クラウドファンディング初!東京海上がCAMPFIREと「保険」を提供し、支援金を80%まで補填

クラウドファンディング初!東京海上がCAMPFIREと「保険」を提供し、支援金を80%まで補填

東京海上日動火災保険株式会社は、クラウドファンディングにおけるリスクを補填するサービス「クラウドファンディング保険」を3月中に開始。

この「クラウドファンディング保険」において、プロジェクト支援者に対して保険加入費用はかからず、プロジェクト実行者による横領・拐帯、会社の倒産によるリターン(返礼品)の不履行などが発生した際、支援金額の80%を上限とし、返金を受けることができることとなります。

今回の保険対象は株式会社CAMPFIREの運営するクラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」における、資金調達に成功したすべてのプロジェクト支援者です。

クラウドファンディング保険

「クラウドファンディング保険」は、クラウドファンディング事業者が東京海上日動に保険料を支払い、プロジェクトにおいて不測事態が発生した際に、東京海上日動からの保険金が発生する仕組みです。そのため、プロジェクト実行者・支援者いずれにも保険料が負担されることはありません。

CAMPFIREは、まだ不安要素の多いクラウドファンディングにおいて、「クラウドファンディング保険」を市場の健全化を目指す第一歩と位置付けるとのことです。

【ファンド/事業者探しにぴったり!】ソーシャルレンディング各社のファンドを横断比較する方法

「利回り7%以上で担保ありのファンドを探したい!」「海外不動産のファンドに投資したい」などそれぞれ自分の探すファンドや事業者の条件があると思います。

そんな時にオススメなのが、ソーシャルレンディングの比較サイト「クラウドポート」 「クラウドポート」のファンド比較機能を使うと、利回り・担保の有無・運用期間など自分の好きな条件で国内主要22社のファンドを比較することができます。

ソーシャルレンディング投資を始めるならどのサービスがおすすめ?

ソーシャルレンディングサービスを運営する事業者は20社以上あります。※2018年2月時点

全てのソーシャルレンディングサービスを1つずつ比較検討していくのはなかなか手間がかかります。

ただこの手間をかけず、安易に投資してしまうのはそれ相応のリスクがあります。ソーシャルレンディング投資で大切なことは分散投資です。

株式投資や投資信託と同様に、各サービスやファンドテーマで分散投資を心がけましょう。

クラウドポートでは日本のソーシャルレンディングサービスを全てまとめ、それぞれの特徴や実績をもとに徹底解説しました。

ソーシャルレンディング投資を始めたい方や各サービスを比較検討したい方はぜひチェックしてみてください。