エメラダがオンライン・レンディングサービスの「エメラダ・バンク」を開始

エメラダがオンライン・レンディングサービスの「エメラダ・バンク」を開始

本日5月23日、エメラダ株式会社はオンライン・レンディングサービスの「エメラダ・バンク」を開始した。※1

エメラダ・バンクは中小企業が500万円から5,000万円までの借り入れをオンラインで完結できるサービス(面談あり)で、決算書以外にも銀行口座の入出金データを活用した与信評価や柔軟な返済計画への対応が特徴だ。

また同社は株式投資型クラウドファンディングサービスのエメラダ・エクイティを運営している。

同サービスと連携することで、借入以外にも増資の選択肢も提供できるなど、法人の財務課題に対して幅広い解決策を提供できるようになる。

今回の発表では、城北信用金庫、第三銀行、東邦銀行、大和信用金庫などの地域金融機関が参画しており、今後は法人向け金融システムのマーケットプレイスを目指すとしている。

株式投資型クラウドファンディングサービスを提供している国内企業の中で、レンディングを合わせて手掛ける企業はエメラダが初となる。今後の2つのサービスがどのような形で連携していくかにも注目だ。


※1:オンライン・レンディング「エメラダ・バンク」をリリース、第一弾として複数の地域金融機関などが参画、法人金融システムのマーケットプレイスを目指す

【ファンド/事業者探しにぴったり!】ソーシャルレンディング各社のファンドを横断比較する方法

「利回り7%以上で担保ありのファンドを探したい!」「海外不動産のファンドに投資したい」などそれぞれ自分の探すファンドや事業者の条件があると思います。

そんな時にオススメなのが、ソーシャルレンディングの比較サイト「クラウドポート」 「クラウドポート」のファンド比較機能を使うと、利回り・担保の有無・運用期間など自分の好きな条件で国内主要23社のファンドを比較することができます。

ソーシャルレンディング投資を始めるならどのサービスがおすすめ?

ソーシャルレンディングサービスを運営する事業者は20社以上あります。※2018年2月時点

全てのソーシャルレンディングサービスを1つずつ比較検討していくのはなかなか手間がかかります。

ただこの手間をかけず、安易に投資してしまうのはそれ相応のリスクがあります。ソーシャルレンディング投資で大切なことは分散投資です。

株式投資や投資信託と同様に、各サービスやファンドテーマで分散投資を心がけましょう。

クラウドポートでは日本のソーシャルレンディングサービスを全てまとめ、それぞれの特徴や実績をもとに徹底解説しました。

ソーシャルレンディング投資を始めたい方や各サービスを比較検討したい方はぜひチェックしてみてください。