南米やアフリカ、ヨーロッパなど新興国の小口債権を中心に取り扱う海外に特化したソーシャルレンディング事業者が、クラウドクレジット(Crowdcredit)です。

クラウドクレジットは2013年1月に設立されたクラウドクレジット株式会社が運営を行っています。伊藤忠やマネックスベンチャーズなどが株主に名を連ねています。ペルーやカメルーンなど、普通に暮らしているだけでは、なかなか関わりの持てない国々に少額から投資することができます。他には無いユニークなファンドを多数揃えるクラウドクレジット。

今回は、そんなクラウドクレジットの口座開設方法について紹介します。

クラウドクレジットの口座開設基準をチェック

どのソーシャルレンディング事業者でも共通ですが、クラウドクレジットの口座開設をするにあたって、下記の口座開設基準を満たしている必要があります。
基本的に下記にあてはまらない方は会社に直接連絡し、問い合わせが必要となります。

【個人の場合】
 (1)投資口座開設時の段階で20歳以上、75歳未満であること
 (2)日本在住で在留資格を有していること
 (3)クラウドクレジットの審査を通過(審査内容は非公開)
 ※75才以上の方は個別に対応されているようですので、メールにて問い合わせて( メール info@crowdcredit.jp )みましょう。

なお、クラウドクレジットは2016年1月より、法人口座にも対応しています。

クラウドクレジットの口座開設完了までの流れ

それでは実際に、クラウドクレジット口座を開設する流れを見ていきましょう。

1.クラウドクレジットのWebサイトにある【新規登録】(下記画像参照)のボタンをクリックして口座開設画面を開きます。
クラウドクレジットの口座開設

2.お客様情報や適合性確認に関する質問事項に答えます。

質問事項は以下の通りです。

・氏名や住所、生年月日などの個人情報
・会社名や勤続年数など勤務先に関する情報
・銀行口座に関する情報
・投資家適合性に関する情報
 ・投資の方針
 ・年収
 ・これまでの投資経験
 ・運用資産の性格
 ・投資可能金額

なお、これらの情報を元に投資家適正が判断されます。
年収や投資可能金額は少なすぎる場合は、審査に落ちてしまう場合もございます。
その場合は、余裕資金を貯めた上で、再度申請するようにしましょう。

また、PDFにて必要書類の確認が求められます。
これらは投資にあたり大切な事項が記載されているため、書類には必ず目を通すようにしましょう。

会社名や住所などは電話をするなどの意図を持って、必須項目となっているわけではありません。

クラウドクレジットの口座開設方法・手順を徹底解説!

全て完了したら、確認ボタンを押して次に進みます。

クラウドクレジットから届くメールを確認する

3. クラウドクレジットからメールアドレス認証のため、以下のようなメッセージが記載されたメールが届きます。

お手続きいただきありがとうございました。
ご登録いただいたメールアドレスにメールアドレス認証のためのメールをお送りしておりますのでご確認ください。
※件名:【クラウドクレジット】メールアドレスの認証を行ってください
審査完了後、弊社担当者よりご登録のメールアドレスにご連絡させていただき、本人限定受取郵便にてお客様コードを送付いたしますので、しばらくお待ちください。

4. メールが確認できたら、「メールアカウント有効化はこちら」というボタンをクリックしてください。

クラウドクレジットの口座開設

クリックして遷移した先のページは【マイページ】先になっています。この後、運営会社より郵送にて【お客様のコード】が記載された手紙が送られてきます。
なお、ハガキは通常、1週間以内に届きます。

クラウドクレジットの口座開設

5.クラウドクレジットよりコードが記載されたハガキが届いたら、【お客様のコード】をマイページの右上にある「投資家申請」という欄に入力しましょう。
無事登録すると口座開設が完了します。

まとめ

海外の案件を多く取り扱う案件のため、為替リスクが気になる方も多くいるかと思います。そういった方は為替ヘッジ付きのファンドもありますので、そちらを選ぶといいでしょう。円建て、ドル建て、ユーロ建て、ルーブル建ての4種類の通過での運用が可能で、初心者から上級者まで多くの方に支持されているのがこのクラウドクレジットです。

口座開設がまだお済みでない方は、この機会に是非、クラウドクレジットをポートフォリオの一つに加えてみてはいかがでしょうか。

執筆者紹介

クラウドポート編集部

株式会社クラウドポートの公式アカウント。国内・海外のソーシャルレンディングに関する様々な情報をお届けします。