>>
One Tap BUY(ワンタップバイ)の手数料は高い?通常の株取引と比較
One Tap BUY(ワンタップバイ)の手数料はいくら?高い?通常の株取引と比較

One Tap BUY(ワンタップバイ)の手数料は高い?通常の株取引と比較

1,000円から株が買えるスマホ証券「One Tap BUY(ワンタップバイ)」には、「定額プラン」と「都度プラン」の2種類の手数料プランが用意されています。

One Tap BUYの手数料をお得にするには、取引回数や取引金額によって手数料プランを使い分けることが大切です。

今回は、One Tap BUYの手数料について、国内ネット証券との比較も交えながら詳しく解説します。

One Tap BUY(ワンタップバイ)でかかる手数料

「定額プラン」でかかる月額手数料

One Tap BUY(ワンタップバイ)の「定額プラン」とは、月額手数料980円(税込1,058円)を支払うことで、米国株・日本株(両市場のETF含む)を売買手数料なしで取引できるサービスです。

定額プランは手数料が固定されているので、毎回かかる手数料が気になる方や取引回数が多い方に向いているでしょう。

定額プランでは月額手数料のほか、株式買付代金の入金が別途必要になります。

月額料金は、毎月25日16時に証券口座から引き落とされます。引き落としできなかった場合は、月末日まで毎日16時に引き落とし手続きが行われます。

また、株式等の定期定額自動積立サービスの「積み株」は定額プランの適用外で、取引ごとに売買手数料がかかります。※1

「都度プラン」でかかる売買手数料

One Tap BUY(ワンタップバイ)の「都度プラン」とは、取引ごとに売買手数料がかかるプランです。

米国株、日本株ともに、リアルタイムの株価に0.5%の売買手数料を加減(買いの場合は加算、売りの場合は減算)した価格で取引が行われます。

たとえば、日本株を1,000円購入した場合の売買手数料は5円(1,000円×0.5%)なので、買いの場合は995円、売りの場合は1,005円が取引価格になります。

ただし、米国株の場合、ニューヨーク市場の閉場時の売買手数料は0.7%になります。

都度プランでは取引ごとに手数料がかかるので、少額から株式投資を試してみたい人や取引回数が少ない人に適しているでしょう。※1

外国証券でかかるスプレッド(為替コスト)

米国株(外国証券)の取引では、円貨と外貨を交換する際に「1米ドルあたり35銭」のスプレッド(為替コスト)もかかります。

買いの場合は1米ドルあたり35銭を加算、売りの場合は減算した為替レートが適用されます。

 たとえば、「1米ドル=100円」のときに株式を10米ドル(1,000円相当)購入する場合、約3.5円(35銭×10米ドル)の為替コストがかかります。

このように、米国株を売買するときは売買手数料だけでなく、為替コストもかかる点に注意が必要です。※1

入金手数料

One Tap BUY(ワンタップバイ)では、証券口座に入金する方法として「専用振込口座への入金」と「おいたまま買付」の2つが用意されています。

専用振込口座(みずほ銀行)へ入金は、自身が契約しているインターネットバンキングやATMなどから振込する方法です。

振込手数料は自己負担になりますが、振込手数料が無料になるインターネットバンキングなどを利用すれば、手数料無料で入金可能です。

一方、おいたまま買付は、みずほ銀行口座またはソフトバンクカード(プリペイドカード)に残高があれば、送金不要で株式が購入できるサービスです。

おいたまま買付で株式を購入する場合、みずほ銀行では1回あたり108円(税込)、ソフトバンクカードでは1回あたり150円(税込)の手数料がかかりますが、2018年9月までは手数料無料で利用可能です。※2

出金手数料

証券口座(みずほ銀行)から出金する場合、金額や振込先銀行に応じて以下の手数料がかかります。

  • 3万円未満:(みずほ銀行宛て)108円、(他行宛て)270円
  • 3万円以上:(みずほ銀行宛て)216円、(他行宛て)378円

みずほ銀行の口座に出金すると出金手数料を低く抑えやすくなっています。

おいたまま買付でソフトバンクカードを利用している場合、ソフトバンクカードの現金バリューへのチャージ(出金)については無料になります。※3

One Tap BUY(ワンタップバイ)の手数料は高いのか?

One Tap BUY(ワンタップバイ)の手数料は高いのでしょうか。次に、One Tap BUYの手数料と国内ネット証券で最多の口座開設数を持つSBI証券の手数料と比較します。※2018年7月確認時点

ネット証券と比較

証券会社名 米国株1注文の約定代金(手数料は税込)
1,000円 1万円 5万円 10万円 20万円
One Tap BUY(都度プラン)
※カッコ内の金額はNY市場閉場時
5円
(7円)
50円
(70円)
250円
(350円)
500円
(700円)
1,000円
(1,400円)
SBI証券(米国株式)
※1米ドル=110円で換算
約594円(5.4米ドル)
約定代金の0.486%(税込)
最低手数料5.4米ドル(税込)
972円

※1 ※4

上の表はOne Tap BUY(ワンタップバイ)とSBI証券の、米国株の売買手数料を比較したもの(為替コストは除く)です。

SBI証券の米国株式売買手数料は約定代金の0.486%(税込)ですが、最低手数料が5.4米ドル(税込)に設定されており、1米ドル=110円で換算すると約564円です。

約定代金10万円までは、SBI証券は最低手数料の5.4米ドル(税込)が適用され、One Tap BUYのほうが手数料は低くなります。

しかし、約定代金が20万円になるとSBI証券のほうが手数料は低くなります。

また、SBI証券の為替手数料は1米ドルあたり25銭で、One Tap BUY(1米ドルあたり35銭)よりも為替コストは低く設定されています。

米国株の場合、約定代金10万円以下の少額取引ならOne Tap BUY、10万円を超えるとSBI証券がお得です。

証券会社名 日本株1注文の約定代金(手数料は税込)
1,000円 1万円 5万円 10万円 20万円
One Tap BUY(都度プラン) 5円 50円 250円 500円 1000円
SBI証券(スタンダードプラン) 54円 54円 54円 97円 113円

※1 ※4

一方、上の表はOne Tap BUYとSBI証券の、日本株の売買手数料を比較したものです。

米国株は約定代金10万円が目安でしたが、日本株は約定代金が1万円を超えるとSBI証券のほうが手数料は低くなります。

SBI証券では単元株を購入する必要があるので単純比較はできませんが、One Tap BUYで日本株を売買するなら約定代金1万円以下の少額取引がお得です。

One Tap BUY(ワンタップバイ)で手数料がお得になる方法

One Tap BUYで手数料をお得にするは、取引回数に応じて定額プランと都度プランを使い分けることが大切です。

頻繁に取引する方は、取引回数に関わらず月額利用料が固定されている定額プランが適しているでしょう。

一方、取引回数が少ない方は、取引ごとに手数料がかかる都度プランを利用するとよいでしょう。

ただし、1回の取引金額が大きい場合や単元株の取引を行う場合は、ネット証券を利用したほうが手数料は比較的低くなります。

定額プランと都度プランの比較

取引回数(往復) 1注文の約定代金
1,000円 3,000円 5,000円 1万円
1回 10円 30円 50円 100円
10回 100円 300円 500円 1,000円
20回 200円 600円 1,000円 2,000円
30回 300円 900円 1,500円 3,000円
40回 400円 1,200円 2,000円 4,000円
50回 500円 1,500円 2,500円 5,000円
100回 1,000円 3,000円 5,000円 1万円

※1

上の表は、One Tap BUY(ワンタップバイ)の都度プランについて、取引(往復)回数ごとにいくらかかるかをまとめたものです。

もし日本株を3,000円分購入し、その後売却すると、取引(往復)回数は1回で手数料は合計30円かかります。

定額プランの月額利用料は980円(税込1,058円)なので、都度プランの売買手数料の合計額が1,000円を超えると定額プランのほうがお得です。

1注文1,000円なら100回取引しても都度プランのほうがお得ですが、1注文1万円なら10回を超えると定額プランのほうがお得になります。

このように、定額プランと都度プランのどちらがお得かは、1注文あたりの約定代金と取引回数によって決まるので、プラン選択は取引の状況に応じて判断しましょう。
  

まとめ

One Tap BUY(ワンタップバイ)の手数料プランは「定額プラン」「都度プラン」の2種類があり、取引回数や取引金額によって適切なプランが異なります。

頻繁に取引をする方は定額プラン、取引回数が少ない方は都度プランを選択するとよいでしょう。

また、One Tap BUYの米国株は、1注文の約定代金が10万円以下ならネット証券よりも有利な手数料で取引できる可能性があります。

今回紹介した内容を参考に手数料を比較してみてください。


※1:料金プラン|One Tap BUY
※2:リスク・手数料相当額等|One Tap BUY
※3:手数料などコストについて|よくある質問|One Tap BUY
※4:手数料|SBI証券

初心者でも取り組みやすい!
安定的で手間のかからない投資始めませんか?
投資をしたら満期まで待つだけ
貸付ファンドのオンラインマーケット「Funds」では、上場企業や注目のベンチャー企業が組成するファンドに予定利回り1.5%〜6%*で投資いただけます。
投資をしたら運用期間中の手間はほとんどかからず、相場による価格変動がないため値動きを見る必要はありません。
*年率、税引前
1円単位で投資できる
Fundsの投資単位は1円。気軽に効率よく、資産運用を始めることができます。