>>
楽天ポイントで投資信託が買える?購入方法やポイントを貯めるコツを紹介
楽天ポイントで投資信託が買える?購入方法やポイントを貯めるコツを紹介

楽天ポイントで投資信託が買える?購入方法やポイントを貯めるコツを紹介

楽天証券では、楽天市場や楽天カードの買い物などで貯まった楽天ポイントを使って投資信託が購入できる「投資信託ポイント買付サービス」を提供しています。

楽天ポイントの使い道が決まっていない方や、現金で投資をするのが怖い方が、投資を始めるキッカケになるかもしれません。

今回は、楽天ポイントで投資信託を購入する方法やポイントを貯めるコツを紹介します。

楽天ポイントで投資信託を購入するメリット

まずは、楽天ポイントで投資信託を購入するメリットを解説します。

楽天ポイントだけでの購入もできる

楽天証券の「投資信託ポイント買付サービス」は、投資信託の買付代金の一部または全てに楽天ポイントが利用できるサービスです。

現金を使うことなく、楽天ポイントだけで投資信託が購入できます。投資に興味があっても、現金で投資をするのが怖い人もいるでしょう。

楽天ポイントを利用して投資信託を購入すれば、現金を出すことなく投資を始めることが可能です。

100ポイントから購入可能

楽天証券では100円から購入できる投資信託もあるので、最低100ポイントから1ポイント単位で投資信託の購入が可能です。

貯まっているポイント数が少なく、楽天市場などの買い物で利用するのが難しい場合でも、投資信託の購入は100ポイントから利用できるので便利です。

また、気になる投資信託がたくさんある場合は「気になる銘柄を100ポイントずつ購入する」といった使い方もできます。

解約すると現金を得られる

楽天ポイントは楽天市場などで1ポイント=1円での利用や、Edy(電子マネー)への交換などもできますが、直接現金には交換できません。

しかし、楽天ポイントで投資信託を購入し、その後解約すると現金を得られます。

現金で購入しても、ポイントで購入しても投資信託の価値は同じです。

投資信託の基準価額は日々変動するため、解約時に基準価額が値上がりして利益が出ていれば、保有ポイント数以上の現金が得られる可能性もあります。

ただし、基準価額が値下がりすると損失が出る可能性もあるので注意が必要です。

投資信託のために楽天ポイントを貯めるコツ

楽天ポイントをたくさん貯めることができれば、購入できる投資信託の金額も増えます。次に、投資信託のために楽天ポイントを貯めるコツを解説します。

楽天カードや楽天銀行を日常的に利用する

楽天カードや楽天銀行を日常的に利用すると、楽天ポイントは貯まりやすいでしょう。

楽天カードのポイント還元率は1%で、買い物金額100円につき1ポイント貯まります。※2018年7月時点

楽天市場や楽天トラベルなど、楽天グループの買い物で楽天カードを利用すると、ポイント還元率がさらにアップします。

また、楽天銀行には「ハッピープログラム」という優遇プログラムがあり、エントリーして給与の受け取りや口座振替などを利用すると楽天ポイントが貯まる仕組みがあります。

楽天銀行は楽天証券口座との連携サービス(マネーブリッジ)もあるので、利用したい方は楽天銀行口座の開設を検討する必要があります。

楽天が提供する各サービスも利用する

楽天グループはさまざまなサービスを提供しており、各サービスを利用することでさらに多くの楽天ポイントが貯まります。

たとえば、格安スマホや格安SIMを取り扱う「楽天モバイル」を利用すると、楽天市場での買い物のポイント還元率がアップします。

また、宿泊予約サイトの「楽天トラベル」では、もらえる楽天ポイントがアップするキャンペーンが定期的に実施されています。

他にもネット書店の「楽天ブックス」、宅配買取の「楽天買取サービス」、死亡保険や医療保険を取り扱う「楽天生命」など、利用すると楽天ポイントが貯まるサービスがたくさんあります。

自分に必要なサービスは、できるだけ楽天グループのサービスを利用すると、より多くの楽天ポイントを貯めやすいでしょう。

楽天ポイントを投資信託に充てる際の注意点

続いて、楽天ポイントを投資信託に充てる際の注意点を解説します。

使えるのは通常ポイントのみ

楽天ポイントには「通常ポイント」と「期間限定ポイント」があり、投資信託ポイント買付サービスで利用できるのは通常ポイントのみです。

期間限定ポイントとは、特定のキャンペーンなどで付与されたポイントのことです。

有効期限が設定されており、有効期限を過ぎると自動的に失効するのが特徴で、投資信託の購入には利用できません。

また、他ポイントから交換して保有している楽天ポイントも、投資信託の購入には利用できないので注意が必要です。

楽天ポイントで投資信託を購入する方法・流れ

最後に、楽天ポイントで投資信託を購入する方法・流れを解説します。

お客様情報からポイントプログラムを変更

楽天証券の投資信託ポイント買付サービスを利用するには、お客様情報からポイントプログラムを変更する必要があります。

楽天証券のマイページにログインし、トップ画面の「お客様情報の設定・変更」から「ポイントプログラム」を選択します。

「ポイントコース設定」で「コースを変更」をクリックし、「楽天証券ポイントコース」から「楽天スーパーポイントコース」に変更しましょう。

すると、楽天会員のログイン画面が表示されるので、ユーザーIDとパスワードを入力してログインします。

注意事項を確認したうえで「同意する」をクリックし、取引暗証番号(口座開設時に設定した4桁の番号)を入力して変更ボタンをクリックすれば、ポイントプログラムの変更は完了です。

購入したい銘柄を選ぶ

ポイントプログラムの変更ができたら、トップページの「投信」メニューから購入したい投資信託を選びましょう。

楽天証券の取り扱うほとんどの銘柄は、楽天ポイントで購入が可能です。

楽天証券では2,500を超える銘柄を取り扱っているので、「ランキング」や「投信スーパーサーチ」を利用すると、条件に合った投資信託を効率よく探せます。※2018年7月時点

購入したい銘柄が見つかったら、「通常注文」ボタンをクリックして買い注文の画面に進みましょう。

ポイント利用を選択する

目論見書の閲覧が終わると、通常注文(買い注文/受付)の画面が表示されます。

まずは、買付金額を入力します。楽天ポイントだけで購入する場合は、利用可能ポイント数の範囲内で金額を入力しましょう。

ポイント利用は「一部使う」「すべて使う」「使わない」の3つが用意されています。

楽天ポイントのみで購入する場合は「すべて使う」を選択すると、今回の購入で利用するポイントが自動計算されます。

注文する

ポイント利用の選択が終わったら、分配金コースと口座区分を選択し、目論見書にチェックを入れて確認ボタンをクリックしましょう。

画面が切り替わったら内容を確認し、問題なければ取引暗証番号を入力して注文ボタンをクリックします。

「買い注文を受け付けました」というメッセージが表示されれば、投資信託の買付は完了です。

念のため、保有商品一覧に購入した投資信託が反映されているかを確認しておきましょう。

まとめ

楽天ポイントが最低100ポイントあれば投資信託が購入できるので、少額から試しに投資を始めてみることも可能です。

また楽天カードや楽天銀行など楽天グループのサービスを利用すれば、効率よくポイントが貯まるので、より多くのポイントを投資信託の購入に回せます。

楽天ポイントで投資信託を購入するには楽天証券の口座が必要ですが、証券会社は数多くあるため、比較検討しながら口座開設を検討しましょう。

初心者でも取り組みやすい!
安定的で手間のかからない投資始めませんか?
投資をしたら満期まで待つだけ
貸付ファンドのオンラインマーケット「Funds」では、上場企業や注目のベンチャー企業が組成するファンドに予定利回り1.5%〜6%*で投資いただけます。
投資をしたら運用期間中の手間はほとんどかからず、相場による価格変動がないため値動きを見る必要はありません。
*年率、税引前
1円単位で投資できる
Fundsの投資単位は1円。気軽に効率よく、資産運用を始めることができます。