クラウドバンクが米ドルで資産運用が可能になる新ファンドと両替サービスの開始を発表

クラウドバンクが米ドルで資産運用が可能になる新ファンドと両替サービスの開始を発表

2018年6月1日、日本クラウド証券株式会社が運営するクラウドバンクは、ソーシャルレンディング業界初となる「米ドルによる募集・運用ファンド」および「円と米ドルの両替サービス」を近日中に開始すると発表した。

提供が予定されている「米ドルによる募集・運用ファンド」では、クラウドバンクで開設している口座内で円から米ドルに両替することで、米ドルで該当ファンドに投資が可能となるほか、分配金・償還金も米ドルのまま受け取ることができる。

これにより、米ドルで受け取った分配金・償還金を円に両替するタイミングを、投資家が任意に選べるようになる。

これまで国内で募集された海外テーマのソーシャルレンディング案件では、為替を変換するタイミングはコントロールできないことが通常だったため、今回のクラウドバンクの新機能は画期的といえる。

クラウドポートニュースでは今回のリリースについて、クラウドバンク社に詳細をヒアリングする予定だ。内容はクラウドポートニュースにて近日中に公開予定。


※1:業界初!! 「クラウドバンク」が「米ドルによる募集・運用ファンド」および「円⇔米ドルの両替サービス」を近日中に開始!