>>
資産運用とはなにか?基本をわかりやすく解説。種類や方法も
資産運用とはなにかを丁寧にわかりやすく解説します。

資産運用とはなにか?基本をわかりやすく解説。種類や方法も

「貯蓄から資産形成へ」と国が資産形成・資産運用の促進をしている中で、そもそも資産運用とは? といった疑問を持つ方も多くいるのではないでしょうか?

今回は資産運用の意味から、メリット・デメリット、リスク、始め方など資産運用に関わる基本わかりやすく解説します。

資産運用とは

資産運用とはなにか?基本をわかりやすく解説。種類や方法も

資産運用とは持っている資産(現金、不動産、株、債券など)を管理・運用して、リターン・資産を増やすことです。

実は気づかないだけで、身近なところでも資産運用をしている人は少なくありません。資産を増やすという意味では、定期預金や保険なども資産運用といえます。定期預金は少ないながらも、預金をすることで金利を受け取ることができるので、資産運用の一つなのです。

また、資産運用には大きさは異なるものの、リスクが付き物です。定期預金に関しても、万が一銀行が潰れてしまった場合、預金金額によっては満額が返ってこない可能性(リスク)もあるのです。

資産運用の種類には、世間でもよく知られている株式投資やFX以外にも、投資資金をプロのファンドマネージャーが代わりに運用してくれる投資信託というものや国債・地方債といった国・自治体が発行する債券など、比較的ローリスクなものもあります。

資産運用というと、投資初心者にとってはリスクが大きいというイメージがあるかもしれませんが、株式投資やFXといったハイリスクハイリターンな金融商品だけではありません。その他の運用方法を知らずに、全容をしっかり理解できないままになってしまいます。

資産形成との違い

資産運用と似た言葉として資産形成がありますが、どのような違いがあるのでしょうか。

定義は様々ありますが、資産形成は資産運用の前段階で、資産運用に回すお金を作ることと言えるでしょう。例えば資産運用で不動産投資をしたいという場合、不動産投資するためのお金を作ることが資産形成にあたります。

お金を作るには、例えば収入を上げて、支出を減らすといったことはもちろん、必要のないモノを換金したり、担保になるモノを持つことなども考えられます。ここで作った資金を資産運用に回すことになります。

資産運用の必要性

資産運用とはなにか?基本をわかりやすく解説。種類や方法も

資産運用の必要性をある程度理解しておかないと、特に投資初心者であれば、なかなか始めようとは思えないでしょう。この記事では主に、「老後資金」・「インフレ」という2つの側面から資産運用の必要性を解説します。

老後資金

多くの方が将来の不安で感じていることの1つに老後資金があります。

年金の受給年齢が60歳から65歳に引き上げられるなど、社会保障についてのニュースや不安は各種メディアでも報道されており、さまざまな議論がされています。

年金に頼り切らず老後生活を送れるようにするには、老後資金を蓄えておく必要がありますが、この資産形成は早ければ早いに越したことはありません。

厚生労働省が発表した平成28年度の賃金構造基本統計調査の賃金の推移によると、平均年齢42.2歳、勤続年数11.9年、平均月収30万4千円でした。※1

仮に上記の月収だった場合、この中から貯金だけで老後資金を貯めようと思っても、単身なのか2人以上なのか、月にどのくらいの支出があるかなど個人差はありますが、数千万円を貯金だけで作るのは難しいでしょう。

そのため貯金以外の資産運用が重要になっているのです。

インフレ化で預金は損

インフレとはインフレーションの略で物価が高くなることです。

例えばインフレが起こって、全体的な物価が10%増加すると、100円で買えていたものが110円に値上がることになります。

こうなると預金をしているだけでは損になります。それは近年の預金に付く金利が低金利だからです。ゆうちょ銀行を例に挙げると、1年の定期預金の金利は0.01%です。※2

つまり、10万円を1年間預けて増える金額は100円です。10%の物価上昇率の場合、10万円のものが11万円になっているため、1年間預金しているだけで損になっていることになるのです。

ここまでの急激なインフレはないにしても、超低金利のままでは持っている資産の価値を減らしてしまうことになります。預金は元本保証があり、安心・安全の側面を持ちますが、インフレが起きた場合にはリスクとなることを理解しておきましょう。

資産運用のメリット

資産運用とはなにか?基本をわかりやすく解説。種類や方法も

資産運用のメリットはさまざまですが、今回は2つの項目を解説します。

将来に必要な資産形成ができる

日々の貯金はもちろん、月の収支から資産運用に回せる余裕資金を確保したり、必要がなくなったモノを売却してお金を作ることも資産形成になります。

しかしながら、老後資金や住宅購入、子供の教育費などライフイベントに備えて資産形成する金額は数百万や数千万円など単位が大きく、低金利の貯金だけでは目標金額を達成するのは難しいでしょう。

資産運用は数%の利回りで長期的に資産を増やしていくことができるため、貯金だけでは達成できない金額も将来的には達成できる可能性が高くなるといったメリットがあります。

今の家計の見直しになる

資資産運用を始めようとした方はこれがキッカケで、家計の見直しをすることになります。

短期間で収入を劇的に増やすことは難しく、入ってくるお金ではなく、出ていくお金のコントロールをすることで資産形成の一歩を歩むことができます。

特に家計の見直しは、現在使っているお金の流れを理解するうえで重要です。保険やローンの仕組みを理解することもでき、現状より少ない支出できる可能性もあるため、まずは家計の見直しをすることから始めてみましょう。

資産運用のデメリット

元本割れの可能性

元本割れとは、投資した金額よりも金融商品の価値が下落してしまうことです。

例えば、株式投資で資産運用を行おうとして、A社の株を1株1万円で100株購入したとします。購入金額は100万円です。

2年後にA社の株価が8,000円になりました。すると100株×8,000円で80万円の価値になります。これが元本割れです。

資産運用は必ずプラスの収益が出る保証がありません。資産運用を始める場合はこのようなリスクがあることを念頭に置いておきましょう。

多くの時間を割かれる

金融商品を購入したらほったらかしで大丈夫というイメージがあるかもしれません。預金は預けておくだけのため、ほぼ手間がかからないイメージができてしまっています。

しかしながら、資産運用をしていくには、現在保有している金融商品に関わるニュースのチェック、確定申告、資産運用に関する知識を学ぶなどが必要になります。

運用する金額にもよりますが、目標金額によってはかかる労力も増える可能性があることを考慮しておきましょう。

資産運用における主なリスク

資産運用とはなにか?基本をわかりやすく解説。種類や方法も

資産運用にはさまざまなリスクがあります。基本的なリスクである3つを解説します。

価格変動リスク

価格変動リスクとは、株であれば株価が変動することを指します。

金融商品は管理している会社や市場の影響によって価格が変動します。価格が上がればリターンを得ることができますが、下がった場合は損失を出すことになります。

特に、購入してから価格が高くなった時に売却しリターンを得ようとする場合、そのまま価格が上がらず、元本割れで損失確定になるといったケースもあるため、注意しておきましょう。

金利変動リスク

金利の変動によって、価値が変動することがあります。主に債券が該当します。

例えばAという債券が金利1%、1口1万円で販売されています。Aの債券が発売された1年後にBという債券が出てきます。Bの債券は全体的な金利上昇の影響で金利2%、1口1万円で販売されました。

こうなるとAの債券を購入する人は減少します。なぜならBの債券の方が持っていて価値が高いものだからです。するとAの債券はどうなるかというと、1口の値段を下げることでBの債券と同等の条件にします。

金利が上がれば債券の価値が下がり、金利が下がれば債券の価値が上がると覚えるといいでしょう。

信用リスク

信用リスクとは会社や国が経営難や災害、不祥事によって本来支払うはずの利息や元本の保証ができなくなるリスクです。

株の場合は該当企業が倒産する可能性もあり、購入した株券の価値が0になることもあり得ます。投資先の信用度が高いかどうかを調べることで、ある程度の回避は可能ですが、絶対ではありません。

信用度が高いかどうかは、企業の決算資料(BSやPL)など分析する必要があり、多くの知識が必要になります。

資産運用の主な種類

資産運用とはなにか?基本をわかりやすく解説。種類や方法も

資産運用には数多く種類があります。ここでは資産運用でもある程度知名度があるものを紹介していきます。

預金

資産運用の中で安全性の高い方法になります。預金保険制度により1,000万円までの元本保証がされているためです。

ただ銀行預金は低金利のため、資産運用で資産を増やしていくのは難しいでしょう。資産運用においての預金は、万が一のための保険や事故の緊急資金、ポートフォリオの中の一部とするのが無難といえるでしょう。

国債

国債とは国が投資家からお金を借りるために発行する債券で、投資家は債券の期間に応じて利息を受け取ることができます。

また元本保証ではないものの、国が破綻するリスクや預金よりも金利が高いといった点から、ローリスクローリターンで人気のある資産運用方法といえるでしょう。

個人向け国債、固定5年の商品で第80回債の金利は0.05%となっています。※3

投資信託

投資信託は投資家から集めたお金をプロのファンドマネージャーが代わりに運用する金融商品です。

投資家自身が運用をする必要がないので、知識があまりなくても始めることが可能です。

投資信託にはいくつかの種類があり、リスクを低くして堅実に運用する債券型や積極的にリターンを狙う分、ある程度のリスクがある株式型などがあります。

多くの種類があるため、目標やリスクの許容度により、自分自身の投資方針に合う投資信託を選ぶことで効率的に運用することが可能になります。積極的にファンドを選ぶ際はリスクを考慮したうえで投資をするようにしましょう。

また、 投資信託は積立投資が可能です。

積立投資にすれば毎月1,000円などから投資信託を自動的に買い付けることが可能です。少額で長期的に投資したいという方は検討しても良いかもしれません。

株式投資

株式投資とは企業が発行する株を購入し、その売買でリターンをあげる、もしくは配当金を受け取る資産運用です。

株価は日々変動しており、大きな変動ほどその売買で大きなリターンを得ることができる可能性が高まります。※その分リスクも高くなります。

また配当金はその企業の決算状況等に応じて還元されますが、好決算であれば1株あたりの配当金が高くなることもあるため、多く株を保有していればいるほど、配当利回りも高くなるでしょう。

外貨預金

外貨預金は円高・円安など、各種為替の価格差を利用して利益を得ようとする資産運用方法です。

例えば1米ドル100円の時に、10,000円分の米ドル(100ドル)を購入し、1米ドル120円の時に円に戻すと、手数料や税金などを考慮しないとすると、12,000円になり、2,000円の利益となります。

ただし、外貨預金は手数料がかかるため、場合によっては、手数料を考慮すると元本割れとなってしまうため注意しましょう。

不動産投資

不動産投資は、自分自身が一軒家やマンションのオーナーになり、部屋の借り手から家賃収入という形で毎月一定の収入を得ることができる資産運用です。

不動産の購入するには、数千万かかることが一般的です。初期投資額は大きいですが、ある程度の金額が毎月入るため、安定的な収入源となります。

利回り数%も期待できるほか、実物資産として保有できるため、この不動産を担保にしてレバレッジかけたりなど、資産運用の選択肢が広がります。

不動産は他の金融商品と違い、立地選びや空室対策など多くの情報とお金が必要になるため、準備は入念に行うほうがよいでしょう。

資産運用を始めるポイント

資産運用とはなにか?基本をわかりやすく解説。種類や方法も

目的と目標を設定

資産運用を始める前の目的と目標の設定は大切です。目的とは資産運用するうえで、なにをしたいのかということです。

シンプルに収入を増やしたいという目的以外にも、教育費の用意、老後資金、脱サラをしたいなどさまざまありますが、この目的を設定することが大事になります。

目的が決めたら、目標を設定します。

例えば30年後に定年のため、それまでに5,000万円の老後資金が必要という試算が出たとします。30年間、毎月の預金だけで達成できるのであれば良いですが、毎月14万円前後の預金はなかなか難しいでしょう。

そのため現状の余裕資金や支出の見直しなどを行い、3年後、5年後、10年後といった期間を区切り、それに応じて目標の金額を設定しましょう。

こうすることでどの時期までにどれくらいの資金が必要なのかが見えてきます。またその目標が無理だとわかれば、必要な金額の見直しもできます。

また期間区切って目標金額を作っておくことで、最終の目標金額に向けて順調なのか、それとも上手く運用できていないのかといったこともわかり、途中で修正しやすくなります。

分散投資

分散投資とは一つの金融商品のみを投資するのではなく、複数の金融商品に投資することです。このメリットはリスクの分散になることです。

1つの金融商品のみに集中投資をした場合、もし価格の暴落や倒産などが起きると元本割れで大きな損失になる可能性があります。

分散投資している場合、1つの金融商品の価格が暴落したとしても、損失が少なくなるだけでなく、他の金融商品がカバーしてくれる可能性もあります。

分散投資するため、それぞれの管理や必要な情報量は多くなってしまいますが、その分の恩恵を受けることができます。

長期間の資産運用

資産運用で短期間に大きなリターンを上げるのは難しいです。

例えば、価格の変動が激しい仮想通貨やレバレッジを最大にして行うFXなどであれば、短期間で大きなリターンを出すことも可能です。ただし、ハイリターンであるものはハイリスクであることから、注意する必要があります。

資産運用は長期間の運用を意識するようにしましょう。これを意識することで、複利効果を期待することができます。

複利とは元本から得たリターンを元本に足していくことです。例えば元本100万円、年利5%で運用した場合、年間のリターンは5万円なので2年目からは105万円で運用。3年目には105万円の年利5%なのでリターンは5万2,500円、4年目には110万2,500円で運用できます。

この運用を20年間できた場合、合計265万5,298円になります。※4

元本で出たリターンを次の元本に足さなかった場合(これを単利と呼びます)、年間リターンの5万円×20年=100万円なので、20年間の運用で合計200万円となります。

複利の265万5,298円と比べるとその差がわかるのではないでしょうか。この複利はどの資産運用でもいえるので、理解しておくほうがよいでしょう。

まとめ

資産運用は難しいと思われるかもしれません。もしくは危険、損をするというイメージもあるでしょう。資産運用は元本保証がないため、元本割れの可能性もあります。

しかし、日常生活に支障が出ない範囲かつ大きなリスクを回避しながら、適切な資産運用ができれば、将来必要な資金を効率的に作る可能性がでてくるでしょう。

資産運用にはさまざまな種類以外にも、運用方法や取り扱いの証券会社、国内外の金融商品など学ぶべきことは数多くあるため、始める前にしっかりと勉強しておくとよいでしょう。


※1:厚生労働省 平成28年賃金構造基本統計調査 結果の概況
※2:ゆうちょ銀行 金利一覧
※3:楽天証券 個人向け国債
※4:高精度計算サイト

初心者でも取り組みやすい!
安定的で手間のかからない投資始めませんか?
投資をしたら満期まで待つだけ
貸付ファンドのオンラインマーケット「Funds」では、上場企業や注目のベンチャー企業が組成するファンドに予定利回り1.5%〜6%*で投資いただけます。
投資をしたら運用期間中の手間はほとんどかからず、相場による価格変動がないため値動きを見る必要はありません。
*年率、税引前
1円単位で投資できる
Fundsの投資単位は1円。気軽に効率よく、資産運用を始めることができます。