億万長者は誰でもなれる?コツコツと資産運用をするための考え方

億万長者は誰でもなれる?コツコツと資産運用をするための考え方

こんにちは、SALLOWです。

皆さんは「お金がもっとあったら良いな」と思いますか?
こう聞かれた場合、よほどお金で嫌な思いをした人以外、答えはYESでしょう。

生きていく上では様々な問題や心配事が発生しますが、十分なお金があれば解決するものも多くあるはずです。では、お金はいくらあれば良いのでしょうか。

もちろん多ければ多いほど良いでしょうが、限りがあるため何らかのゴールを決める必要があります。ゴールのないマラソンは苦行と同じです。

今回の記事では、資産運用をする上での一つのゴールを純金融資産1億円、いわゆる億万長者と設定した上で、このゴールを本気で目指すためには何をすればいいのか、私なりの考えを紹介していきたいと思います。

もちろん、投資の大成功などの偶然や奇跡に頼るのではなく、「誰でも頑張れば億万長者になれる」という方法です。金融資産1億円は選ばれた人や強運の人だけが到達できる幻の花でもはなく、ごく一般の人が頑張れば手の届くちょっと高価な花くらいのものだと思っていただければ幸いです。

重要なのは収入ではなく利益

億万長者は誰でもなれる?ソーシャルレンディング投資の前に確認

金融資産1億円というと、日本における資産ランクの上から2番目である富裕層に相当します。

日本において富裕層以上の世帯数は120万世帯くらいで、割合としては2%ちょっと。例えるなら、学校の1クラスのうち1人は富裕層かもしれないという割合です。
こう考えると、富裕層は決して手の届かない存在ではないと思いませんか?※1

さて、資産を増やす方法として、誰もがすぐに思いつくのは稼ぎを増やすことだと思います。その答えは間違いではないのですが、それは「資産を増やす方法のうち、いくつかある答えの一つ」であって、資産を増やす事と多く稼ぐ事を同一視するのは正しいとは言えません。

「Revenue is vanity. Profit is sanity. Cash is reality.」という言葉があります。日本語に訳すと「売上は虚栄、利益は健全、現金は現実」となるでしょうか。これはあるグローバル企業のトップの言葉ですが、資産を増やすにあたってとても重要な言葉だと私は思います。

これは企業の話ですので、個人の話に置き換えるため、「売上」を「収入」と言い換えます。そうするとこの言葉の日本語訳は、「収入は虚栄、利益は健全、現金は現実」となります。

例えばいくら高給取りであっても、月々の出費がそれにも増して多ければ何の意味もない、ということです。もしその人が多くの借金を抱えていたら、高給取りという言葉には何の価値もありません。これが「稼ぎは虚栄」という部分の意味です。

次のフレーズの「利益は健全」とは、重要なのは稼ぎではなく家計の収支であるということ。最後の「現金は現実」とは、月々の利益の積み重ねが現金(資産残高)という現実となるという意味です。

つまり、重要なのは稼ぎではなく、稼ぎから支出を引いた利益であるということ。この言葉は資産構築をする上での金言だと思っています。

浪費に追いつく稼ぎ無し

億万長者は誰でもなれる?ソーシャルレンディング投資の前に確認

億万長者を目指す上で最初にやるべきは、自分の人生の計画を立てる事だと思います。現状の把握と将来の見通し無しに行動を起こす事は、闇夜に灯り無しで散歩することと違いがありません。

今回はゴールを金融資産1億円に設定しましたが、これは万人のゴールではありません。一人一人がいくらの資産を貯め、どのような人生を送りたいのか、自分の人生の計画を立てて未来を「見える化」することが大事です。

そのような計画を立てていく上で、現時点の収入と支出についても見えてくるでしょう。「収入からはこんなに税金が引かれていたんだ」とか、「普段は気にしていなかったけどこんな支出があったんだ」などという気付きもあると思います。

資産運用・資産形成の計画を立てた後に最優先で身につけるべきものは、節約を負担に感じないような体質です。

資産を増やす方法、という言葉から真っ先に連想しがちなのは、稼ぎを多くすることや投資で儲けることだと思います。たしかにそれらは一つの手段ではありますが、決して簡単な手段ではありませんし、成功するとも限りません。

だからこそ「無駄なお金を使わない」という当たり前で失敗しない方法を徹底して実践する必要があります。これができなければ収支はいつまで経っても改善せず、億万長者への道は遠いでしょう。

「大きな収入を得て億万長者を目指したい」という人でなければ、「浪費に追いつく稼ぎ無し」という言葉を身にたたき込むべきです。稼ぎを1万円増やすことと、無駄な出費を1万円削ることは金額的には全く同じことです。

節税も資産運用の一つ

億万長者は誰でもなれる?ソーシャルレンディング投資の前に確認

また、税金や社会保障費も広義の意味では支出の一つと捉えるべきです。先ほどは「無駄なお金を使わない事が重要」と言う話をしましたが、これは同様に「無駄な税金や社会保障費は払わない事が重要」という意味でもあります。

なぜなら日々の支出であれ税金であれ、使い道は何であっても出費が増えればその分だけ資産構築が遅れ、億万長者への道は遠のくことになるからです。

サラリーマンの場合、源泉徴収で毎月の給与から自動的に社会保障費や税金が引かれますので、この分野の知識は特に弱いと思います。もちろん、税務署はわざわざ税金を減らす方法を教えてくれることはありませんから、知らないままでいたら損をするのは自分ばかりということになってしまいます。

サラリーマンで使える節税手段としては例えば、確定拠出年金(iDeCo)、新設された介護医療保険料控除枠、医療費控除(もしくはセルフメディケーション税制)、ふるさと納税などがあります。

また、社会保険料は4~6月の給与の平均値で計算されます。そこで、年間収入が変わらないという条件付きなら、3~5月の残業を抑える(その分を他の月に回す)事によって社会保険料の出費を抑える事ができます。

こういった方法は社会生活の上でとても重要な知識なのですが、残念ながら学校で教えてくれる知識ではありません。億万長者を目指したいと言うのであれば、独学で学ぶべき必須の科目と言えるでしょう。

資産の雪だるまを転がそう

億万長者は誰でもなれる?ソーシャルレンディング投資の前に確認

支出を抑えるだけではなく、収入を増やす事も重要です。

どうやって増やすかという手段については、その人の置かれている立場により千差万別です。本業を頑張るのもいいでしょうし、転職を考えるのも一つの手段。国が推し進め、最近では経団連も容認の方向に動き始めた副業や兼業を検討してみるのもいいと思います。

そうしてある程度の資金が集まれば、今度はそれを投資に回します。投資を行う目的はお金にも働いてもらうこと。つまり自分自身の労働ではなく、資産自体から生み出されるお金を生み出していくことです。

後はこの繰り返しです。給与などの所得と、投資によって得られた利益を再投資し続けます。こうすることにより複利効果が働き、資産は雪だるまのように大きくなっていくことになるでしょう。

その間には、最初に立てた計画の見直しも必要となるかもしれません。不要な支出を抑える工夫も継続するべきですし、収入を増やす方法がないか模索することも重要です。税制や社会保険などの制度が変われば、その制度に合わせて節税策の最適化も必要でしょう。

こうしたことを続けた先に、金融資産1億円(もしくは各個人が立てた目標)というゴールがあります。果てしない道のように見えたとしても、要は計画を立ててやるべきことを愚直にやっていくだけです。

長い道のりかもしれませんし、道の途中にはアクシデントもあるでしょうが、難攻不落な目標ではありません。

ソーシャルレンディングは「堅実な億万長者の道」と相性良し

億万長者は誰でもなれる?ソーシャルレンディング投資の前に確認

資産の雪だるまを作るための投資方法は世の中にいくつもあります。一般的には投資方法は一つではなく、複数を組み合わせて運用していく方が良いと言われています。

そんな投資方法の一つとして、ソーシャルレンディングはその歴史の浅さを勘案しても十分に投資対象として検討に値する金融商品だと思います。

特にこの記事でお話してきたような「堅実な億万長者への道」を歩もうとする場合は、以下の2つの点で相性が良いと考えています。

 1.ソーシャルレンディングが堅実なインカムゲイン投資であること

これまでのところソーシャルレンディングにおいて大きな元本毀損はほとんど起きていません(一部事業者を除く)。事業者と案件をしっかりと選んで投資対象を分散すれば、ソーシャルレンディングはそこそこ堅実な投資であると思います。

さらにソーシャルレンディングは安定したインカムゲイン投資であることから、得られる利金は投資額に比例しやすいです。資産が育ってくるに従って利金も増えていきますので、複利効果を実感しやすい投資商品と言えるでしょう。

 2.ソーシャルレンディングには日々の値動きがないこと

計画に基づいて歩む「堅実な億万長者への道」に、日々資産総額が変動するようなスリルは不要です。

ソーシャルレンディングには日々の値動きがないので、一喜一憂する必要はなく、一度投資すれば償還までやることもありません。

その分の時間は本業や副業の収入を増やす方法や、支出を削減する方法の検討に充てる事ができるので、時間を有効に使う事ができます。

まとめ

ごく一般の人が奇跡や偶然に頼らず億万長者へ至る道のりは以下の通りです。

  1. ・こうなりたい、という目標と、そこに至る計画を立てる
  2. ・支出(税金を含む)を最小化する
  3. ・収入(副業を含む)を最大化する
  4. ・毎月の収支(収入-支出)を投資する
  5. ・投資によって生まれた利益を収支と合わせて投資する
  6. ・めでたくゴール

ソーシャルレンディングはインカムゲイン投資のため複利効果を実感しやすい投資の選択肢です。また、日々の値動きが基本的に無いために資産運用の計画が立てやすいという特徴を持ちます。
今回紹介したような堅実な道のりで利用する投資手段に適していると思います。

言葉で表すとシンプルに見えるかもしれませんが、今回紹介したのは万人が頑張れば到達できる億万長者になる方法ですから、奇策はありません。当たり前の事を当たり前に実行していくだけです。

毎月の給料も、副業のお小遣いも、投資によって得られたお金も、全て億万長者への小さな一歩。残さず集めて前進していきましょう。

最後に、この記事においてはゴールを億万長者と設定しましたが、これは分かりやすさのためであり、誰もが億万長者を目指すべきだと主張するつもりはありません。

資産運用の目的は資産を守り増やす事ですが、それは元を正せば全て幸せのため。億万長者にならなければ幸せになれない、なんてことはもちろん無いからです。

もしも何となく投資は怖いと二の足を踏んでいる方がいましたら、まずは自分と家族が到達したい目標を明確にするところから、将来の幸せを目指す資産運用の道を初めてみてはいかがでしょうか。

【ファンド/事業者探しにぴったり!】ソーシャルレンディング各社のファンドを横断比較する方法

「利回り7%以上で担保ありのファンドを探したい!」「海外不動産のファンドに投資したい」などそれぞれ自分の探すファンドや事業者の条件があると思います。

そんな時にオススメなのが、ソーシャルレンディングの比較サイト「クラウドポート」 「クラウドポート」のファンド比較機能を使うと、利回り・担保の有無・運用期間など自分の好きな条件で国内主要23社のファンドを比較することができます。

ソーシャルレンディング投資を始めるならどのサービスがおすすめ?

ソーシャルレンディングサービスを運営する事業者は20社以上あります。※2018年2月時点

全てのソーシャルレンディングサービスを1つずつ比較検討していくのはなかなか手間がかかります。

ただこの手間をかけず、安易に投資してしまうのはそれ相応のリスクがあります。ソーシャルレンディング投資で大切なことは分散投資です。

株式投資や投資信託と同様に、各サービスやファンドテーマで分散投資を心がけましょう。

クラウドポートでは日本のソーシャルレンディングサービスを全てまとめ、それぞれの特徴や実績をもとに徹底解説しました。

ソーシャルレンディング投資を始めたい方や各サービスを比較検討したい方はぜひチェックしてみてください。