クラウドリアルティが総額3.5億円の資金調達 SBI FinTechファンド、三菱東京UFJ銀行などから

クラウドリアルティが総額3.5億円の資金調達 SBI FinTechファンド、三菱東京UFJ銀行などから

不動産案件に特化した、投資型クラウドファンディグ事業者である「Crowd Realty」。
同サービスを運営する株式会社クラウドリアルティは、20日に総額3.5億円の資金調達を行なったと発表した。

第三者割り当て増資の引受先は、SBIインベストメント株式会社のFinTechファンド、株式会社三菱UFJ銀行、三菱UFJキャピタル株式会社、カブドットコム証券株式会社。

今回調達した資金は各株主との事業連携をはじめ、プラットフォームの基盤強化に充てるとのこと。

クラウドリアルティについて

クラウドリアルティは、これまでのクラウドファンディング事業者では見られなかった特徴的なファンドを組成している。

2017年6月に募集開始した京町家再生プロジェクトは約3週間で満額成立。
その後に公開したシェア保育園のプロジェクトは1億7,400万円と大きな金額の募集にもかかわらず満額の資金を集めた。

不動産投資型クラウドファンディング事業者として、独特かつ新たなファンドを提供してきたクラウドファンディング。
今後も同社に注目したい。

クラウドリアルティはこちら


※こちらの記事の情報を用いて行うすべての行動やそのほかに関するご判断は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

【ファンド/事業者探しにぴったり!】ソーシャルレンディング各社のファンドを横断比較する方法

「利回り7%以上で担保ありのファンドを探したい!」「海外不動産のファンドに投資したい」などそれぞれ自分の探すファンドや事業者の条件があると思います。

そんな時にオススメなのが、ソーシャルレンディングの比較サイト「クラウドポート」 「クラウドポート」のファンド比較機能を使うと、利回り・担保の有無・運用期間など自分の好きな条件で国内主要22社のファンドを比較することができます。

ソーシャルレンディング投資を始めるならどのサービスがおすすめ?

ソーシャルレンディングサービスを運営する事業者は20社以上あります。※2018年2月時点

全てのソーシャルレンディングサービスを1つずつ比較検討していくのはなかなか手間がかかります。

ただこの手間をかけず、安易に投資してしまうのはそれ相応のリスクがあります。ソーシャルレンディング投資で大切なことは分散投資です。

株式投資や投資信託と同様に、各サービスやファンドテーマで分散投資を心がけましょう。

クラウドポートでは日本のソーシャルレンディングサービスを全てまとめ、それぞれの特徴や実績をもとに徹底解説しました。

ソーシャルレンディング投資を始めたい方や各サービスを比較検討したい方はぜひチェックしてみてください。