クラウドファンディングとは?種類や歴史、メリット・デメリットまで

クラウドファンディングとは?種類や歴史、メリット・デメリットまで

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは
クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは、インターネット上で、不特定多数から、組織や個人、プロジェクトなどに対して、資金を集める仕組みです。
資金を集める方法としては寄付する場合や何かと交換する場合から融資する場合まで様々な場合があります。
なお、クラウドファンディングとは、英語のクラウド(群衆)とファンディング(資金を供給する)をを組み合わせた言葉です。

クラウドファンディングの種類

クラウドファンディングには大きく分けて「購入型」「寄付型」「融資型」「投資型」といった4つの種類があります。
この中で広く知られているのは購入型や寄付型のクラウドファンディングでしょう。
しかしながら、市場規模という点では融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディングとして主に表される)が大半を占めています。

購入型クラウドファンディングとは

購入型クラウドファンディングとは
購入型クラウドファンディングとは

購入型クラウドファンディングとは、あるプロジェクトに対して支援者(ファン)が出資をする仕組みのクラウドファンディングで、出資を行うことで商品やサービスとを代わりに得ることができます。

購入型クラウドファンディングには「All or Nothing型」「All In型」といった2種類の仕組みがあり、前者は募集目標金額が達成した場合のみプロジェクトが成立しますが、後者は目標金額に達することができなくてもプロジェクトの成立が認められます。
「All or Nothing型」は、目標金額を達成しない限りプロジェクトが実行できないタイプのプロジェクト(店舗やブランドを作ったり、商品を開発するなど)に多く見られます。
一方、「All In型」は、資金募集時点でプロジェクトの実行が可能であると決まっているものやリターンを行えることが決まっているものが対象となります。

購入型クラウドファンディングの代表的なサービスには、campfirereadyfor、朝日新聞社が運営するA-portmakuakeなどがあります。

寄付型クラウドファンディングとは

寄付型クラウドファンディングとは
寄付型クラウドファンディングとは

寄付型クラウドファンディングとは、あるプロジェクトに対して支援者が寄付をする仕組みのクラウドファンディングで、リターンとして商品やサービスは基本的に発生しません。
プロジェクトによっては、お礼として手紙や写真を受け取れる場合があります。
被災地の支援など社会貢献性の強いプロジェクトが多く、支援者は寄付として支援を行うことが主となっています。

寄付型クラウドファンディングの代表的なサービスには、JAPAN GIVINGreadyforなどがあります。

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)とは

融資型クラウドファンディングとは
融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)とは

融資型クラウドファンディングとは、資産運用したい個人(投資家)から小口の資金を集め、それを大口化して借り手企業に融資する仕組みのクラウドファンディングです。
日本では融資型クラウドファンディングよりも、ソーシャルレンディングという名称として認知されています。

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)は個人から集めた資金を「融資」するという性質を持っているため、金銭のリターン(利回りの分配)を得ることができます。
購入型や寄付型クラウドファンディングとは異なり、投資商品の1つです。

融資型クラウドファンディングの代表的なサービスにはmaneo(マネオ)SBIソーシャルレンディングクラウドクレジットオーナーズブックなどがあります。

株式型クラウドファンディングとは

株式型クラウドファンディングとは
株式型クラウドファンディングとは

株式型クラウドファンディングとは、出資先である企業が資金調達の方法として未公開株の代わりに資金募る仕組みのクラウドファンディングです。
出資先企業の詳細な情報を投資家が確認でき、未公開株を取得できるため、事業会社が出資先となります。

株式型クラウドファンディングの代表的なサービスには、FUNDINNO(ファンディーノ)などがあります。

クラウドファンディングのメリット

クラウドファンディングとは?種類や歴史、メリット・デメリットまで

個人や企業、団体が資金を集める方法として比較的新しいクラウドファンディング。
インターネットにより不特定多数から資金を募ることができるというその特性上、独特のメリットがあります。

今までは実現が難しかったプロジェクトや企業が資金調達できる

クラウドファンディングを通じて広く投資や出資を募れるようになったことで、今までは埋もれていた夢や目的が叶いやすくなったと言えるのではないでしょうか。

例えば、寄付型クラウドファンディングの場合、サービスがあることで個人が比較的簡単に他人を支援できるようになります。
融資型や株式型クラウドファンディングでも、これまでの資金需要が満たされなかった事業者が投資家の力によってさらなる事業機会を得ることができます。

このようにクラウドファンディングを通じて広く不特定多数に資金を募ることで、今までの方法では難しかった事柄が実現できるようになります。

金銭から商品、想いまで様々な形のお返しがある

クラウドファンディングによってメリットがあるのは、プロジェクト実施者や企業だけではありません。
出資を行う個人にも様々な形のリターンがもたらされます。

例えば、購入型クラウドファンディングの場合、自分の欲しい商品や体験したいサービスを自分の手で得ることができます。
融資型クラウドファンディングの場合は、金銭的リターン(利回り)を期待することが可能です。

クラウドファンディングのデメリット

クラウドファンディングとは?種類や歴史、メリット・デメリットまで

一方、今までの資金調達方法とは異なったデメリットもいくつかあります。

必ずしも成立・成功するとは限らない

資金募集されたプロジェクトが必ず成立するというわけではありません。
そして、仮にあるプロジェクトが成立したとしても頓挫してしまう可能性もあります。

頓挫したからといって、支援者・出資者がその非を追及して資金を返してもうらうということも基本的にはできません。
支援、出資の際には、不成立や頓挫のリスクも考慮した上で行いましょう。

悪意を持った利用者の可能性

各種クラウドファンディングの仕組みを知った上で、悪意を持った利用者が現れる可能性も否定はできません。
購入型クラウドファンディングや寄付型クラウドファンディングでは、集めた資金が全て正しく使われているかについては詳細に確認することは難しいでしょう。

例えばこうした点を利用される場合も想定されます。

基本的に支援額、出資額を取り下げることはできない

各種クラウドファンディングやクラウドファンディングサービスによるものの、一度支援や出資を行なった後に資金を引き出すことは難しい場合が多くあります。

支援や投資を実行した後に金銭が必要になったり、気持ちが変わったとしても、取り消しはできない場合が多いので、事前に認識した上で支援・投資を実行しましょう。

クラウドファンディングの市場

クラウドファンディングとは?種類や歴史、メリット・デメリットまで

購入型クラウドファンディングが有名な日本国内ですが、市場規模としては異なった結果となっています。
また、海外におけるクラウドファンディングの市場規模を見てみると、融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)の市場規模の大きさが計り知れる内容となっています。

日本のクラウドファンディング市場

ソーシャルレンディングの国内市場規模
ソーシャルレンディングの国内市場規模

矢野経済研究所の調査によると、2015年における国内ソーシャルレンディングの市場規模(新規プロジェクト支援額ベース)は363億3400万円となっています。
この数値は前年比68.1%増となっており、大きく市場規模が伸びたことが分かります。

種類毎に市場規模を見てみると、購入型クラウドファンディングは32億円ほど、寄付型クラウドファンディングは1億円ほど、融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)は322億円ほどとなっており、ソーシャルレンディングの市場規模が非常に高い市場規模を誇っています。
実は国内においては金融商品であるソーシャルレンディングがほとんどを占めています。

また、2016年におけるソーシャルレンディングの市場規模は前年からさらに大幅な伸長を見せ、533億円以上(クラウドポート調べ)という数値になっています。

海外のクラウドファンディング市場

それでは海外クラウドファンディングにおける市場規模はどの種類が多いのでしょうか。

CROWDFUNDING INDUSTRYのレポートは、2015年のグローバルにおけるクラウドファンディングの市場規模を3兆4,000億円としています(1ドル100円として計算)。
その中で購入型や寄付型のクラウドファンディング(Reward and Donation Crowdfunding)は5,500億円を占めており、日本と比べると大きな比率を誇っています。

一方融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)に該当するものとしてP2Pレンディングのグローバル市場も掲載されています。
同年におけるグローバルのP2Pレンディング市場は、2兆5000億円です。
国内融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)の市場の成長余地がまだまだあることがうかがえるでしょう。

クラウドファンディングの歴史

クラウドファンディングとは?種類や歴史、メリット・デメリットまで

クラウドファンディングという言葉自体は比較的新しいものの、多数から資金を募り、プロジェクトや人に渡すということ自体は昔から存在します。

海外におけるクラウドファンディングの歴史

クラウドファンディングの原型は17世紀に、書籍代を募るという寄付型のモデルに見られるとされています。

クラウドファンディングの仕組みを活用した最も有名な例は、アメリカ合衆国の自由の女神でしょう。
1884年当時、自由の女神を製作するにあたり、像の台座用の資金が底をついてしまいました。
そこで、新聞出版者であるピューリツァーという方は、新聞を通してアメリカの国民に資金を募ったのです。
結果として、10万ドルを集めることができました。また、この際には10万人を超える人々が支援を行い、現在でも考えられないほどの”クラウドファンディング”が行われました。

日本におけるクラウドファンディングの歴史

日本では沖縄県などにおいて存在する、”模合”という風習が、クラウドファンディングに似たものとして存在します。
模合とは、個人や法人が複数でグループを構成し、一定額の金銭を定期的に払い、飲み会やお祝いなどから事業の元手まで様々な用途で使用されるものです。

模合の発祥については不詳ですが、18世紀にも似たような仕組みがあったとする記述があるようです。

まとめ

クラウドファンディングと聞くと、購入型クラウドファンディングを想起し、融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や株式型クラウドファンディングについては初耳だという方も多かったのではないでしょうか。

クラウドファンディングの市場規模は融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)を筆頭にこうれからも更に成長していくでしょう。
また、購入型クラウドファンディングも様々なプロジェクトが立ち上がっており、今までにはなかった社会貢献や夢を実現化する動きがさかんになっています。

支援・出資を考えている方は、クラウドファンディングの種類や支援・出資する目的、プロジェクトなどをしっかり見極めた上で支援・投資をしましょう。