>>
住信SBIネット銀行の口座開設方法・流れとキャンペーン情報を解説
住信SBIネット銀行の口座開設方法・流れとキャンペーン情報を解説

住信SBIネット銀行の口座開設方法・流れとキャンペーン情報を解説

住信SBIネット銀行は目的別口座、SBI証券との連携など様々なサービスを展開しているネット専業銀行です。

今回は、住信SBIネット銀行の口座開設方法と流れ、またキャンペーン情報について解説します。

住信SBIネット銀行とは

住信SBIネット銀行は、三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同出資して設立されたネット銀行です。

全国のコンビニとゆうちょのATMと提携しているほか、SBI証券の証券口座と住信SBIネット銀行の口座を連携することで、SBIハイブリッド預金というサービスを利用することができます。

SBIハイブリッド預金は、SBI証券で金融商品を購入した際に、SBIハイブリッド預金から買付余力として即時反映させることができるので、SBI証券を利用する際に便利なサービスです。

そのほか、外貨預金・為替証拠金取引・純金積立・住宅ローン・ネットローン・ロボアドアイザー・VISAデビットといったサービスを取り扱っています。

また、各種サービスを利用することでポイントが貯まり、現金やマイルに交換できるスマートプログラムというシステムで、お得に取引をすることができます。

住信SBIネット銀行の口座開設キャンペーン情報

住信SBIネット銀行では、新規で口座を開設した方限定で、もれなく合計2,000円相当のスマートプログラムポイント(スマプロポイント)がもらえるキャンペーンがあります。※2018年9月時点

新規で口座を開設し、口座開設月の3ヶ月後の末日までにVisaデビットカードで合計5,000円以上利用した方と、給与受取サービスを利用した方が対象になります。

Visaデビットカードは、住信SBIネット銀行の口座開設と同時に作成することができます。

口座開設キャンペーンでは、Visaデビットカードを5,000円以上利用することで、スマプロポイントを500ポイント、また給与の振込先を住信SBIネット銀行に指定することで、スマプロポイントを1,500ポイントで、合わせて2,000ポイントを受け取ることができます。

住信SBIネット銀行の口座開設方法

次に、住信SBIネット銀行の口座開設方法について解説します。

必要な書類が何点かあるので、事前に確認しておきましょう。

3つの申し込み方法から選択

住信SBIネット銀行の口座開設方法は、以下の3つが用意されています。

  • Webサイトで申し込み
  • Webサイト+郵送で申し込み
  • SBI証券のWebサイトで申し込み

「Webサイトでの申し込み」は、ネットのみで申し込みが完了し、印鑑も不要です。なお、15歳以上18歳未満の方は、「Webサイトで申し込み」ができないので、「Webサイト+郵送での申し込み」を選択してください。

「Webサイト+郵送で申し込み」は、顔写真付きの本人確認書類を持っていない場合でも申し込みが行える方法です。

「SBI証券のWebサイトで申し込み」は、すでにSBI証券に口座を開設している方が利用できる口座開設方法です。

本人確認書類を郵送することなく、申し込み後すぐに初期設定まで進むことができます。

必要な本人確認書類を準備

「Webサイトで申し込み」で必要な本人確認書類は、顔写真がついたものです。公式Webサイトでは、以下が挙げられています。

  • 運転免許証、運転経歴証明書
  • パスポート
  • 在留カード、特別永住者証明書
  • 写真付き住民基本台帳カード
  • 官公庁が発行した身分証明書で写真付きのもの
  • 公の機関が発行した資格証明書で写真付きのもの(療育手帳、身体障がい者手帳など)

「Webサイト+郵送での申し込み」では、顔写真付きの本人確認書類以外でも申込みを行うことができます。

公式Webサイトでは、以下の組み合わせが挙げられています。

  • 運転免許証(コピー)と公共料金の領収書(原本)
  • 各種健康保険証(コピー)と公共料金の領収書(原本)
  • 写真付き住民基本台帳カード(コピー)と公共料金の領収書(原本)
  • 在留カード、特別永住者証明書(コピー)と公共料金の領収書(原本)
  • 住民票の写し、住民票記載事項証明書(原本)
  • 印鑑証明書(原本)
  • 個人番号カード(コピー)と公共料金の領収書(原本)

「SBI証券のWebサイトで申し込み」は、本人確認書類が不要なので、用意する必要はありません。

各種情報を入力

「Webサイトで申し込み」、「Webサイト+郵送で申し込み」いずれの場合も、公式Webサイトから規約等を確認し、個人情報などの必要事項を入力していきましょう。

「Webサイトで申し込み」の場合、その後初期設定を行い、カードを受け取るという手順です。

「Webサイト+郵送で申し込み」の場合、必要事項を入力後、口座開設申込書の印刷を行なってください。

印刷が出来ない場合は、住信SBIネット銀行から必要事項入力済みの口座開設申込書を郵送してもらいましょう。

口座開設申込書と本人確認書類を同封することで、申し込みの手続きは完了です。

その後、住信SBIネット銀行から簡易書留郵便でカードと仮パスワードが届くので、初期設定を行いましょう。

「SBI証券のWebサイトで申し込み」の場合、SBI証券の公式Webサイトから申込画面に進み、規約等の確認と個人情報などの必要事項を入力していきましょう。

初期設定をして郵便物を受け取る

「Webサイトで申し込み」の場合、個人情報を入力し、申込手続きが完了した段階で、ログインができるようになります。

まずは口座開設申込時に設定したユーザーネームと初回ログインパスワードでログインをしましょう。

初めてログインする際に、各種パスワードやキャッシュカードの暗証番号などの初期設定を行いましょう。

その後、住信SBIネット銀行から本人限定受取郵便が郵送されるので、本人確認書類を提示してカードを受け取ってください。

カードを受け取り、公式Webサイトからカード受取確認の設定を行えば全てのサービスが利用できるようになります。

「Webサイト+郵送で申し込み」の場合、口座開設申込書と本人確認書類を送ってから約10日でカードと仮ログインパスワードが郵送されます。

その後、公式Webサイトへログインし、各種パスワードやキャッシュカードの暗証番号などの初期設定を行なってください。設定を終えれば、サービスが利用可能になります。

「SBI証券のWebサイトで申し込み」の場合、SBI証券から住信SBIネット銀行の公式Webサイトへログインし、各種パスワードの初期設定を行います。

その後、認証番号カードが郵送されるので、受け取り次第サービスが利用できるようになります。

申し込み方法によって初期設定のタイミングが異なるので、注意してください。

まとめ

住信SBIネット銀行の口座開設方法と流れ、キャンペーン情報について解説してきました。必要書類をあらかじめ用意しておけば、ある程度スムーズに口座開設が可能です。

また、新規口座開設キャンペーンをはじめ、特定の商品やサービスを利用することで受けることのできるキャンペーンもあります。

お得にサービスを利用するために、公式Webサイトで確認しておくと良いでしょう。

初心者でも取り組みやすい!
安定的で手間のかからない投資始めませんか?
投資をしたら満期まで待つだけ
貸付ファンドのオンラインマーケット「Funds」では、上場企業や注目のベンチャー企業が組成するファンドに予定利回り1.5%〜6%*で投資いただけます。
投資をしたら運用期間中の手間はほとんどかからず、相場による価格変動がないため値動きを見る必要はありません。
*年率、税引前
1円単位で投資できる
Fundsの投資単位は1円。気軽に効率よく、資産運用を始めることができます。