ラッキーバンク・インベストメントに対する行政処分勧告 誤解を生ぜしめるべき表示など

ラッキーバンク・インベストメントに対する行政処分勧告 誤解を生ぜしめるべき表示など

平成30年2月20日、「ラッキーバンク・インベストメント株式会社(以下、ラッキーバンク社)」において、当該金融商品取引業者に係る問題が認められたとして、証券取引等監視委員会は行政処分を行うよう、金融庁に勧告する方針であることが明らかとなった。

以下、本件について、証券取引等監視委員会の勧告内容は下記の通り。

金融商品取引契約の締結又はその勧誘に関して、重要な事項について人に誤認させるような表示をする行為は以下の通り。

1. 貸付先の審査につき誤解を生ぜしめるべき表示をする行為

ラッキーバンク社は取引約款などで、貸付先の選定に関して「借入れの申し込みがあった場合は、ラッキーバンク社が定める規定に従って審査を行い、適当と判断した会社について、ファンドの募集を行う」としていた。
また広告サイトにおいて、「借入申込者の信用力を厳密に評価します。提出書類(決算書・事業計画書・収支計画書など)に基づき融資の可否を判断します。」と表示していた。

しかし、ラッキーバンク社の貸付先であるX社から提出された財務諸表について、売却契約の締結に至っていない物件を売上に計上していた点などを看過していたほか、X社の不動産事業について、事業期間が延長となる事態が発生し、ファンドの借入金の返済が困難な状態となっていたにも関わらず、X社を貸付対象としたファンドの募集を続けていた。

上記について証券取引等監視委員会は、出資者の投資判断に重大な影響を及ぼすと認められる貸付先の審査について、あたかも、慎重な手続きによって行われているかのような誤解を生ぜしめるべき表示を行ったとしている。

2. 担保物件の評価につき誤解を生ぜしめるべき表示をする行為

ラッキーバンク社はX社へ貸付を行なっており、不動産担保が設定されたファンド318本のうち252本に関して、「不動産価格調査報告書」をWebサイト上のファンドページに表示している。
しかし、当該報告書は、正式な不動産鑑定評価を行った上で作成されたものではなく、対外的に公表できるものではないとのこと。

証券取引等監視委員会は上記について、出資者の投資判断に重大な影響を及ぼすと認められる担保評価について、誤解を生ぜしめるべき表示を行ったとしている。

ラッキーバンク社の発表
ラッキーバンク社はウェブサイトにて、「改善策を策定・実施し、皆さまからの信頼向上に向け、全役職員一丸となって取り組んでまいります。また、本件詳細につきましては、今後改めてご説明させていただく予定です。」と述べている。

こちらの件については、進展があり次第、クラウドポートニュースにて取り上げていく予定。

※こちらの記事の情報を用いて行うすべての行動やそのほかに関するご判断は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

【ファンド/事業者探しにぴったり!】ソーシャルレンディング各社のファンドを横断比較する方法

「利回り7%以上で担保ありのファンドを探したい!」「海外不動産のファンドに投資したい」などそれぞれ自分の探すファンドや事業者の条件があると思います。

そんな時にオススメなのが、ソーシャルレンディングの比較サイト「クラウドポート」 「クラウドポート」のファンド比較機能を使うと、利回り・担保の有無・運用期間など自分の好きな条件で国内主要23社のファンドを比較することができます。

ソーシャルレンディング投資を始めるならどのサービスがおすすめ?

ソーシャルレンディングサービスを運営する事業者は20社以上あります。※2018年2月時点

全てのソーシャルレンディングサービスを1つずつ比較検討していくのはなかなか手間がかかります。

ただこの手間をかけず、安易に投資してしまうのはそれ相応のリスクがあります。ソーシャルレンディング投資で大切なことは分散投資です。

株式投資や投資信託と同様に、各サービスやファンドテーマで分散投資を心がけましょう。

クラウドポートでは日本のソーシャルレンディングサービスを全てまとめ、それぞれの特徴や実績をもとに徹底解説しました。

ソーシャルレンディング投資を始めたい方や各サービスを比較検討したい方はぜひチェックしてみてください。