>>>
マネックス債ってどう?評判やメリット・デメリットを解説!次回はいつ?
マネックス債ってどう?評判やメリット・デメリットを解説

マネックス債ってどう?評判やメリット・デメリットを解説!次回はいつ?

企業が資金調達の目的で発行する社債は、個人でも購入が可能で、比較的少額で投資できます。

社債の中でも有名なものの一つがマネックスグループが発行するマネックス債です。

今回はマネックス債について、特徴や評判などを解説します。

マネックス債とは

マネックス債はマネックス証券の親会社でもある大手金融グループのマネックスグループが発行する個人向け社債です。

取扱はマネックス証券のみであるためマネックス証券の口座を開設している必要があります。

マネックス債の基本情報

直近で募集されていたマネックス債の発行条件をまとめたものが以下の表です。※1

1年債

正式名称 マネックスグループ株式会社保証付 マネックスファイナンス株式会社 2019年7月26日満期 円建社債
発行体 マネックスファイナンス株式会社
格付け BBB(JCR)
利率 年0.35%(税引前)/ 0.278%(税引後)
発行日 2018年7月25日
利払日 年1回(7月26日)
償還日 2019年7月26日
申込単位 額面10,000円単位
申込期間 2018年7月11日(水)~ 2018年7月25日(水)14時
利金・償還金・中途売却代金の受取通貨 円貨のみ

3年債

正式名称 マネックスグループ株式会社保証付 マネックスファイナンス株式会社 2019年7月26日満期 円建社債
発行体 マネックスファイナンス株式会社
格付け BBB(JCR)
利率 年0.58%(税引前)/ 0.462%(税引後)
発行日 2018年7月25日
利払日 年1回(7月26日)
償還日 2021年7月26日
申込単位 額面10,000円単位
申込期間 2018年7月11日(水)~ 2018年7月25日(水)14時
利金・償還金・中途売却代金の受取通貨 円貨のみ

マネックス債の特徴・メリット

マネックス債には他の金融商品や債券と比較していくつかのメリットがあります。

金利が比較的高い

2018年1月9日に発行されたマネックス債の利率は年0.20%です。

大手メガバンク3社の定期預金金利である年率0.01%と比較すると20倍になります。※2

もちろん社債は、発行会社の倒産などによる損失のリスクはありますが、年利0.20%は預金と比較すると高いと言えます。

少額から申し込み可能

マネックス債は10,000円単位から申し込み可能です。

「まずは少額から資産運用を始めたい」と考える方のニーズに応えやすいようになっています。

償還期間が比較的短い

2018年1月9日に発行されたマネックス債は償還期間が6ヶ月となっています。

一方、同じ債券である個人向け国債は、償還期間が最低3年です。

また、個人向け社債の中でも、償還期間がより長期に渡るものもあります。

償還期間が短いということは、それだけ投資した資金が戻ってくるまでの期間が長いということです。償還期間が短い方が良いと考える方にとっては、マネックス債の償還期間はメリットとなるでしょう。

マネックス債の分析

比較的金利が高く、償還期間が短いマネックス債ですが、発行体リスクは避けられないため、信用度の見極めが大切です。

以降、マネックス債の分析を行います。

自己資本比率

自己資本比率は会社の経営の安定性を図る指標の一つになります。一般的に高い方が安定性も高いと言われています。

マネックスグループの2018年3月期の自己資本比率は8.3%となっています。※3

他企業を見てみると、例えば国内最大級の事業会社であるトヨタの自己資本比率は同期間で38.2%です。※4

一方で、同業種最大手である野村証券(野村ホールディングス)の自己資本比率は6.8%です。※5

事業会社の水準と同業種の水準は異なり、事業会社水準では低めと言えますが、同業種水準では必ずしも低くない数値となっています。

業績

続いて、マネックスグループの直近三期までの業績を見てみましょう。※3

前期 二期前 三期前
売上高 53,685百万円 45,831百万円 54,271百万円
営業利益 9,321百万円 1,059百万円 5,304百万円
経常利益 8,631百万円 1,071百万円 5,100百万円
当期利益 6,730百万円 298百万円 3,554百万円

前期2018年3月期は過去三年間で最も業績が伸びていることが分かります。

格付け

社債には企業の今後の見通しについて、返済能力などの安全性を評価する「格付け」という指標があります。

格付機関の一つには日本格付研究所(JCR)があり、JCRは企業の収益力、リスク管理体制、資本の充実度、資金の流動性など様々な指標を鑑みて投資適格を判断しています。

その日本格付研究所(JCR)において、マネックス債の格付けはBBBとして、安定的とされる格付けに位置しています。※6

マネックス債のリスク

マネックス債は預金などと異なり、元本保証ではありません。ここからはマネックス債のリスクを解説します。

破綻した際には元本が毀損することも

マネックス債は、発行体が破綻した場合、元本割れとなる可能性があります。

2018年1月9日に募集が行われたマネックス債は、発行体がマネックスファイナンスというマネックスグループ100%子会社でした。

マネックスファイナンスが何らかの原因で倒産した際は元本が毀損する場合もありますが、親会社であるマネックスグループが保証することになるので、元本割れのリスクは抑えられています。

中途解約は不可

マネックス債は基本的に中途解約ができず、どうしても解約したい際は売却する必要があります。

しかし、買い手が現れないと売却もできないので、流動性のリスクは意識しましょう。

また、仮に売却できたとしても、購入価格より低い価格となる可能性があるので注意が必要です。

ペイオフ制度の対象外

ペイオフ制度とは、金融機関が破綻した際に払戻が行われる制度です。普通・定期預金においては元金1,000万円とその利益が保証されます。

マネックス債は、銀行の普通預金・定期預金と異なり、ペイオフの対象にはなりません。

発行体が破綻した場合は資産が保護されないというリスクがある点には注意しましょう。

マネックス債の発行歴

マネックスグループ円建て社債※7

発行日 名称 償還期間 利率
2007/7/17 第1回個人向けマネックス債 3ヶ月 1.00%
2007/7/23 第2回個人向けマネックス債 3ヶ月 1.00%
2007/8/20 第3回個人向けマネックス債 3ヶ月 1.00%
2007/9/27 第4回個人向けマネックス債 3ヶ月 1.00%
2007/10/29 第5回個人向けマネックス債 3ヶ月 1.00%
2007/11/26 第6回個人向けマネックス債 3ヶ月 1.00%
2007/12/19 第7回個人向けマネックス債 3ヶ月 1.00%
2008/1/28 第8回個人向けマネックス債 3ヶ月 1.04%
2008/2/20 第9回個人向けマネックス債 3ヶ月 1.00%
2008/3/27 第10回個人向けマネックス債 3ヶ月 1.00%
2008/5/28 第11回個人向けマネックス債 3ヶ月 1.00%
2008/7/24 第12回個人向けマネックス債 3ヶ月 1.04%
2008/9/17 第13回個人向けマネックス債 3ヶ月 1.00%
2008/11/12 第14回個人向けマネックス債 3ヶ月 1.00%
2009/1/8 第15回個人向けマネックス債 3ヶ月 1.00%
2009/3/9 第16回個人向けマネックス債 3ヶ月 1.00%
2009/3/9 第17回個人向けマネックス債 6ヶ月 1.10%
2009/6/1 第18回個人向けマネックス債 3ヶ月 1.00%
2009/6/1 第19回個人向けマネックス債 6ヶ月 1.10%
2009/7/22 第20回個人向けマネックス債 6ヶ月 1.10%
2009/9/16 第21回個人向けマネックス債 1年 1.20%
2009/12/21 第22回個人向けマネックス債 1年 1.20%
2010/2/9 第23回個人向けマネックス債 1年 1.20%
2010/7/5 第24回個人向けマネックス債 1年 1.10%
2013/3/26 第25回個人向けマネックス債 1年 1.00%
2013/3/26 第26回個人向けマネックス債 1年 1.00%
2013/4/17 第27回個人向けマネックス債 6ヶ月 0.70%
2013/6/18 第28回個人向けマネックス債 6ヶ月 0.70%
2013/7/19 第29回個人向けマネックス債 3年 1.30%
2013/10/17 第30回個人向けマネックス債 5年 1.50%
2013/11/11 第31回個人向けマネックス債 5年 1.50%
2013/12/18 第32回個人向けマネックス債 5年 1.50%
2016/5/19 第33回個人向けマネックス債 1年 0.60%
2017/6/20 第34回個人向けマネックス債 6か月 0.30%
2017/8/15 第35回個人向けマネックス債 夏祭り(気温参照型クーポン付円建社債) 1年 0.10%~0.80%

マネックスファイナンス円建て社債※7

発行日 名称 償還期間 利率
2018/1/9 マネックスグループ株式会社保証付
マネックスファイナンス株式会社2018年7月9日満期円建社債
6か月 0.20%
2018/7/26 マネックスグループ株式会社保証付
マネックスファイナンス株式会社2019年7月26日満期円建社債
1年 0.35%
2018/7/26 マネックスグループ株式会社保証付
マネックスファイナンス株式会社2021年7月26日満期円建社債
3年 0.58%

マネックス債は次回のマネックス債の募集について、Webサイトで予告を行うことがあります。

第34回個人向けマネックス債や次回のマネックス債の情報について知りたい方は、Webサイトにて最新の情報も確認するようにしましょう。

マネックス債の申し込み方法

マネックス債の購入はマネックス証券でのみ可能です。

マネックス債は不定期での販売となるので、事前にマネックス証券の口座を開設しておくと良いでしょう。

申し込み方法は、申込受付期間中にマネックス証券の債券カテゴリから外国債券を選択することで注文が可能です。

マネックス債は円建てですが、区分上は外国債券で購入するということを覚えておきましょう。

まとめ

銀行預金の金利が低くなっている中で、比較的低リスクで高い金利を受け取ることができるマネックス債は、投資家に人気の金融商品です。

マネックス債を購入したい方は公式Webサイトにて最新の情報をこまめに確認しましょう。


※1:「個人向けマネックス債」販売開始
※2:みずほ銀行三菱UFJ銀行三井住友銀行
※3:マネックスグループ連結決算推移
※4:トヨタ連結決算推移
※5:野村ホールディングス連結決算推移
※6:マネックスグループ格付け
※7:債券 取扱履歴/マネックス証券

【PR】証券口座を開設するならネット証券が便利?

株式投資や投資信託など投資を始めるには、証券会社で口座開設が必要です。

ただ証券会社の口座開設は非常に手間がかかります。

ネット証券なら、仕事が終わった夜でも手続きができて、オンライン上で完結できるので便利です。

そんなネット証券の中でも、SBI証券は業界低水準の取引手数料が設定されているほか、外国株、IPO銘柄、ロボアドバイザーなどのサービスが豊富に用意されており、一つの口座で様々な投資が可能になるのが特徴です。

また口座開設数は430万を超えており、多くの方々に利用されている実績があります。※1

新規口座開設キャンペーンを実施中のこの機会に口座開設してみてはいかがでしょうか。

※1:2018年10月末時点

【PR】Tポイント×スマホで株式投資ができる新サービスが登場!

SBIネオモバイル証券 口座開設

ついにTポイントで株式投資ができる新サービス「ネオモバ」が登場しました。

「ネオモバ」は1Tポイント=1円で株が買えるほか、1株から購入可能、月額220円で取引し放題※1、スマホ完結でこれまでにない新しい投資体験を提供しています。

その他にも、IPO投資、ロボアドバイザー、iDecoなど充実した商品を取り揃えており、サービス開始から約11ヶ月で約30万口座を達成、約3億8,000万Tポイントが株式投資に使用されています。※2

Tポイントを使って株式投資ができる「ネオモバ」の利用をこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。

※1:1ヵ月の約定代金合計額が50万円以下の場合
※2:2020年3月27日時点