>>
LINEスマート投資とは?メリット・デメリットや評判を解説
LINEスマート投資とは?メリット・デメリットや評判を解説

LINEスマート投資とは?メリット・デメリットや評判を解説

LINEスマート投資とは、投資初心者の方でも身近なテーマを選ぶだけで投資ができるLINEの新しいサービスです。

「LINE」から簡単にアクセスでき、「ドローン」「VR」など、トレンドや自分の趣味・嗜好に合うテーマを選んで投資できるのが特徴です。

今回は、LINEスマート投資のメリット・デメリットや評判について解説します。

LINEスマート投資とは

LINEスマート投資とは、LINE Financial株式会社と株式会社FOLIOが2018年10月18日から提供を開始した、新しいモバイル投資サービスです。

サービス内容は、オンライン証券会社のFOLIOが提供するテーマ投資サービス「FOLIO(フォリオ)」を基盤としています。

FOLIOの口座開設を済ませておくことで、手軽にLINEスマート投資を始めることが可能です。

LINEから簡単にアクセスでき、ドローンなどの様々なテーマに投資が可能です。テーマによって最低投資金額は異なりますが、どのテーマも10万円前後となっています。

LINEスマート投資では、1株から取引できる「単元未満株取引」を導入しているのも特徴の一つです。

取引手数料は単元未満株取引としては業界最低水準で、銘柄ごとに売買代金の0.5%(税抜、最低手数料50円)となっています。※1

LINEスマート投資の特徴・メリット

次に、LINEスマート投資の特徴・メリットについて解説します。

様々なテーマに分散投資が可能

LINEスマート投資では、様々なテーマに分散投資が可能です。

「ドローン」「VR」「アンチエイジング」といったテーマを選ぶだけで、プロが厳選した有望企業10社に分散投資できます。

投資するテーマが1つでも10社に分散投資するので、1社だけに投資するよりも価格変動リスクなどを抑えて運用できるのがメリットです。

まとまった資金がある場合は、複数のテーマに分散投資をすることで、よりリスクを抑えられます。

単元未満株で1株から少額投資を始められる

日本株の多くは単元株数で取引が行われ、通常は100株単位で売買されます。

たとえば、株価が1,000円の銘柄を購入する場合は10万円(1,000円×100株)の資金が必要です。

そのため、10社の株を購入して分散投資をするには、まとまった資金を用意しなくてはなりません。

しかし、LINEスマート投資は単元未満株取引を導入しているので、1株から少額投資を始められます。

単元未満株取引を可能にすることで、1テーマ10万円前後で10社への分散投資を実現しています。

LINEアカウントから簡単にアクセス可能

LINEスマート投資は、LINEアカウントから簡単にアクセス可能です。

LINEは、メッセージのやりとりやタイムライン、ニュース閲覧など、人々の生活に欠かせないスマートフォンアプリとなっています。

そのLINEに設定されているウォレットページから簡単にアクセスできるので、投資初心者の方でも気軽に投資を始められます。

また、ネット証券などで株取引の経験がない人でも、LINEの操作に慣れていれば直感的に操作できることも特徴の一つです。

ログインや投資でLINEポイントがもらえる

LINEスマート投資では、ログインや投資でLINEポイントがもらえます。

もらえるLINEポイント数は以下の通りです。※LINEスマート投資ページより(2018年10月時点)

  • 紹介動画を見る:2ポイント
  • LINEスマート投資へのログイン:1ポイント
  • 初めてのテーマ投資:100ポイント

貯まったLINEポイントはスタンプの購入はもちろん、LINE PayやAmazonギフト券、nanacoポイントなどに交換できます。

今後はLINE PayなどのLINEサービスとの提携も

LINEスマート投資は現在のテーマ投資に加えて、今後は以下のようなサービス提供も計画されています。

  • 簡単な質問に答えるだけで最適な資産運用が行える「おまかせ投資」
  • LINE Payとの連携によるスムーズな資金決済

現在はテーマ投資「FOLIO」を基盤としたサービス内容ですが、今後はLINEサービスとの提携を進めるとしています。

※追記情報
2019年4月より「ワンコイン投資」のサービスがリリースされました。最低500円からロボアドバイザーによる積立投資が可能ですが、、LINE Payからの自動引き落とし設定をすることができます。

ワンコイン投資は2020年4月24日まで運用手数料無料のキャンペーンを実施しているため、LINE Payを普段から利用している方などは利用しやすい投資サービスといえるでしょう。

LINEスマート投資のデメリット・注意点

ここでは、LINEスマート投資のデメリット・注意点について解説します。

市場リスクに注意が必要

LINEスマート投資はテーマを選ぶだけで簡単に投資を始められますが、市場リスクに注意が必要です。

1つのテーマで10社に分散投資するので、比較的リスクを抑えて運用できますが、株価は毎日変動します。

株価が上がれば利益が出ますが、値下がりして損失が出る(含み損も含む)可能性もあります。

たとえ直近の運用成績がよいテーマを選んでも、株価の動向やテーマの市場によっては損をすることもあるのでご注意ください。

NISA口座に対応していない

LINEスマート投資は、株式の売却益が非課税になるNISA口座に対応していません。

そのため、テーマを売却して利益が出た場合は、その利益に対して約20%の税金がかかります。

NISA口座で株取引をしたい場合は、NISA口座に対応しているネット証券などで取引することを検討しましょう。

株主優待は受け取れないことが多い

株主優待を実施している企業は、100株以上などの株主を対象としていることがほとんどで、1株のみで対象となることは稀といえます。

そのため、1株単位で取引するLINEスマート投資では、株主優待実施企業の株を購入しても、株主優待を受け取れないことのほうが多いです。

ただし、中にはすべての株主を対象に株主優待を実施している企業もあるため、受け取れる可能性もあります。

単元未満株主への株主優待は公表していないことも多いので、必要に応じて企業に問い合わせてみるとよいでしょう。

LINEスマート投資の口座開設方法

最後に、LINEスマート投資の口座開設方法について解説します。

LINEスマート投資でテーマ投資を始めるには、LINEアプリを通じてFOLIO社の口座開設を行う必要があります。

口座開設の手順は以下の通りです。

  • 口座開設を申し込む
  • 「ウェルカムレター」を受け取る
  • 口座に入金する

LINEのウォレットページからLINEスマート投資のトップ画面に移動し、左上のボタンから「口座開設」をタップします。

いくつかの質問へ回答し、マイナンバー書類と本人確認書類の画像をアップロードすると口座開設の申し込みは完了です。

後日、口座開設時に登録した住所に「ウェルカムレター」が転送不要の簡易書留郵便で届くので、開封して口座開設を完了させましょう。

マイページからのリアルタイム入金や銀行振込、ATMなどを利用して口座に入金し、マイページの画面に入金が反映されると取引が開始できます。

まとめ

LINEスマート投資はLINEから簡単にアクセスすることが可能であるほか、ログインや投資でLINEポイントが貯まります。また、今後はLINEサービスとの提携を進める予定もあります。

株式投資を経験したことがないといった方でも、テーマへの投資やわかりやすいデザインなど投資へのハードルを下げてくれるサービスでありますが、投資である以上、様々なリスクがあることを考慮した上で、口座開設を検討しましょう。


※1:【LINE Financial】LINE FinancialとFOLIO、「LINEスマート投資」を本日から提供開始

初心者でも取り組みやすい!
安定的で手間のかからない投資始めませんか?
投資をしたら満期まで待つだけ
貸付ファンドのオンラインマーケット「Funds」では、上場企業や注目のベンチャー企業が組成するファンドに予定利回り1.5%〜6%*で投資いただけます。
投資をしたら運用期間中の手間はほとんどかからず、相場による価格変動がないため値動きを見る必要はありません。
*年率、税引前
1円単位で投資できる
Fundsの投資単位は1円。気軽に効率よく、資産運用を始めることができます。