>>
REIT(リート) – ETFとは?投資信託やJ-REITと徹底比較しました
REIT(リート)- ETFとは?投資信託やJ-REITと徹底比較しました

REIT(リート) – ETFとは?投資信託やJ-REITと徹底比較しました

不動産投資といえば現物不動産を購入して賃貸収入を得るというイメージがありますが、REIT(リート)を購入することで、現物不動産を購入しなくても、間接的に不動産投資をすることができます。

今回はREIT(リート)の解説の他にも、ETFや投資信託との違い、REITで代表的な銘柄を紹介します。

REIT(リート)とは?

REIT(リート)とは、Real Estate Investment Trustの略で、不動産に特化した投資信託です。

運用会社が投資家から資金を集めて、オフィスビルや商業施設、集合住宅、物流施設などの現物不動産を購入します。これらの不動産から得られた賃貸収入や売却益を投資家に分配金として支払います。

REITとJ-REITとの違い

REITは、不動産投資信託全般を指しますが、その中でも「J-REIT」と呼ばれるものが存在します。J-REITとは、「Japan」の頭文字をとったもので、日本国内の不動産を対象に投資するREITのことを指します。

J-REITは、運用会社が実物の不動産を購入して管理していくための資金を投資家から募るために、日本の証券取引所に上場しています。そのため、市場を介して直接J-REITを購入することができます。

一方で、海外の不動産に投資するREITも存在しますが、海外の不動産に投資するREITについては「海外REIT」と呼ばれます。

REIT(リート) – ETFとは?

証券取引所に上場している投資信託であるETF(上場投資信託)として、市場を通じて売買することができるREITが存在します。これらをREIT(リート) – ETFと呼び、全国の証券会社を通じて、株式と同様に市場価格で売買できます。

国内では、不動産投資信託の指数として「東証REIT指数」が設定されています。国内の証券取引所に上場しているJ-REITの全銘柄を対象に指数化したものです。

そのため、J-REITを直接購入するのではなく、複数のJ-REITを組み込んだ「東証REIT指数」に投資を行い、間接的にJ-REITに投資するといったイメージを持つとよいでしょう。

投資信託との違い

通常の投資信託は運用会社が指定した金融機関でのみ取り扱いが行われていますが、ETFは取引所に上場しているため、証券会社を通じてリアルタイムに売買できることが大きな違いといえます。

また分配方針は現金で支払うものや分配金は支払わずに再投資に回すなど投資信託によって取り扱いが異なりますが、ETFの場合は原則決算後に分配金が支払われます。そのため再投資を行うなら手動で購入する必要があります。

J-REIT(リート) – ETFの7つの銘柄

国内の証券取引所でJ-REIT – ETFを売買できる銘柄は何があるのでしょうか。東証REIT指数に連動する代表的なETFを比較するとともに、各銘柄の特徴を紹介します。

銘柄名 株価 購入口数 分配金利回り 信託報酬
NEXT FUNDS 東証REIT指数 1,749円 10口 3.36% 0.32%
ダイワ上場投信 東証REIT指数 1,684円 10口 1.32% 0.16%
iシェアーズJリートETF 1,679円 1口 3.10% 0.16%
NZAM 上場投信 東証REIT指数 1,649円 10口 3.35% 0.16%
MAXIS Jリート 上場投信 1,658円 10口 3.47% 0.25%
SMAM 東証REIT指数 上場投信 1,650円 10口 3.55% 0.22%
上場インデックスファンドJリート隔月分配 1,656円 100口 3.58% 0.30%

※2017年10月27日の終値を元に作成

NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信

NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信は野村アセットマネジメント株式会社が運用を行っています。

1口あたりの市場価格は1,749円(2017年10月27日時点、終値)となっており、購入口数は10口単位のため、最低購入価格は17,490円です。信託報酬は0.32%に設定されています。

分配金利回りは3.36%で、基準日は年4回(毎年2月と5月、8月、11月)の各10日に設定されています。※1

ダイワ上場投信-東証REIT指数

ダイワ上場投信―東証REIT指数は大和証券投資信託委託株式会社が運用を行っています。

1口あたりの価格は1,684円(2017年10月27日時点、終値)となっており、購入口数は10口単位のため、最低購入価格は16,840円です。信託報酬は0.155%に設定されています。

分配金利回りは1.32%で、基準日は年4回(毎年3月と6月、9月、12月)の各10日に設定されています。※2

iシェアーズ JリートETF

iシェアーズ JリートETFは、ブラックロック・ジャパン株式会社が運用を行っています。

1口あたりの価格は1,679円(2017年10月27日時点、終値)となっており、購入口数は1口単位のため、最低購入価格は終値同様の1,679円です。信託報酬は0.16%に設定されています。

分配金利回りは3.10%で、基準日は年4回(毎年2月と5月、8月、11月)の各9日に設定されています。※3

NZAM 上場投信 東証REIT指数

NZAM 上場投信 東証REIT指数は、農林中金全共連アセットマネジメント株式会社が運用を行っています。

1口あたりの価格は1,649円(2017年10月27日時点、終値)です。購入口数は10口単位のため、最低購入価格は16,490円です。信託報酬は0.16%に設定されています。

分配金利回りは3.35%で、基準日は年4回(毎年1月と4月、7月、10月)の各15日に設定されています。※4

MAXIS Jリート上場投信

MAXIS Jリート上場投信は、三菱UFJ投信株式会社が運用を行っています。

1口あたりの価格は1,658円(2017年10月27日時点、終値)です。購入口数は10口単位のため、最低購入価格は16,580円です。信託報酬は0.25%に設定されています。

分配金利回りは3.47%で、基準日は年4回(毎年3月と6月、9月、12月)の各8日に設定されています。※5

SMAM 東証REIT指数上場投信

SMAM 東証REIT指数上場投信は、三井住友アセットマネジメント株式会社が運用を行っています。

1口あたりの価格は1,650円(2017年10月27日時点、終値)です。購入口数は10口単位のため、最低購入価格は16,500円です。信託報酬は0.22%に設定されています。

分配金利回りは3.55%で、基準日は年4回(毎年3月と6月、9月、12月)の各8日に設定されています。※6

上場インデックスファンドJリート隔月分配

上場インデックスファンドJリート隔月分配は、日興アセットマネジメント株式会社が運用を行っています。

1口あたりの価格は1,656円(2017年10月27日時点の終値)です。購入口数は100口単位のため、最低購入価格は165,600円です。信託報酬は0.30%に設定されています。

分配金利回りは3.58%で、基準日は年6回(毎年1月と3月と5月、7月、9月、11月)の各8日に設定されています。※7

まとめ

現物不動産投資とREITをハードルの高さやリスクの大きさなどで比較すると、REITのほうがハードルも低く、リスクも比較的小さいといえるでしょう。

またREITでもREIT – ETFは個別REITを購入するよりも分散投資が効いているといえます。

REITで不動産投資を検討している方は、REIT – ETFも選択肢の1つに入れてみてもよいかもしれませんね。


※1:NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信(1343)
※2:ダイワ上場投信-東証REIT指数
※3:iシェアーズ Jリート ETF
※4:NZAM 上場投信 東証REIT指数
※5:MAXIS Jリート上場投信
※6:SMAM 東証REIT指数上場投信
※7:上場インデックスファンドJリート(東証REIT指数)隔月分配型

初心者でも取り組みやすい!
安定的で手間のかからない投資始めませんか?
投資をしたら満期まで待つだけ
貸付ファンドのオンラインマーケット「Funds」では、上場企業や注目のベンチャー企業が組成するファンドに予定利回り1.5%〜6%*で投資いただけます。
投資をしたら運用期間中の手間はほとんどかからず、相場による価格変動がないため値動きを見る必要はありません。
*年率、税引前
1円単位で投資できる
Fundsの投資単位は1円。気軽に効率よく、資産運用を始めることができます。