ソーシャルレンディングで起こり得るトラブルと解決策

ソーシャルレンディングで起こり得るトラブルと解決策

ソーシャルレンディング投資は近年登場した新しい投資方法で、発展途上の市場でもあります。そのためソーシャルレンディング投資に関わるトラブルも実際に起きています。

今回はソーシャルレンディング投資で予想されるトラブルや実際に起きたこと、それらのトラブルの解決策をまとめました。

ソーシャルレンディングで予想されるトラブル

貸し倒れ・返済遅延

ソーシャルレンディングは貸付先の事業が順調に回っていれば、悪意を持った事業者ではない限り、貸し倒れも返済遅延もなく金利を受け取ることが出来ます。しかし、計画通りにテナントが埋まらない、売却金額が当初の予想よりも大きく下回ったなどの事情によって貸付先の事業が立ち行かなく場合があります。

このような事態になった場合は、予定されていた分配金が受け取れない、元本が返ってこないなどのトラブルになる可能性があります。

事業者自体の倒産

ソーシャルレンディング投資で個別案件は順調に運用されていても、ソーシャルレンディングサイトを運営している事業者自体が倒産するといったリスクが想定されます。

ソーシャルレンディングは上場企業が運営している事業者もあれば設立間もないベンチャー企業の事業者も混在しています。事業者自体を信用できるかどうかを考慮する必要があるでしょう。

口座開設ができない

ソーシャルレンディング投資を始めようと思い、ソーシャルレンディング事業者のサイトから口座開設をしようとすると、投資家の適正審査があります。この審査に通らなかった場合、口座開設ができず、ソーシャルレンディング投資を始められません。

投資家の適正基準は各社で公開はされていませんが、もし口座開設ができなかった場合、自分自身の年収や投資経験、預金残高などの項目を再度見直す必要があるでしょう。

ソーシャルレンディングで実際に起きたトラブル

返済遅延

返済遅延については複数のソーシャルレンディング事業者で発生しています。

ソーシャルレンディングはあくまでも投資のため、こうしたリスクはあります。
これを考慮すると、貸し倒れや遅延は必ずしもトラブルとは言えない部分もあります。

事業者の行政処分

ソーシャルレンディングサイトは第二種金融商品取引業と貸金業の免許を持った事業者が運営を行っています。(例外もあり)
この免許登録をするには、経営管理や内部管理体制など金融に関わるさまざまな業務が適切に実施できるかどうかが問われます。

また免許登録ができたとして、適切に業務が実施されているかどうかの検査が不定期に実施されます。この検査でなにか問題が発覚した場合は、業務改善命令や業務停止命令、免許取り消しといった行政処分を受けることになります。

ソーシャルレンディング業界では、金融庁の検査を受けて行政処分となった事業者もあり、個別ファンドではなく事業者自体にもトラブルが発生するというリスクもあることを理解しておきましょう。

ソーシャルレンディングのトラブルを回避するためのポイント

投資前の準備

口座開設ができないといったトラブルを回避するためには、予め他の投資をしたり、資産形成をしておく必要があります。
投資信託であれば100円から投資できるネット証券もあるため、少額で他の投資経験をしてからソーシャルレンディングで口座開設をするのもよいでしょう。

またソーシャルレンディング投資するため余裕資金をつくるために、日常生活の支出削減や副業での収入アップなども考えてみるのもよいかもしれません。

担保・保証の有無

貸し倒れ・返済遅延のトラブルを回避するには、投資するファンド情報の担保・保証の有無を必ず確認しましょう。
万が一投資しているファンドが貸し倒れになった場合、担保の売却益や保証会社からの弁済によって元本を回収できる可能性があります。担保・保証が無いファンドで貸し倒れになった場合は、元本全額が失われることになるので、十分注意しましょう。

分散投資

担保・保証の有無を確認する以外にも貸し倒れ・返済遅延のトラブルを回避する方法として、分散投資をすることが挙げられます。投資しているファンドの一部が貸し倒れになったとしても、分散投資をしていることによって損失をカバーできる可能性があります。

特定のファンドや特定の事業者に集中投資するよりも、なるべく分散投資を心がけてトラブルを回避できるようにしていきましょう。

まとめ

ソーシャルレンディング投資で想定されるトラブルや解決策について解説してきました。トラブルになると、その事案が解決されるまで大きな労力がかかってしまうことになるでしょう。
トラブルに合わないように、紹介した解決策を参考にしながら、上手くソーシャルレンディング投資と向き合うようにしましょう。

クラウドポート提供の
投資型クラウドファンディングサービス、スタート!
Fundsで口座を開設して、上場企業や注目のベンチャー企業の投資型クラウドファンディングに投資しよう!
貸付ファンドのオンラインマーケット「Funds」では、上場企業や注目のベンチャー企業が組成するファンドに予定利回り1.5%〜6%*で投資いただけます。
*年率、税引前
1円単位で投資できる
Fundsの投資単位は1円。気軽に効率よく、資産運用を始めることができます。