スマートエクイティ運営のAIP証券が完全子会社化

スマートエクイティ運営のAIP証券が完全子会社化

IT事業と不動産事業を運営するSAMURAI&J PARTNERSはAIP証券(現SAMURAI証券株式会社)の株式を取得し、子会社化することを決議した。
株式取得は10月16日と11月2日の2回に分けて行われる予定。

SAMURAI&J PARTNERSは平成12年6月に大阪証券取引所ナスダック・ジャパン市場(現在 「東京証券取引所 JASDAQ グロース市場」)に上場した。
一方、グループでの連結売上高は年々減少をしており、直近の平成29年では連結営業損失86,534千円となっている。

こうした背景から、既存事業に加え、現取締役陣が有する金融・投資事業のノウハウを活用し、売上および収益力の改善をすべく、今回の株式取得決議に至ったという。

今後、同社はAIP証券の行う「投資銀行事業」および「クラウドファンディング事業」により、金融・投資事業を展開していくとのこと。

特徴的なファンドがみられる一方、ファンド組成数は滞っていたスマートエクイティ
今回の完全子会社化を経て、より積極的にファンドが提供されることを期待したい。

本件の詳細はこちら


※こちらの記事の情報を用いて行うすべての行動やそのほかに関するご判断は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

【ファンド/事業者探しにぴったり!】ソーシャルレンディング各社のファンドを横断比較する方法

「利回り7%以上で担保ありのファンドを探したい!」「海外不動産のファンドに投資したい」などそれぞれ自分の探すファンドや事業者の条件があると思います。

そんな時にオススメなのが、ソーシャルレンディングの比較サイト「クラウドポート」 「クラウドポート」のファンド比較機能を使うと、利回り・担保の有無・運用期間など自分の好きな条件で国内主要22社のファンドを比較することができます。

ソーシャルレンディング投資を始めるならどのサービスがおすすめ?

ソーシャルレンディングサービスを運営する事業者は20社以上あります。※2018年2月時点

全てのソーシャルレンディングサービスを1つずつ比較検討していくのはなかなか手間がかかります。

ただこの手間をかけず、安易に投資してしまうのはそれ相応のリスクがあります。ソーシャルレンディング投資で大切なことは分散投資です。

株式投資や投資信託と同様に、各サービスやファンドテーマで分散投資を心がけましょう。

クラウドポートでは日本のソーシャルレンディングサービスを全てまとめ、それぞれの特徴や実績をもとに徹底解説しました。

ソーシャルレンディング投資を始めたい方や各サービスを比較検討したい方はぜひチェックしてみてください。