SBIソーシャルレンディングの税金や手数料はいつ、どれくらいかかるのか

SBIソーシャルレンディングの税金や手数料はいつ、どれくらいかかるのか

日本のソーシャルレンディング会社の中でも2番目に長い運営歴を持ち、これまでの募集金額実績も2位につけているSBIソーシャルレンディング(2017年時点)。SBIグループの一員であるという信頼性もあり、多くの投資家がSBIソーシャルレンディングを利用しているようです。

SBIソーシャルレンディングで投資を行うにあたって税金や振り込みなどの手数料について気になる方も多いでしょう。
今回はSBIソーシャルレンディングで投資した場合、どの程度の税金や手数料がかかるのかを説明します。

SBIソーシャルレンディングの利益にかかる税金は

投資で得た利益には、当然ながら税金が発生します。
ソーシャルレンディングで20万円を超える収益があった場合、雑所得で計算されるので税務署に対して確定申告を行う必要があります。

SBIソーシャルレンディングでは、投資で得られた利益に対して20.42%の源泉徴収を行って投資家に利益を分配しています。これは所得税として一律20%、さらにそこへ東日本大震災の特別復興税を加味した値となっています。

他社と比較した場合の税金は

SBIソーシャルレンディングで運用した利益に対する税金は、 他社で運用した場合の利益に対する税金と同じ数字になっています。

源泉徴収に関しても、ソーシャルレンディングに関するほぼ全ての会社で源泉徴収の20.42%を差し引いた金額を、それぞれの投資家の口座に振り込んでいます。

特にSBIソーシャルレンディングだけ高いということはありません。
例を挙げると年利6.5%で運用したファンドの場合は、6.5×0.2分の約1.3%が引かれた年5.2%が実質の年利になると考えられます。

また源泉徴収が最初から行われているからといって、確定申告を行う必要がないということではありません。源泉徴収の20%はあくまでも多くの人に適用される税率として、目安で引かれている数字です。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

SBIソーシャルレンディングの運用で必要な手数料は

税金に関しては、どの会社で運用を行っても同等の数字がかかりますが、手数料は各ソーシャルレンディング会社で異なります。
では SBI ーシャルレンディングで投資した場合には、どの程度の手数料がかかるのでしょうか。

手数料の具体的な金額は分からない

SBIソーシャルレンディングのホームページを見ると、以下の二つが口座の運営に係る手数料として支払われているという記載があります。

管理手数料

一つは管理手数料です。
この管理手数料はファンドごとにSBIソーシャルレンディングが定めている手数料です。

ファンドそれぞれの詳細を見ても具体的な数字の記載はないので、どの程度の手数料を取っているかは不明です。
手数料の徴収自体は融資先、つまり事業資金などを借りた会社が支払う返済金の一部を、手数料としてSBIソーシャルレンディングが受け取る形になっています。
つまり投資家がSBIソーシャルレンディングへ支払うことはありません。

委託手数料

もう一つは委託手数料です。
これは貸し付けた債権の回収を、第三者機関にSBIソーシャルレンディングが委託する場合の費用となっています。
借り手に融資した資金が返済されない時に、第三者に依頼をして改めて融資した資金の回収を行います。
そのための費用であり、特に投資家が負担をすることはなく借り手からの返済金とそして延滞利息から支払われるのです。

SBIソーシャルレンディングの管理手数料は高いのか

SBIソーシャルレンディングがどれほどの管理手数料を自分たちの利益としているのか、具体的な数字は不明ですが、他社では以下のような数字になっています。

トラストレンディングでは投資用ファンドの詳細を見ると、税引前の利回りと営業者報酬の2つの数字が記載されています。
例えば利回りが7.5%(税引前)、そして営業者報酬が2.5%となっていれば、トラストレンディングは10%で貸付金利を設定していることがわかります。

管理手数料も、一般的にはこの営業者報酬と同等と考えることができます。

利回りは記載しながらも、営業者報酬や管理手数料の具体的な数字は記載してないソーシャルレンディング会社がほとんどであるために、比較できないのが現状です。

SBIソーシャルレンディングの入出金手数料

SBIソーシャルレンディングの出金手数料と入金手数料ですが、以前は出金手数料として420円が一律に課せられていました。
しかし現在では完全無料になったので自由に出金できます。

入金手数料は自分がどこの銀行から入金をするのかで金額が異なります。
SBI証券の口座から入金をする場合は無料で入金が可能。
他のメガバンク経由の場合は324円、432円という入金手数料がかかります。ネットバンクを利用すれば100~200円程度の手数料での入金も可能です。

これはSBIソーシャルレンディング特有の費用というよりも、自分が振り込みを行う金融機関によって変わるものです。

SBIソーシャルレンディングの税金や手数料は他の会社と同等

SBIソーシャルレンディングで運用をした場合の税金は、他社と特に変わることはありません。
ファンドの管理手数料に関しては不明ですが、出金手数料は無料であり、入金手数料もSBIグループから入金する場合は無料で行うこともできます。

SBIソーシャルレンディングはソーシャルレンディング業界の中で先駆者であり、他社が追随する形となっています。
それだけに後進の会社の方が先駆的なサービスを仕掛けてくることも多いのですが、きちんと他社に対抗できるだけのサービスの充実を図っていることも理解できます。

ソーシャルレンディングの投資状況を簡単に把握!

ポートフォリオ管理機能

ソーシャルレンディングの投資状況や資産推移を手軽に管理し、ソーシャルレンディング投資をもっと便利にしませんか?

クラウドポートの「マイ投資レポート」は無料で使えるソーシャルレンディングのポートフォリオ管理機能です。

ポートフォリオ機能を使ってみる