オーナーズブックに貸し倒れや延滞はある?

オーナーズブックに貸し倒れや延滞はある?

不動産案件に特化しているソーシャルレンディング事業者のオーナーズブック。運営企業の株式会社ロードスターキャピタルは2017年9月にマザーズ市場へ上場しましたが、これまでの実績も気になるところです。
今回はオーナーズブックで貸し倒れ・返済遅延が発生していないかどうかを調査しました。

オーナーズブックの貸し倒れ・返済遅延状況

オーナーズブックの各ファンドの状況を調べてみたところ、2014年のサービス開始以来、貸し倒れ・返済遅延は1件も確認できませんでした(2018年4月時点)。

ソーシャルレンディング業界では返済遅延や貸し倒れが起こる可能性が常にあります。返済遅延については他の事業者で発生しています。比較的信頼性が高いオーナーズブックですが、ソーシャルレンディングという金融商品の性質上、それでも貸し倒れ・返済遅延のリスクは常に意識しておく必要があるでしょう(2017年10月時点)。

オーナーズブックで貸し倒れが発生した場合

もし仮にオーナーズブックのファンドで貸し倒れが発生した場合どうなるのでしょうか。

オーナーズブックに限らずソーシャルレンディングのファンドで貸し倒れが発生した場合、担保・保証の有無で状況が異なってきます。

オーナーズブックは全案件に担保が設定されていることから、万が一貸し倒れが発生すると担保を売却して貸し付けた資金の回収を図ります。
全案件に担保がついていることはもちろん、担保評価額の80%以内で貸付を行っているため、担保を売却した金額で貸し付けた資金を全額回収できる可能性が、そうでない場合に比べて比較的高いとはいえます。

オーナーズブックのリスク

不動産市場の影響

オーナーズブックは不動産案件に特化していることから、不動産市場の影響を比較的受けやすいといえるでしょう。

仮に不動産市場が下向き、テナントの空き室増加や賃料の値下げなどが理由で、当初の事業計画に支障が出て、貸し倒れ・返済遅延になる可能性もあります。

メザニンローン

不動産の担保には、シニアローンとメザニンローンがあります。

シニアローンで運用されている場合は、万が一貸し倒れになったとしても返済順位が高いため、比較的ローリスクなファンドといえます。
その分、利回りは低くなりやすいものとなります。

メザニンローンはシニアローンの貸し手よりも返済順位が低く、貸し倒れになると担保売却で回収できた資金はシニアローンの貸し手から優先的に回収されていくことになります。
よって貸し倒れの際に元本割れになる可能性が比較的高いといえるでしょう。

メザニンローンはシニアローンや自己資本で調達できなかった資金について補完するものです。
返済順位が低い代わりに金利を高く設定できたり、返済方法を柔軟にできたりなど借り手と貸し手も自由度を高くして契約を交わすことで、資金調達の選択肢を増やす役割をしています。

オーナーズブックの信用度について

ソーシャルレンディングでは信用度について気にされる投資家の方も少なくないようです。

マザーズ市場に上場

オーナーズブックを運営する株式会社ロードスターキャピタルは、2017年9月に東京証券取引所マザーズ市場へ上場しました。
会社設立6年目、ソーシャルレンディングに参入してからでは4年目での上場になります。

マザーズ市場へ上場するには、企業経営の健全性や内部管理体制などさまざまな基準があります。
そのハードルを乗り越えていることからも一定の信用をおける事業者といえるのではないでしょうか。

不動産のプロによる目利き

ファンド組成、審査を行うメンバーは不動産投資の第一線に20年以上身を置く一流のプロフェッショナル。本物の不動産のプロが、長年の経験に基づき、リスクをコントロールしながら投資家の皆さまに最適な商品を組成しています。

上記は岩野社長へのインタビューで語られていますが、株式会社ロードスターキャピタルは不動産のプロであるメンバーが多数在籍しています。

不動産鑑定士、宅地建物取引士、ビル経営管理士などの資格を持ち、不動産関係の実務を経験してきたメンバーがWebサイトで紹介されており、不動産業界で実績のあるメンバーにより運営されている事業者であることが伺えます。

まとめ

オーナーズブックでは貸し倒れ・返済遅延は確認できませんでした(2018年5月時点)。
マザーズ市場への上場やメンバー構成など見る限り、実績があり上場基準を充している事業者といえるでしょう。

ただし貸し倒れ・返済遅延のリスクはどの事業者にもあります。
必ずソーシャルレンディング投資をする前にはそれぞれのリスクを把握した上で、分散投資をするなどリスクをなるべく低くする工夫を行いましょう。

貸し倒れの体験談

オーナーズブックでは貸し倒れ・返済遅延は確認できませんでしたが、もし貸し倒れが発生した場合、どのような状況になるのでしょうか。
過去に貸し倒れを体験した方が当時の状況や学んだことなどをまとめています。
気になる方はぜひ確認してみてください。

【ファンド/事業者探しにぴったり!】ソーシャルレンディング各社のファンドを横断比較する方法

「利回り7%以上で担保ありのファンドを探したい!」「海外不動産のファンドに投資したい」などそれぞれ自分の探すファンドや事業者の条件があると思います。

そんな時にオススメなのが、ソーシャルレンディングの比較サイト「クラウドポート」 「クラウドポート」のファンド比較機能を使うと、利回り・担保の有無・運用期間など自分の好きな条件で国内主要22社のファンドを比較することができます。

ソーシャルレンディング投資を始めるならどのサービスがおすすめ?

ソーシャルレンディングサービスを運営する事業者は20社以上あります。※2018年2月時点

全てのソーシャルレンディングサービスを1つずつ比較検討していくのはなかなか手間がかかります。

ただこの手間をかけず、安易に投資してしまうのはそれ相応のリスクがあります。ソーシャルレンディング投資で大切なことは分散投資です。

株式投資や投資信託と同様に、各サービスやファンドテーマで分散投資を心がけましょう。

クラウドポートでは日本のソーシャルレンディングサービスを全てまとめ、それぞれの特徴や実績をもとに徹底解説しました。

ソーシャルレンディング投資を始めたい方や各サービスを比較検討したい方はぜひチェックしてみてください。