>>
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドとは?メリット・デメリット、実績と評判を解説
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドとは?その特徴やメリット・デメリット、実績と評判も合わせて解説

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドとは?メリット・デメリット、実績と評判を解説

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドはセゾン投信が運用・販売している投資信託で、2007年の運用開始以降、多くの投資家から購入されています。

今回はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドのメリット・デメリットから、その実績や評判について解説します。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドとは

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、世界中に分散投資が可能なインデックス型投資信託です。

世界でも最大規模を誇る運用会社であるバンガードが運用する8本の投資信託を対象にしているのが特徴です。

※インデックス型投資信託とは・・・ダウ平均株価や日経平均株価などの特定の指数と連動するような運用を目指す投資信託。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの基本情報

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの基本情報は以下の通りです。

設定日 2007年3月15日
購入単位 1口単位(販売会社によっては1円単位)
信託報酬 年0.68%±0.03%(税込)
購入時手数料 なし
為替ヘッジ 原則として行わない
分配金 毎年12月10日
償還日 無期限

※2018年6月5日時点

設定日は2007年3月15日ですが、設定日以来、分配金が出たことはありません。

また、世界中への投資になるため為替リスクが生じますが、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは原則として為替ヘッジは行わないことになっています。

またセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、ノーロードファンドという購入手数料が無料の投資信託ですが、解約時には信託財産留保額が「換金申込受付日の翌々営業日の基準価額に0.1%の率を乗じた額」かかることに注意が必要です。

セゾン投信とは

「セゾン投信」は2006年6月に設立された企業で、現在は投資信託の運用と販売を行なっています。

セゾン投信が運用・販売しているファンドは「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と「セゾン資産形成の達人ファンド」の2つの商品のみです。ともに国際的な分散投資を手軽に行えることが特徴です。

ファンド・オブ・ファンズの仕組み

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドはファンド・オブ・ファンズという仕組みの投資信託です。

ファンド・オブ・ファンズとは、「投資信託に投資をする投資信託」を意味しています。

投資信託自体が、その運用方法として株式や債券など、様々な有価証券へ分散投資を行なっているので、投資信託に投資をする「ファンド・オブ・ファンズ」は、分散投資をさらに分散投資させることでリスク分散ができるというメリットがあります。

一方、投資信託に投資をするため運用報酬が二重に掛かってしまうことやファンドの実質的な投資先が分かりづらいことがデメリットとして挙げられます。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの場合は、世界各国の株式投資信託と債券投資信託におおむね50:50の比率で投資を行なっています。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの特徴・メリット

ノーロードのインデックス型投資信託

ノーロードの投資信託とは、販売手数料(買い付け手数料)がかからない投資信託です。

投資信託を購入する場合は販売会社である銀行や証券会社をを経由することが多いため、販売会社への手数料がかかることが大半です。

しかしながらセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、運用・販売しているセゾン投信で口座開設を行ない、購入することで、販売手数料が無料で購入可能というメリットがあります。

月5,000円からの定期積立が可能

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、2018年8月時点でセゾン投信とゆうちょ銀行、楽天銀行でのみ買い付けが可能です。

このうち、セゾン投信とゆうちょ銀行では、「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの毎月定期積立」での買い付けができます。

この場合、毎月一定金額を銀行から引き落とし、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを自動的に買い付けるという方法で投資をすることになります。

定期積立の最低金額は月5,000円から、1,000円単位で設定することが可能です。

資産配分率のバランス

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、このファンド1本で世界30か国以上の株式と10か国以上の債券に分散投資することができるというメリットがあります。

投資対象のファンドの資産配分率は株式:債券=50:50を基準として、各国の株式や債券市場の時価総額を勘案して適時見直しを行なっています。

NISA・つみたてNISAにも対応

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、その投信の買い付けが可能なセゾン投信、ゆうちょ銀行ともに、「NISA」や「つみたてNISA」で購入することも可能です。

また、通常のスポット買いだけではなく、定期積立についてもNISAやつみたてNISAが利用できます。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドのデメリット

ここからはセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドのデメリットについて解説します。

為替リスク

通常、外国の債券や株式に投資をする投資信託では、投資先の国の法定通貨で投資を行います。

この場合、投資信託の価格を基準価額として円転換する際に、為替の変動により損失を被る場合があります。

このように、為替の変動により損失を被る可能性があることを「為替リスク」と呼びます。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは「為替ヘッジなし」ですので、為替リスクがあります。

ただし、「為替ヘッジあり」の投資信託は、為替ヘッジを行うのでその分手数料が割高となったり、為替の変動による利益を得る可能性が低くなるというデメリットもあります。

手数料が比較的高い

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、買い付け手数料は無料ですが、解約時に「信託財産留保額」という手数料がかかります。

また、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドはファンド・オブ・ファンズであるため、信託報酬を二重に支払っていることになります。

そのため、信託報酬も「純資産総額×年0.4968%(税抜 年0.46%)」と、比較的割高となっています。※2018年8月時点

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの実績

続いて、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの基準価額の推移や純資産額の推移、また運用レポートについて紹介します(ファンド設定来)。

まず、現在の基準価額と純資産額、ファンド設定来の基準価額の推移は以下の通りです。

基準価額 純資産額
14,339円 159,852百万円

※2018年6月5日現在

基準価額の騰落率 1ヶ月 6ヶ月 1年 3年 設定来
-0.84% -2.86% +3.88% +0.35% +41.17%

※2018年5月31日現在

直近で見ると、基準価額は下落していますが、設定来で見ると41.17%の上昇をしていることが分かります。

また、運用レポートは「詳細版」と「要約版」の2種類が毎月発行されており、「先月の世界各国の市場動向はどのようなものだったのか」「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの基準価額にはどのような影響を与えたのか」という解説に加えて、ファンド資産比率や、これまでの基準価額と純資産総額の推移などが記載されています。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの評判

ここでは、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの評判や、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを運用しているセゾン投信の情報について紹介します。

全国でセミナーが開催されている

セゾン投信はセゾン投信の理念・運用哲学を社長の中野が自ら伝えるセミナーや、セゾン投信の社員が講師となり、投資信託の基本を一から学ぶ勉強会などを定期的に開催しています。

東京だけではなく、北海道から沖縄まで全国各地で毎月実施されています。

セミナーでは「どのファンドを選んだらいいの?そんな悩みを解決するための勉強会」や「いちから学ぶ!投資信託仕組み口座」など、初心者向けのテーマのものが多く見られます。

また、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドについて解説した動画や、投資の基本について解説したセミナー動画もセゾン投信のWebサイトにて視聴できます。

メディア掲載実績や受賞歴が多数ある

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは過去にメディアに掲載されたり、いくつかの賞を受賞した実績があります。

例えば、2017年4月4日の日経新聞夕刊には「【年一回分配】投信が伸びる」という題材でセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドが紹介されました。

また、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」にも、複数回上位入賞しています。

ブログや動画、出版など社長の顔や考えが伝わりやすい

セゾン投信の社長である中野晴啓氏は、アメーバブログで「積立王子のブログ」というブログを運営しています。

また、セゾン投信のWebサイトでは、社長自ら顔出しをして動画を配信しています。

他にも、「運用のプロが教える草食系投資」などの著書の出版も複数しているので、社長の考え方が投資家にも分かりやすいようになっています。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの購入方法

最後に、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの購入方法や、購入する際の注意点を解説します。

セゾン投信のWebサイトから口座開設が必要

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドをNISAや特定口座を利用して購入できるのはセゾン投信かゆうちょ銀行だけです。

いずれの場合も、購入する際は口座開設が必要です。

セゾン投信で口座を開設する際は、Webサイトから申し込みを行うことができます。

口座開設の申し込みを行うと、自宅宛てに口座開設申込書が発送されます。申込書には、本人確認書類とマインナンバーのコピーを添付して返送する必要があります。

なお書類請求の申し込みから口座開設完了まで、おおむね2~3週間ほどかかります。

楽天証券のiDeCoから購入も可能

セゾン投信とゆうちょ銀行のほかに、iDeCoを利用すれば楽天銀行でもセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを購入することが可能です。

楽天銀行のiDeCoを利用してセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを購入する場合も、楽天銀行にてiDeCoの申し込みをする必要があります。

まとめ

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは世界中に分散投資ができる投資信託です。

ファンド・オブ・ファンズなので、分散投資によるリスク軽減やノーロードというメリットの反面、信託報酬が余分にかかったり為替リスクがあったりとデメリットも存在します。

購入を希望する方は、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドについて注意点なども含め、比較検討しましょう。

【PR】証券口座を開設するならネット証券が便利?

株式投資や投資信託など投資を始めるには、証券会社で口座開設が必要です。

ただ証券会社の口座開設は非常に手間がかかります。

ネット証券なら、仕事が終わった夜でも手続きができて、オンライン上で完結できるので便利です。

そんなネット証券の中でも、SBI証券は業界低水準の取引手数料が設定されているほか、外国株、IPO銘柄、ロボアドバイザーなどのサービスが豊富に用意されており、一つの口座で様々な投資が可能になるのが特徴です。

また口座開設数は430万を超えており、多くの方々に利用されている実績があります。※1

新規口座開設キャンペーンを実施中のこの機会に口座開設してみてはいかがでしょうか。

※1:2018年10月末時点

【PR】Tポイント×スマホで株式投資ができる新サービスが登場!

SBIネオモバイル証券 口座開設

ついにTポイントで株式投資ができる新サービス「ネオモバ」が登場しました。

「ネオモバ」は1Tポイント=1円で株が買えるほか、1株から購入可能、月額220円で取引し放題※1、スマホ完結でこれまでにない新しい投資体験を提供しています。

その他にも、IPO投資、ロボアドバイザー、iDecoなど充実した商品を取り揃えており、サービス開始から約11ヶ月で約30万口座を達成、約3億8,000万Tポイントが株式投資に使用されています。※2

Tポイントを使って株式投資ができる「ネオモバ」の利用をこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。

※1:1ヵ月の約定代金合計額が50万円以下の場合
※2:2020年3月27日時点