SBIソーシャルレンディングがIOT端末を活用した新たなファンドの運用を開始

SBIソーシャルレンディングがIOT端末を活用した新たなファンドの運用を開始

SBIソーシャルレンディングがIOT端末を活用した新たなファンドの運用を2017/2/2に開始しました。

一般的に新興国においては、信用情報機関の仕組み等、先進国のように金融サービスを提供するための環境が整っていないことが多く、借入や割賦購入等の金融サービスを受けられる層が限られています。

そこで、SBIソーシャルレンディングはソーシャルレンディングの仕組みを用いて広く投資家から資金を募り、フィリピン共和国にて、MCCS※1と呼ばれる車両遠隔制御IoTデバイスを取り付けたトライシクル(三輪タクシー)の割賦販売事業者に対応する融資を行います。

融資先である割賦販売事業者が販売するトライシクルにMCCSを取り付けることにより、トライシクルの遠隔制御や位置情報をリアルタイムで把握することが可能となり、債権保全力を強化することができます。

これにより、より多くの人を割賦販売の対象とすることができるほか、車両購入者はトライシクルドライバーとしての職を手にし、家族を養うことが可能となり、生活水準の向上が期待されます。

SBIソーシャルレンディングは、ソーシャルレンディングとMCCSを組み合わせることで、投資家や割賦販売事業者にとっての債権保全力を強化しつつ、フィリピン共和国の貧困層に対して生活水準向上のきっかけをつくります。

SBIソーシャルレンディングによると、本ファンドはシリーズ化され、今後も継続的に募集が行われる予定とのことです。

※1.車両遠隔制御IoTデバイス“MCCS”とは

車両遠隔制御IoTデバイス“MCCS”を車両に取り付けることで、遠隔でエンジンの起動制御や位置情報のリアルタイム把握ができるようになります。

たとえば、トライシクルを割賦販売で購入したドライバーからの毎月の料金支払いが滞った際には、夜間など安全性に配慮したタイミングでエンジンを始動することができないように遠隔制御でき、ドライバーからの支払いさえあれば直ちに制御を解除し走行可能することができます。

延滞が続いた場合や第三者による盗難が発生した場合には、停止車両の位置情報を特定することで車両を確実に回収することができ、MCCSが取り外された場合には、自動で遠隔起動制御が働き、アラート情報と車両の位置情報を把握できます。

※車両の運行状況や位置情報の管理画面

SBIソーシャルレンディングのサイトはこちら
SBIソーシャルレンディングについての分析情報はこちら
SBIソーシャルレンディングの特徴やリスクについてはこちら