投資は抑制傾向に ソーシャルレンディング業界レポート(2017年4月)

投資は抑制傾向に ソーシャルレンディング業界レポート(2017年4月)

2017年4月の国内ソーシャルレンディング投資額*は約71.3億円と、前月から39.0億円減少(-35.4%)となった。
会社別には、スマートレンドが前月から5.2億円増の5.5億円、ラッキーバンクが前月から1.6億円増の5.6億円が成立。

一方、maneoやSBIソーシャルレンディングなど業界を牽引する事業者では、それぞれ20.3億円(前月比-11.1億円)、5億円(前月比-22.2)と、大きく減少となった。

投資は抑制傾向:ソーシャルレンディング業界レポート(2017年4月)

月次市場規模は、前年同月比で27.7億円増の成長を見せており、1年で月次市場規模が1.6倍になったことになる。
また2017年4月は、17社が合計402本のファンドを募集し、375本が成立。これら募集されたファンドの平均募集利回り(年率; 税引前)は8.45%であった。

投資は抑制傾向:ソーシャルレンディング業界レポート(2017年4月)

3月末にあったみんなのクレジットへの行政処分影響を受け、投資家は4月度の新規投資を保留している様子。
同社は引き続き体制整理のために新規投資の申し込みなど一部の営業活動を停止している。

業界としては、GW特別ファンドと称する運用期間が短いファンドが散見されるが、投資意欲の引き上げ施策とみんなのクレジット社への行政処分による引き続く影響がどうなるのか、5月度のソーシャルレンディング投資動向にも目が離せない。


注)ソーシャルレンディング投資額は、当社が集計対象としている国内ソーシャルレンディング事業者21社における、成立したファンドの応募額の合計を募集開始日を基準に月ごとに集計したものです。

【ファンド/事業者探しにぴったり!】ソーシャルレンディング各社のファンドを横断比較する方法

「利回り7%以上で担保ありのファンドを探したい!」「海外不動産のファンドに投資したい」などそれぞれ自分の探すファンドや事業者の条件があると思います。

そんな時にオススメなのが、ソーシャルレンディングの比較サイト「クラウドポート」 「クラウドポート」のファンド比較機能を使うと、利回り・担保の有無・運用期間など自分の好きな条件で国内主要22社のファンドを比較することができます。

ソーシャルレンディング投資を始めるならどのサービスがおすすめ?

ソーシャルレンディングサービスを運営する事業者は20社以上あります。※2018年2月時点

全てのソーシャルレンディングサービスを1つずつ比較検討していくのはなかなか手間がかかります。

ただこの手間をかけず、安易に投資してしまうのはそれ相応のリスクがあります。ソーシャルレンディング投資で大切なことは分散投資です。

株式投資や投資信託と同様に、各サービスやファンドテーマで分散投資を心がけましょう。

クラウドポートでは日本のソーシャルレンディングサービスを全てまとめ、それぞれの特徴や実績をもとに徹底解説しました。

ソーシャルレンディング投資を始めたい方や各サービスを比較検討したい方はぜひチェックしてみてください。