>>
資産運用でFXを始めるなら押さえておきたいポイントを解説します
資産運用でFXを始めるなら押さえておきたいポイントを解説します

資産運用でFXを始めるなら押さえておきたいポイントを解説します

資産運用でFXを始めようとする場合、いきなり何も知らない状態から行うことは避けたいですよね。

FXはハイリスク・ハイリターンで、投資信託や不動産投資とは違った特徴があるため、それらの資産運用の方法と比較することが大事です。今回は資産運用でFXをする場合に押さえておきたいポイントを紹介します。

FXとは?

FXはForeign Exchangeの略で、日本語にすると外国為替証拠金取引と言います。近年数多くのメディアで取り上げられており、注目度が高い金融商品です。

FXの基本は、日本円と外国通貨にある為替レートの差を利用して、売買を繰り返し、為替差益(リターン)を出していくことです。

例えば1ドル110円の時に11,000円分である100ドルを購入し、1ドル120円になった時に売却すると、12,000円になるため、11,000円で購入した時よりも1,000円増えることになります。為替レートは常に変動しており、こうした売買を繰り返すことがFXでの資産運用です。

「FX=難しい、危険」というイメージを持っている方もいるかもしれませんが、その特徴や運用する際のポイントを押さえておくことで、大損するリスクを低くすることができます。

また、24時間取引が可能であるため、日中は仕事で取引ができない社会人でも投資可能といった点も注目されている理由です。

資産運用におけるFXの特徴

少額投資も可能

資産運用というと、大きな金額が必要というイメージもありますが、FXは少額から始めることができます。

FXの場合、最低取引通貨単位が1通貨単位の取引業者もあれば、1,000や10,000通貨単位もあります。

1通貨単位(米ドル/円)を例にすると、1ドルから取引できるため、1ドル=100円であれば100円でFXを始められます。大きな金額をいきなり資産運用に回すのは恐いという方は、最低取引通貨単位が小さい設定の取引業者で検討してもよいかもしれません。

この少額投資はメリットではあるものの、デメリットとして、大きなリターンを得づらいことが挙げられます。このデメリットを補う仕組みとして、FXにはレバレッジがあります。

レバレッジ

FXの大きな特徴として、レバレッジがあります。このレバレッジとは、自分自身が投資した金額(元本)の何倍もの価値で取引することができる仕組みです。

例えば1万円で取引をして、レバレッジを10倍に設定したら10万円で取引することと同じになります。1万円での取引で1,000円の利益が出た場合、10倍のレバレッジを働かせると1万円のリターンが得られます。この仕組みによって、少額投資でも大きなリターンを生み出すことができるのです。

しかし、レバレッジにはリスクもあります。外貨との価格差や金利差によってマイナスになると、レバレッジを働かせていた分のマイナスを負うことになります。仮にレバレッジを掛けていない時に1万円の損失だったのが、10倍のレバレッジを働かせていたら10万円の損失ということになります。

レバレッジは相応のリスクを取ることで、大きなリターンを得られる方法であることを念頭に入れておきましょう。

なお、レバレッジできる倍数は国の規制もあって減少傾向にあり、2017年11月時点では最大25倍までとなっています。またレバレッジに必要な証拠金(口座に預けている金額)はもちろん、各取引業者によっても異なる場合もあるため、事前に確認しておく必要があります。

スワップポイント

為替差益による売買で資産運用する以外にも、スワップポイントを利用してリターンを出すことができます。
スワップポイントとは、金利差により得られるリターンのことです。

例えば日本円の金利が0.1%で、米ドルの金利が1.0%だと仮定します。
この時に日本円で米ドルを購入すると、

1.0 – 0.1 = 0.9%

の金利差を作れます。これをスワップポイントとして、毎日得られるのです。スワップポイントは取引業者によっても異なり、日々変動するため、いつの間にかマイナスになっていることもあります。十分注意しておきましょう。

資産運用における株式投資との比較

株式投資は資産運用の中でも投資家に人気の高い金融商品です。FXと株式投資を比較した場合、どのような違いがあるかを見ていきます。

最低投資可能金額

株は単元と呼ばれる単位があり、1単元100株や1,000株という形で各企業によって設定されています。外国企業の株は1株から購入することができますが、日本株は基本的に1単元での購入が必要です。(単元未満株など単元に関係なく購入する仕組みもあります)

例えばA社が1単元1,000株で1株200円だったとします。この場合の最低投資額は20万円になります。FXは国の通貨が対象ですが、株は投資する会社によって投資が可能な金額が変動するため、投資したいと思った企業に小額投資をすることはFXより難しいといえるでしょう。

リターンとリスク

リターンで比較すると、FXの場合はレバレッジを設定できることが強みです。用意できる証拠金にもよりますが、最大25倍にできるため、場合によっては、株式投資よりも大きなリターンを短期間で出せる可能性があります。

また株式投資の場合は、保有期間や保有数によって配当金や株主優待がもらえます。FXのスワップポイントの場合、為替の影響で金利をもらえず、逆に支払うような局面になることもあるため、注意しましょう。

リスクを比較した場合、株式投資は発行体である企業が倒産・上場廃止してしまうことが挙げられます。

FXの場合は、国の通貨が対象のため、国が無くなり、通貨自体に価値が無くなるといったことが考えられますが、それが起こる確率は企業が倒産する確率よりは低いといえます。

その他にも株価の変動は、企業の業績以外にも国の景気や為替の外部要因による影響を受けるリスクを抱えています。

FXで取引する通貨も、その通貨を発行している国の経済や政情の情勢によって、価格が大きく変動するリスクがあることから、株式投資・FXともにリターンと比例してリスクがあると考えておきましょう。

取引可能時間

株は平日の9:00から11:30、12:30から15:00までが取引可能です。

FXは24時間取引可能です。(システムメンテナンスや取引時間外などの例外あり)

株取引は日中に仕事がある方では難しいですが、FXなら就業前、就業後に取引することも可能となっています。

資産運用における外貨預金との比較

株式投資の次は外貨預金と比較してみましょう。FXの仕組みを理解すると外貨預金と変わらないのではないかと思ってしまうかもしれません。具体的な違いを3つの項目から見ていきましょう。

最低投資額

外貨預金は1通貨から預金ができるため、最低投資額は外貨預金のほうが低いでしょう。

例えばアメリカなら1ドル以上から、ユーロなら1ユーロ、オーストラリアなら1オーストラリアドルから外貨預金ができます。

FXでも1通貨から取引することができる取引所はありますが、手数料やスプレッドポイントのリスクなども考慮すると、最低投資額は外貨預金よりも高くなってしまいます。

リターンとリスク

外貨預金のリターンは為替変動と金利です。

例えば1ドル100円で1,000ドルの外貨預金をしていたとします。数年後に1ドル120円になった場合、日本円に換算すると1.2倍に資産が膨れ上がります。

また、預金には金利が付きます。楽天銀行によるとアメリカドルは0.01%、ユーロは0.01%、オーストラリアドルは0.50%と発表されています。※1

外貨預金のリスクは、リターンと同じく為替変動、そして手数料です。特に手数料の部分には注意が必要でしょう。

例えば為替変動で利益が出たとしても、日本円に変える段階で手数料が必要になり利益が減るばかりでなく、元本より下回る可能性もあります。手数料に関しては金融機関ごとに違いがあるため、入念なチェックをするといいでしょう。

外貨預金と比べるとレバレッジを設定できるFXの方がリターンは大きくすることができるといえるでしょう。そして、多くのFX会社は取引手数料を無料にしています。レバレッジを大きくした時に損失を出してしまうリスクもありますが、レバレッジ掛けずにFXで外貨預金するといったことも可能です。

取引可能時間

金融機関ごとに差はありますが、例えば住信SBIネット銀行の場合、月曜日の7:00から土曜日の6:30までが原則として取引可能時間となっています。※2

FXは24時間いつでも取引ができますが、外貨預金でも取引時間は幅広くあるため、十分取引は可能といえるでしょう。

資産運用でFXを始めるなら

これまでFXの特徴や他の資産運用の方法と比較してきましたが、もしこれからFXを始めるなら知っておきたい2つのポイントを以下で解説します。

ドルコスト平均法

ドルコスト平均法とは定期的に一定金額で金融商品を購入していくことで、1単位あたりの購入価格を平均化していく手法です。価格が安い時に購入し、高くなったら売るのが株やFXのセオリーですが、ドルコスト平均法はそれを自動化することがメリットになります。

知識や経験があれば、安い時にまとめて購入し、高い時に売却をすることも可能ですが、為替変動を100%読み切ることは不可能に近いです。

それならば、成長を見込める国の通貨を対象にして、ドルコスト平均法を意識していけば長期的な資産運用ができます。

積立でFXも可能

ドルコスト平均法のような積立投資はFXでも可能です。通常であればドルコスト平均法を意識しても、定期的に手動で投資しなければなりません。

しかし、この積立FXでは決まった日付や購入数などを設定しておくことで、自動的に通貨を購入することができます。これでFXの資産運用に手間はそれほどかからなくなります。またレバレッジ設定も可能で、SBI FXトレードでは最大3倍です。※3

まとめ

資産運用におけるFXでは特徴や他の資産運用と比較することで、見えてくる部分も多かったのではないでしょうか。

大きなリターンを狙えるかもしれないFXではありますが、それ相応のリスクがあることを踏まえた上で、積立FXや少額投資などから始めて見るといった方法も考えていくと良いでしょう。


※1:楽天銀行 金利一覧
※2:住信SBIネット銀行 外貨普通預金 – 取引方法
※3:SBI証券 積立FX

【PR】証券口座を開設するならネット証券が便利?

株式投資や投資信託など投資を始めるには、証券会社で口座開設が必要です。

ただ証券会社の口座開設は非常に手間がかかります。

ネット証券なら、仕事が終わった夜でも手続きができて、オンライン上で完結できるので便利です。

そんなネット証券の中でも、SBI証券は業界低水準の取引手数料が設定されているほか、外国株、IPO銘柄、ロボアドバイザーなどのサービスが豊富に用意されており、一つの口座で様々な投資が可能になるのが特徴です。

また口座開設数は430万を超えており、多くの方々に利用されている実績があります。※1

新規口座開設キャンペーンを実施中のこの機会に口座開設してみてはいかがでしょうか。

※1:2018年10月末時点

【PR】Tポイント×スマホで株式投資ができる新サービスが登場!

SBIネオモバイル証券 口座開設

ついにTポイントで株式投資ができる新サービス「ネオモバ」が登場しました。

「ネオモバ」は1Tポイント=1円で株が買えるほか、1株から購入可能、月額220円で取引し放題※1、スマホ完結でこれまでにない新しい投資体験を提供しています。

その他にも、IPO投資、ロボアドバイザー、iDecoなど充実した商品を取り揃えており、サービス開始から約11ヶ月で約30万口座を達成、約3億8,000万Tポイントが株式投資に使用されています。※2

Tポイントを使って株式投資ができる「ネオモバ」の利用をこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。

※1:1ヵ月の約定代金合計額が50万円以下の場合
※2:2020年3月27日時点