ブリッジ・シー・キャピタルが不動産投資型クラウドファンディング「CREAL(クリアル)」をリリース

ブリッジ・シー・キャピタルが不動産投資型クラウドファンディング「CREAL(クリアル)」をリリース

本日11月13日、株式会社ブリッジ・シー・キャピタルが不動産投資型クラウドファンディング「CREAL(クリアル)」をリリースした。※1

2011年に設立された同社は当事業の他に、アセットマネジメント、ヘルスケアファンドなど様々な事業を展開しており、不動産運営ファンド事業では運用資産残高が約300億円超える実績を持つ。※2018年10月30日時点

第一号ファンドは不動産特定事業法に基づく不動産投資型クラウドファンディングサービスとして最大募集金額8.8億円となるほか、宿泊優待券付きなどの特徴がある。

今後はホテルなどの不動産物件以外にも、ヘルスケア分野の不動産物件、保育園などの社会性が高い物件、リノーベーション物件など多様なファンドを組成し、初年度累計100億円のプロジェクト成立を目指すとしている。

先月に公開されたFANTAS fundingをはじめとして、不動産投資型クラウドファンディングのサービスが増えてきている。今後も同業界の盛り上がりに期待したい。


※1:不動産特定共同事業者としての許可取得に基づく不動産投資クラウドファンディングサービス「CREAL(クリアル)」開始

【ファンド/事業者探しにぴったり!】ソーシャルレンディング各社のファンドを横断比較する方法

「利回り7%以上で担保ありのファンドを探したい!」「海外不動産のファンドに投資したい」などそれぞれ自分の探すファンドや事業者の条件があると思います。

そんな時にオススメなのが、ソーシャルレンディングの比較サイト「クラウドポート」 「クラウドポート」のファンド比較機能を使うと、利回り・担保の有無・運用期間など自分の好きな条件で国内主要22社のファンドを比較することができます。

ソーシャルレンディング投資を始めるならどのサービスがおすすめ?

ソーシャルレンディングサービスを運営する事業者は20社以上あります。※2018年2月時点

全てのソーシャルレンディングサービスを1つずつ比較検討していくのはなかなか手間がかかります。

ただこの手間をかけず、安易に投資してしまうのはそれ相応のリスクがあります。ソーシャルレンディング投資で大切なことは分散投資です。

株式投資や投資信託と同様に、各サービスやファンドテーマで分散投資を心がけましょう。

クラウドポートでは日本のソーシャルレンディングサービスを全てまとめ、それぞれの特徴や実績をもとに徹底解説しました。

ソーシャルレンディング投資を始めたい方や各サービスを比較検討したい方はぜひチェックしてみてください。