証券会社が運営するソーシャルレンディングサービス「クラウドバンク」が応募総額100億円を突破。

証券会社が運営するソーシャルレンディングサービス「クラウドバンク」が応募総額100億円を突破。

日本クラウド証券株式会社が運営する「クラウドバンク」が2017年1月に応募総額100億円を突破しました。これまでに68億円以上の資金を投資家に償還。また、投資家に還元した収益は2億8000万円以上となっています。

応募総額100億円は国内事業者の中ではmaneo、SBIソーシャルレンディングにつぐ、三番目の規模になります。

クラウドバンクでは、近日中に「応募総額100億円」達成を記念するキャンペーンを開催する予定です。

クラウドバンクに関するデータ

・応募額の推移

2013年12月のオープンから約3年で100億円に到達しています。

・顧客属性

性別では84%が男性、16%が女性、年齢別では、30代が35%と最も多く、ついで40代が32%となっています。

・利回りの推移
 ※クラウドポート調べ

2016年の平均目標利回りは6.2%(税引き前)でした。

・利回りの分布 
※クラウドポート調べ

目標利回り6~7%のファンドが213件と最も多く、次いで、5~6%のファンドが206件という結果でした。

・運用期間の分布
※クラウドポート調べ

運用期間6〜12か月が219件と最も多く、ついで運用期間12~18か月91件という結果でした。

・テーマの分布
※クラウドポート調べ

テーマで最も多いのは国内事業性資金、ついで国内不動産でした。

・1投資あたりの投資額
※クラウドポート調べ

1投資あたりの投資額は10~50万円未満が最も多いという結果に。

【ファンド/事業者探しにぴったり!】ソーシャルレンディング各社のファンドを横断比較する方法

「利回り7%以上で担保ありのファンドを探したい!」「海外不動産のファンドに投資したい」などそれぞれ自分の探すファンドや事業者の条件があると思います。

そんな時にオススメなのが、ソーシャルレンディングの比較サイト「クラウドポート」 「クラウドポート」のファンド比較機能を使うと、利回り・担保の有無・運用期間など自分の好きな条件で国内主要22社のファンドを比較することができます。

ソーシャルレンディング投資を始めるならどのサービスがおすすめ?

ソーシャルレンディングサービスを運営する事業者は20社以上あります。※2018年2月時点

全てのソーシャルレンディングサービスを1つずつ比較検討していくのはなかなか手間がかかります。

ただこの手間をかけず、安易に投資してしまうのはそれ相応のリスクがあります。ソーシャルレンディング投資で大切なことは分散投資です。

株式投資や投資信託と同様に、各サービスやファンドテーマで分散投資を心がけましょう。

クラウドポートでは日本のソーシャルレンディングサービスを全てまとめ、それぞれの特徴や実績をもとに徹底解説しました。

ソーシャルレンディング投資を始めたい方や各サービスを比較検討したい方はぜひチェックしてみてください。