クラウドクレジットが総額7.5億円の資金調達。2019年度にはファンドレコメンド機能をリリース予定

クラウドクレジットが総額7.5億円の資金調達。2019年度にはファンドレコメンド機能をリリース予定

海外案件に特化したソーシャルレンディング事業者であるクラウドクレジットは、本日約7.5億円の資金調達を実施したことを発表した。

引受先は以下の通り。

  • マネックスベンチャーズ株式会社
  • YJ3号投資事業組合(YJキャピタル株式会社が運用)
  • SFV・GB投資事業有限責任組合(無限責任組合員:グローバル・ブレイン株式会社、有限責任組合員:ソニーフィナンシャルベンチャーズ株式会社)
  • SBI AI&Blockchain 投資事業有限責任組合(SBIインベストメント株式会社が運用)

今回調達した資金でマーケティング施策やシステムセキュリティ、コーポレートガバナンスなどの強化に加え、ファンドレコメンド機能などの新機能開発体制の拡充を図るとしている。

ファンドレコメンド機能は2019年度のリリースを目指すとしており、長期的には自動再投資や自動積立機能などの開発を進め、世界中の様々なファンドに気軽に分散投資を行うことが可能になるようだ。

同社は、2018年9月にも約1.3億円の資金調達を実施しているほか、2018年11月29日時点で累計出資金額148億円、ユーザー登録数31,000人以上など、成長を続けている同社には引き続き注目していきたい。

【ファンド/事業者探しにぴったり!】ソーシャルレンディング各社のファンドを横断比較する方法

「利回り7%以上で担保ありのファンドを探したい!」「海外不動産のファンドに投資したい」などそれぞれ自分の探すファンドや事業者の条件があると思います。

そんな時にオススメなのが、ソーシャルレンディングの比較サイト「クラウドポート」 「クラウドポート」のファンド比較機能を使うと、利回り・担保の有無・運用期間など自分の好きな条件で国内主要22社のファンドを比較することができます。

ソーシャルレンディング投資を始めるならどのサービスがおすすめ?

ソーシャルレンディングサービスを運営する事業者は20社以上あります。※2018年2月時点

全てのソーシャルレンディングサービスを1つずつ比較検討していくのはなかなか手間がかかります。

ただこの手間をかけず、安易に投資してしまうのはそれ相応のリスクがあります。ソーシャルレンディング投資で大切なことは分散投資です。

株式投資や投資信託と同様に、各サービスやファンドテーマで分散投資を心がけましょう。

クラウドポートでは日本のソーシャルレンディングサービスを全てまとめ、それぞれの特徴や実績をもとに徹底解説しました。

ソーシャルレンディング投資を始めたい方や各サービスを比較検討したい方はぜひチェックしてみてください。