ソーシャルレンディングの評価とは?他の金融商品と比べてみた

ソーシャルレンディングの評価とは?他の金融商品と比べてみた

物事は一覧表を作成し整理することで、問題点の所在や他者との比較がクリアになることがしばしばあります。

個別に各金融商品と比べられる事の多いソーシャルレンディングについて、今回は一覧表を作成し、他者との比較を簡単に行ってみました。

ソーシャルレンディングの金融商品と比較一覧表

ソーシャルレンディングについて、今回は他の金融商品との比較の一覧表を作成してみました。

一覧表を眺め、他の金融商品(不動産含む)と比較することで、よりその違いや優位性やデメリットを理解できるのではないでしょうか。

今回は簡単に「ボラティリティ」、「流動性」、「利回り」、「初期投資」の4項目について比較してソーシャルレンディングを評価しました。

ボラティリティ

金融商品の中でも、取引所を介して売買が行われるものはボラティリティ(価格変動)が生じます。
FXをはじめ、株式、投資信託、REITはボラティリティがあります。

一方で取引所の無いソーシャルレンディング、社債、不動産はボラティリティがありません。
社債については売買市場があるものもありますが、償還まで保有すればボラティリティに関係なく(社債の発行先の破綻等がなければ)投資元本の償還を受けることができます。

また不動産については取引市場がないものの、相対取引が可能であり、その売買価格は相手によって異なります。

流動性

流動性の有無は、取引所の有無に直接かかわってくるためボラティリティの有無と類似します。

取引所の無いソーシャルレンディング・社債・不動産には流動性はほとんどありません。
しかしながら社債は社債市場があるケースもあり、また不動産は取引所のような市場はなくとも、不動産会社等を経由する相対での売買は可能です。

よって上記7つの金融商品の中で、最も流動性が低いのはソーシャルレンディングという評価です。

ソーシャルレンディングは途中解約ができません。
不動産会社等を経由してとの力技が利用できる不動産と比べても、ソーシャルレンディングの流動性は低いといえるでしょう。

利回り

利回りの観点では5~10%の年利となるソーシャルレンディング及び不動産が突出しています。

ただし流動性のあるREITも昨年以来下落が継続しており、利回りとしては現在3~6%となります(2017年11月9日時点)。

よってREITにおいて高い利回りを誇る銘柄は、ソーシャルレンディングよりも少々低いほどでしょう。
ソーシャルレンディングの利回りはやはり比較的高いという評価となります。

※なお、FXにおいてスワップポイントと言われる金利もありますが、スワップポイント狙いのFXはレバレッジの関係で非常に勝つことが難しいため、利回りは「無し」としています。

初期投資額

初期投資の必要金額が低いのは、ソーシャルレンディング、株式、投資信託です。

株式については初期投資の必要金額が銘柄によりバラバラですが、中には売買を行うのに最低100万円以上が必要となる銘柄もあります。

FXについては事業者により最低投資金額が異なります。
以前は原則10,000通貨単位で50,000円前後がFXトレードには必要不可欠でした。

しかしながら現在では1通貨単位や100通貨単位で取引可能な業者も見られ、FXは投資家の参入のハードルが非常に低くなっています。

また不動産については、中古マンションであっても数百万円からのスタートとなり、他の金融商品と比べると、相当ハードルが高い存在となります。

まとめ

7つの金融商品とソーシャルレンディングを簡単な一覧表にして比べ、どのような印象を抱きましたか。

世の中には様々な金融商品が存在しており、そして状況や環境は変化しています。

時折、一覧表を作る等して様々な金融商品と比較することで、今ま気付くことのなかった新しい発見や変化に気付くことができるかもしれませんよ。

ソーシャルレンディングの投資状況を簡単に把握!

ポートフォリオ管理機能

ソーシャルレンディングの投資状況や資産推移を手軽に管理し、ソーシャルレンディング投資をもっと便利にしませんか?

クラウドポートの「マイ投資レポート」は無料で使えるソーシャルレンディングのポートフォリオ管理機能です。

ポートフォリオ機能を使ってみる