主要22社のファンドを比較することができます。

ソーシャルレンディング投資を始めるならどのサービスがおすすめ?

ソーシャルレンディングサービスを運営する事業者は20社以上あります。※2018年2月時点

全てのソーシャルレンディングサービスを1つずつ比較検討していくのはなかなか手間がかかります。

ただこの手間をかけず、安易に投資してしまうのはそれ相応のリスクがあります。ソーシャルレンディング投資で大切なことは分散投資です。

株式投資や投資信託と同様に、各サービスやファンドテーマで分散投資を心がけましょう。

クラウドポートでは日本のソーシャルレンディングサービスを全てまとめ、それぞれの特徴や実績をもとに徹底解説しました。

ソーシャルレンディング投資を始めたい方や各サービスを比較検討したい方はぜひチェックしてみてください。