2017年2月13日にサービスを開始したばかりのソーシャルレンディングサービスであるキャッシュフローファイナンス(Cash Flow Finance)。
キャッシュフローファイナンスは株式会社Cash Flow Financeが運営を行なっており、案件は国内の不動産が中心となっております。
今回はそんなキャッシュフローファイナンスの口座開設方法について解説します。

▽キャッシュフローファイナンスについてもっと知りたい方
キャッシュフローファイナンスの平均利回り推移や新着ファンド
キャッシュフローファイナンスの概要

投資家登録資格をチェック

キャッシュフローファイナンスは口座開設においては特に基準を設けていないものの、投資家登録には以下の資格を満たしている必要があるため、事前にチェックしておきましょう。

<個人の場合>

(1)投資口座開設時の段階で20歳以上、75歳未満であること
(2)maneoマーケットの審査に通ること (審査内容は非公開です)
(3)日本在住で在留資格を有していること
※75才以上の方は個別に対応しているので、下記から相談してみましょう。
 お電話 03-3580-2171 (受付時間  平日10:00~18:00)
 メール support_cffinance@maneo-market.jp

<法人の場合>

個別に対応しているので、下記の相談窓口に連絡してみましょう。

法人投資家登録サポート係
 お電話 03-3580-2171
 メール support_cffinance@maneo-market.jp

会員登録完了までの流れ

実際に、会員登録の流れを見ていきましょう。

1.会員登録画面を開く

キャッシュフローファイナンスのWebサイトにある【新規口座開設】(下記画像参照)のボタンをクリックして会員登録画面を開きます。
キャッシュフローファイナンス

2.書面のダウンロードと確認

【同意および確認事項】として6つの書面をダウンロードし、確認を行ってください。
こちら全てダウンロードすることで書類名の隣にある<未確認>が<確認済>に変更されます。

全ての書類を<確認済>に変更できない限り、その下にある<私は上記書面を確認し、その内容について了承・同意いたします。>のチェックができないようになっているため、必ずすべてダウンロードとッカク人を通すようにしましょう。
キャッシュフローファイナンス

こちら全て重要な書類になりますので、しっかりと目を通すようにしましょう。
特に、「リスクの確認及び投資家表明事項」は熟読しておくことをおすすめします。キャッシュフローファイナンスに投資することのリスクがまとまっています。

3.審査のために必須事項を入力

次に、【投資家適合性確認】の必須事項を入力していきます。
主な収入源や年収、金融資産などいくつかの設問に答える必要があります。
※キャッシュフローファイナンスでは審査内容については明示していませんが、一般的に年収200万円以下、金融資産50万円以下の場合は審査で落とされる可能性が高まります。しかし、投資未経験だからといって審査に落とされることはありませんので安心してください。
キャッシュフローファイナンスの口座開設

4.IDなどの入力

次に【ID、お客さま情報登録】を入力していきます。ID情報では、サービス内で使用する“投資家 ID(ニックネーム)”やパスワードなどを入力していきます。

注意点として、“投資家 ID”はサービス内で公開されますので、フルネームなど他者から本人が推定されるものは避けたほうが良いでしょう。
また、お客様情報の欄では氏名や住所などを入力しますが、後に提出する本人確認のための書類に記載されている現住所を正しく入力するようにしましょう。
キャッシュフローファイナンスの口座開設

5.会社情報登録

【会社情報登録】では職業やあなたの勤めている会社名、電話番号を入力してください。
※“勤務先電話番号(要ハイフン)”とありますが、電話がかかってくることはありませんので安心してください。
キャッシュフローファイナンスの口座開設

6.銀行口座登録

【銀行口座登録】ではサービスで実際に使用する銀行口座を登録します。銀行名と支店名を五十音順から選び、口座種別・口座番号・口座名義を選択・入力してください。
※口座名義はカタカナで記載されているか確認しましょう。
キャッシュフローファイナンスの口座開設

【登録内容確認へ】をクリックすると、いままで入力した項目の確認画面が表示されます。間違いがないか確認をしてください。
もし間違いがある場合は、項目の右側にある<修正する>から修正を行います。
間違いがなければ、【登録完了】をクリックしましょう。
キャッシュフローファイナンスの口座開設

7.登録申請完了

これで登録申請は完了です。
先ほど入力したメールアドレスに登録申請完了のメールが届けられていますので、あとで確認してください。
キャッシュフローファイナンスの口座開設

続いて、投資口座開設に必要な書類を送付する手続きに入ります。

8.本人確認資料と預金通帳の送付

投資家口座の開設を行うには【本人確認資料】と【登録口座の預金通帳】が必要となります。
こちらの資料送付は、PCによるアップロード・メール・FAX・郵送の4つから選ぶことができます。

今回はPCからのアップロードについて説明します。
アップロードが可能なファイル形式は「jpg」「png」「pdf」の3種類のみとなります。また、ファイルサイズは1ファイル3MB以内とし、合計で12MBを超えないようにしてください。
キャッシュフローファイナンスの口座開設

本人確認書類として認められる書類は以下の4つです。
 A.免許証(表面・裏面)
 B.パスポート(顔写真ページ・住所記載ページ)
 C.写真付き住民基本台帳カード
 D.外国人登録証明書(外国籍の方はA~Cのいずれかの他、在留資格が確認できる証明書も必要)

9.投資口座の申請完了

以上で、投資家口座の申請は完了です。この後、登録した情報、資料をもとに審査が行われます。
審査を通過すると、登録時に入力した住所へ本人確認のため簡易書留にてハガキが郵送されます。

※ハガキは申請から3〜5営業日ほどで届きます。

届いたのハガキに【本人確認キー】が記載されているので、登録IDとパスワードでログイン後に入力を行って下さい。
以上で投資家口座の開設は完了となります。
キャッシュフローファイナンスの口座開設

まとめ

キャッシュフローファイナンスは国内の不動産に特化した毎月分配型のサービスです。
口座開設がまだお済みでない方は、この機会に是非、キャッシュフローファイナンスをポートフォリオに加えてみてはいかがでしょうか。

▽以下、キャッシュフローファイナンスの新着情報が確認できます。
キャッシュフローファイナンスの平均利回り推移や新着ファンド

執筆者紹介

クラウドポート編集部

株式会社クラウドポートの公式アカウント。国内・海外のソーシャルレンディングに関する様々な情報をお届けします。