ラッキーバンクの複数案件で返済遅延が発生

ラッキーバンクの複数案件で返済遅延が発生

2018年3月2日に関東財務局より業務改善命令が下されたラッキーバンク・インベストメント株式会社(以下、ラッキーバンク社)。

同社の運営するファンドのうち、複数で返済遅延が発生している旨のメールが、2018年5月4日にラッキーバンクより投資家に送られた。

現在の状況はファンド毎に異なり、中には売却を目指す期限が示されている案件もある。

今後についてラッキーバンクは、任意売却または担保権の実行による競売により、債権回収の極大化を図るとしているが、最終的な選択肢としてサービサーへの債権売却も考慮しているとのことだ。

以下、2018年5月21日追記

2018年5月18日、ラッキーバンクにて運用中の一部ファンドの投資家に対して、債権回収に関する進捗について、以下の旨のメールが送られた。※1

ラッキーバンク社は、5月1日付で貸付の返済遅延が発生しているファンドについて、顧問弁護士を代理人として貸付先と協議中であり、5月末までを目途に返済計画案を徴求している。

今後は、提出される返済計画案の実現可能性などをラッキーバンク社が検討し、貸付債権を回収する方針を決定する予定とのことだ。

本件に関して、続報があり次第、クラウドポートニュースにて随時取り上げていく予定。


※こちらの記事の情報を用いて行うすべての行動やそのほかに関するご判断は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

※1:ラッキーバンクから続報+参考記事より