>>
住信SBIネット銀行の手数料をお得にする方法を徹底解説
住信SBIネット銀行の手数料をお得にする方法を徹底解説

住信SBIネット銀行の手数料をお得にする方法を徹底解説

ネット銀行などでかかる入出金手数料や振込手数料は少しでも節約したいところです。

住信SBIネット銀行は、スマートプログラムを活用することで、手数料などのコストを抑えてお得にサービスを利用することができます。

今回は、住信SBIネット銀行の手数料をお得にする方法を解説します。

住信SBIネット銀行でかかる手数料

住信SBIネット銀行のATM入出金手数料

住信SBIネット銀行と提携しているATMは、イオン銀行・セブン銀行・ゆうちょ銀行・イーネット・ローソンATM・ビューアルッテ(出金のみ)の6つです。※2018年9月時点

住信SBIネット銀行のATM利用料は、入金時にはかかりません。

なお、出金時はスマートプログラムのランクに応じて月2回から15回までは無料です。それ以降は1回の出金につき、110円(税込)の手数料が発生します。※1

住信SBIネット銀行の振込手数料

振込手数料は、住信SBIネット銀行の口座と三井住友信託銀行の口座宛てであればかかりません。

これ以外の金融機関に振込を行う場合は、スマートプログラムのランクに応じて月1回から15回までは無料です。※1

無料回数以降は、157円(税込)の手数料が発生します。

なお、組戻を行う場合は金融機関に関わらず880円(税込)の手数料が発生します。

※組戻とは・・・振込依頼完了後に情報の誤りや取り消しを銀行側に依頼する際にかかる手数料です

スマートプログラムで月最大15回手数料を無料にできる

住信SBIネット銀行では、スマートプログラムのランクに応じて、入出金にかかる手数料の無料回数が変わります。

もっとも低いランクでも出金時の手数料は、月2回まで無料です。また、振込手数料も月1回まで無料です。最高ランクではいずれも月15回まで無料です。

ランクごとの手数料無料回数

スマートプログラムは、最高ランクを4とした、4つのランクが用意されています。

ランクごとの手数料無料回数は以下の通りです。

ランク4 ランク3 ランク2 ランク1
ATM出金手数料無料回数 月15回 月7回 月5回 月2回
他の金融機関宛て振込手数料無料回数 月15回 月7回 月5回 月1回

※1(2018年9月時点)

なお、口座開設の当月および翌月は、ランク2に該当します。それ以降も口座開設から6ヵ月までの基本ランクは、ランク2以上になります。

ランクごとの条件

スマートプログラムのランクごとの条件は多岐に渡ります。ここではランク2からランク4までの条件について説明します。

ランク2 ランク3 ランク4
預金残高 総預金残高
月末30万円以上
総預金残高
月末300万円以上
外貨預金+仕組み預金
月末500万円以上
住宅ローン 住宅ローン月末残高あり 外貨預金+仕組み預金
月末300万円以上かつ住宅ローン月末残高あり
ロボアドバイザー 資産運用残高
月末10万円以上
資産運用残高
月末100万円以上
その他 30歳未満

※2(2018年9月時点)

上記のいずれか一つでも満たしていれば、対応したランクが適用されます。

なお、上記以外にも複数商品・サービスの利用でランクが変わります。ランクに関わる商品・サービスは以下の通りです。

  • 外貨預金(普通・定期)の月末残高あり
  • 仕組預金の月末残高あり
  • SBIハイブリッド預金の月末残高あり
  • 純金積立の月末時点の契約あり
  • 給与、賞与または年金の月内入金あり
  • 目的ローンまたは不動産担保ローンの月末残高あり
  • カードローンの月末残高あり
  • BIG・toto購入または公営競技ご入金の月内合計が2万円以上
  • Visaデビットカードの月末時点の確定金額が合計1万円以上
  • 「ミライノカード(JCB)一般」の当月確定金額が合計1万円以上

※2(2018年9月時点)

上記の中から2つ該当すればランク2が適用され、3つ該当すればランク3が適用されます。

なお、口座開設日の当月および翌月まではランク2が固定となり、ランクアップ条件を満たしていても適用されないので注意が必要です。

スマートプログラムの各条件を達成して手数料をお得に

スマートプラグラムのランクアップ条件になっている預金残高、住宅ローン、ロボアドバイザーについて解説します。

また、クレジットカード「ミライノカード」に入会することで、2ランクアップが適用されるので、こちらも合わせて解説します。

円預金・外貨預金・仕組預金・SBIハイブリッド預金の残高

ランク2とランク3の条件の一つになっている預金残高は、円預金(普通・定期)、外貨預金(普通・定期)、仕組預金、SBIハイブリッド預金の合計残高です。

ランク2は預金残高合計金額30万円以上、ランク3は預金残高合計金額300万円以上が条件です。

なお、外貨預金、仕組み預金、SBIハイブリッド預金のうち2つに申し込みをしていればランク2に、3つに申し込みをしていればランク3が適用されます。

ランク4のみ、外貨預金と仕組預金の合計残高が条件です。

住宅ローンの残高

住宅ローンは、ランク3とランク4の条件の一つです。ランク3、ランク4いずれの場合も、金額にかかわらず住宅ローンを利用していれば適用となります。

ただし、ランク4の場合、外貨預金と仕組預金の合計金額が300万円以上あることが追加条件です。

なお、住宅ローンの中でもフラット35は、月内に住信SBIネット銀行からの引き落としがあることを条件に判定される点に注意しましょう。

フラット35以外の住宅ローンは、月末借入残高で判定されます。

ロボアドバイザーの残高

ロボアドバイザーは、ランク2とランク3の条件の一つです。資産運用残高が10万円以上ならランク2、100万円以上ならランク3が適用されます。

月末時点での「Wealthnavi for 住信SBIネット銀行」の総資産額と「THEO + 住信SBIネット銀行」の時価評価額の合計額で判定されます。

なお、「THEO + 住信SBIネット銀行」は、住信SBIネット銀行を出金口座に設定した場合のみが対象となるので注意しましょう。

ミライノカードでランクアップ

ミライノカードは、「JCB 一般」の引落額によって、ランク判定がされるケースに加えて、特定のカードに入会すると基本ランクから2ランクアップが適用されます。

2ランクアップが適用されるミライノカードは以下の3つです。

  • ミライノカード GOLD(JCB)
  • ミライノカード PLATINUM(JCB)
  • ミライノカード Travelers Gold(Mastercard)

「ミライノカード GOLD(JCB)」は、年会費3,000円(税抜)がかかりますが、ポイント還元率が国内外ともに最大1.0%というメリットがあります。※3

「ミライノカード Travelers Gold(Mastercard)」は、年会費10,000円(税抜)がかかりますが、ポイント還元率が海外1.2%、国内0.6%です。海外旅行に活用できることに加え、旅行保険も充実しています。※3

なお、JCBとMastercardの両方を持っている場合は、最終的に適用されるランクが高くなる条件を判定対象とします。

まとめ

住信SBIネット銀行の手数料をお得にする方法について解説しました。

住信SBIネット銀行のスマートプログラムではランクによって受けることのできる優遇制度も変わるので、利用する際は事前に公式Webサイトで最新の優遇内容を確認しましょう。


※1:スマートプログラム – ランク、住信SBIネット銀行
※2:スマートプログラム – ランク判定条件、住信SBIネット銀行
※3:ミライノカード商品性一覧

初心者でも取り組みやすい!
安定的で手間のかからない投資始めませんか?
投資をしたら満期まで待つだけ
貸付ファンドのオンラインマーケット「Funds」では、上場企業や注目のベンチャー企業が組成するファンドに予定利回り1.5%〜6%*で投資いただけます。
投資をしたら運用期間中の手間はほとんどかからず、相場による価格変動がないため値動きを見る必要はありません。
*年率、税引前
1円単位で投資できる
Fundsの投資単位は1円。気軽に効率よく、資産運用を始めることができます。