>>
【2018年版】定期預金におすすめのネット銀行を比較。金利や特徴も
定期預金におすすめの銀行は?金利や特徴で比較

【2018年版】定期預金におすすめのネット銀行を比較。金利や特徴も

定期預金を行おうとした時、とりわけ初心者に立ちはだかる壁が銀行選びでしょう。

金利や手軽さ、定期預金の条件などは銀行によって異なるため、はじめに比較検討が必要となります。

金利が比較的高い傾向にあり、インターネットで手続きの多くが完了する手軽さから、ネット銀行を利用する方も少なくありません。

そこで今回は、8つのネット銀行+12つのネット支店銀行をピックアップし、それぞれの金利や特徴を比較しながら解説します。(2018年11月5日時点)

各ネット銀行の定期預金を比較

定期預金の金利は各ネット銀行によって異なっていますが、各銀行を1つずつ比較するには時間がかかってしまいます。

そこで今回は、代表的な8つのネット銀行+12つのネット支店銀行の定期預金の金利を比較しました。比較した金融機関は以下の通りです。

※各情報は各銀行のWebサイトの情報に基づいています。最新の数字は各銀行の公式サイトをご確認ください。
※1〜20(マネーの手帳調べ、税引前、※定期預金の1ヶ月金利順、1年金利順)

ネット銀行

  • 大和ネクスト銀行
  • じぶん銀行
  • 楽天銀行
  • GMOあおぞらネット銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ジャパンネット銀行
  • ソニー銀行
  • オリックス銀行

ネット支店銀行

  • あおぞら銀行インターネット支店
  • SBJ銀行
  • 静岡銀行インターネット支店
  • 野村信託銀行
  • 東京スター銀行
  • 関西アーバン銀行いちょう並木支店
  • イオン銀行
  • スルガ銀行ANA支店
  • ローソン銀行
  • セブン銀行
  • 香川銀行セルフうどん支店
  • 新生銀行

以降、それぞれの定期預金の金利や特徴について解説します。

1ヶ月 6ヶ月 1年 3年 5年
大和ネクスト銀行 0.08% 0.10% 0.10% 0.10% 0.10%
じぶん銀行 0.03% 0.03% 0.05% 0.03% 0.03%
楽天銀行※a 0.02% 0.02% 0.12% 0.03% 0.04%
GMOあおぞらネット銀行 0.02% 0.03% 0.05% 0.02% 0.02%
住信SBIネット銀行 0.02% 0.02% 0.02% 0.02% 0.02%
ジャパンネット銀行 0.02% 0.02% 0.02% 0.02% 0.02%
ソニー銀行 0.01% 0.05% 0.05% 0.02% 0.02%
オリックス銀行※b 0.08% 0.10% 0.15% 0.15%

※a:6ヶ月はキャンペーン適応時(2018年11月19日まで)
※b:eダイレクト預金_100万円以上

大和ネクスト銀行

通常金利 プレミアシルバー プレミアゴールド プレミアプラチナ
1ヶ月 0.08% 0.08% 0.08% 0.08%
3ヶ月 0.10% 0.10% 0.10% 0.10%
6ヶ月 0.10% 0.10% 0.10% 0.10%
1年 0.10% 0.10% 0.10% 0.10%
2年 0.10% 0.10% 0.10% 0.10%
3年 0.10% 0.10% 0.10% 0.10%
5年 0.10% 0.10% 0.10% 0.10%

大和ネクスト銀行の定期預金の金利の特徴をまとめると以下の通りです。

  • 全期間を通して金利が高く、ほぼ変わりがない
  • 最低預入金額:10万円
  • 預入期間の選択肢が多い
  • 最高金利:0.100%、最低金利:0.080%
  • 3ヶ月以上で金利が0.100%

大和ネクスト銀行は、預入期間による差が少なく、全体的に金利が比較的高いことが特徴でしょう。預入期間1ヶ月の定期預金でも金利は0.080%です。

また、大和証券の口座も開設している場合は、大和ネクスト銀行と大和証券の預かり資産の合計金額を基準として、該当するステージの優遇を受けることができます。

じぶん銀行

1ヶ月 0.03%
3ヶ月 0.5%※
6ヶ月 0.03%
1年 0.05%
2年 0.03%
3年 0.03%
5年 0.03%

じぶん銀行の定期預金の特徴は以下の通りです。
※:3ヶ月はデビュー応援キャンペーン適応時(2019年4月1日時点)

  • 需要の高い期間の金利が高く設定されている
  • キャンペーンや様々なプランがある

じぶん銀行は、JRA馬券付き定期預金やBIG付き定期預金といった、他のネット銀行では見られない定期預金のプランを展開しているのが特徴です。

JRA馬券付き定期預金とは、預入期間6ヶ月で金利は0.010%と高くはありませんが、預入金額50万円ごとに額面金額100円の馬券を受け取ることができるものです。

BIG付き定期預金は、預入期間1年で金利は0.10%(2018年6月17日まで)と高く、預入金額100万円ごとにBIGを1口受け取ることができます。

楽天銀行

1,000円以上100万円未満 100万円以上1,000万円未満 1,000万円以上
1ヶ月 0.02% 0.02% 0.02%
3ヶ月 0.02% 0.02% 0.02%
6ヶ月 0.02% 0.02% 0.02%
1年 0.12% 0.12% 0.12%
2年 0.03% 0.03% 0.03%
3年 0.03% 0.03% 0.03%
5年 0.04% 0.04% 0.04%
7年 0.04% 0.04% 0.04%
10年 0.04% 0.04% 0.04%

楽天銀行の定期預金は以下の特徴があります。

  • 最低預入金額:1,000円
  • 預入期間の選択肢が多い
  • 最高金利:0.12%、最低金利:0.02%

楽天銀行は、1ヶ月以外にも7日や14日など比較的短い定期預金も可能です。

また、自分名義の他行の口座からの振込で定期預金を行った場合には、預入期間1ヵ月の金利が0.21%に上乗せされる点や、満期特約定期預金を活用することでさらに金利が高くなる点など、キャンペーンやサービスが充実しています。

GMOあおぞらネット銀行

1ヶ月 0.02%
3ヶ月 0.02%
6ヶ月 0.03%
1年 0.05%
2年 0.02%
3年 0.02%
5年 0.02%

GMOあおぞらネット銀行の定期預金の金利の特徴は以下の通りです。

  • 最低預入金額:1,000円
  • 最高金利:0.05%、最低金利:0.02%

GMOあおぞらネット銀行は2018年7月からスタートした新しいネット銀行で、最低預け入れ金額1,000円から少額で定期預金を開始することができます。

住信SBIネット銀行

100万円未満 100万円以上 300万円以上 1,000万円以上 3,000万円以上
1ヶ月 0.02% 0.02% 0.02% 0.02% 0.02%
2ヵ月 0.02% 0.02% 0.02% 0.02% 0.02%
3ヶ月 0.02% 0.02% 0.02% 0.02% 0.02%
6ヶ月 0.02% 0.02% 0.02% 0.02% 0.02%
1年 0.02% 0.02% 0.02% 0.02% 0.02%
2年 0.02% 0.02% 0.02% 0.02% 0.02%
3年 0.02% 0.02% 0.02% 0.02% 0.02%
4年 0.02% 0.02% 0.02% 0.02% 0.02%
5年 0.02% 0.02% 0.02% 0.02% 0.02%

住信SBIネット銀行の定期預金の金利の特徴をまとめると以下の通りです。

  • 全期間を通して金利が一緒
  • 最低預入金額:1,000円
  • 預入期間の選択肢が多い
  • 最高金利:0.020%、最低金利:0.020%

住信SBIネット銀行の定期預金金利は他のネット銀行と比較して、低い傾向にあります。

しかし、定期的にキャンペーンを開催していることに加え、最低預入金額が1,000円と始めやすいという特徴があるため、キャンペーン内容によっては開設も検討しやすいでしょう。

ジャパンネット銀行

100万円未満 100万円以上
1ヶ月 0.02% 0.02%
3ヶ月 0.02% 0.02%
6ヶ月 0.02% 0.02%
1年 0.02% 0.02%
2年 0.02% 0.02%
3年 0.02% 0.02%
5年 0.02% 0.02%
7年 0.02% 0.02%
10年 0.03% 0.03%

ジャパンネット銀行の定期預金の金利の特徴をまとめると以下の通りです。

  • 全期間を通して金利がほぼ一緒
  • 最低預入金額:1万円
  • 預入期間の選択肢が多い
  • 最高金利:0.030%、最低金利:0.020%
  • 10年で金利が0.030%

ジャパンネット銀行の定期預金は全体的に金利が低いです。ただし、ジャパンネット銀行はキャッシュカードとデビットカードが一体になっていたり、海外ATMで現地通貨を直接引き出すことができるなどの特徴があります。

ソニー銀行

1万円以上100万円未満 100万円以上300万円未満 300万円以上1000万円未満 1,000万円以上
1ヶ月 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
3ヶ月 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
6ヶ月 0.05% 0.05% 0.05% 0.05%
1年 0.05% 0.05% 0.05% 0.05%
2年 0.02% 0.02% 0.02% 0.02%
3年 0.02% 0.02% 0.02% 0.02%
5年 0.02% 0.02% 0.02% 0.02%
7年 0.02% 0.02% 0.02% 0.02%
10年 0.02% 0.02% 0.02% 0.02%

ソニー銀行の定期預金における特徴は以下の通りです。

  • 最低預入金額:1万円
  • 預入期間の選択肢が多い
  • 最高金利:0.050%、最低金利:0.010%
  • 6ヶ月と1年で金利が0.050%

定期預金で比較的金利を高くしようとすると、預入期間の長いものであることが多いため、始めにくいと感じる方も少なくないでしょう。

そんな中でソニー銀行の定期預金は、預入期間の短くとも、比較的金利が高く設定されているものがあります。例えば6ヶ月の定期預金は0.05%と、比較的高い水準にあります。

オリックス銀行

スーパー定期(100万円以上)
6ヶ月 0.08%
1年 0.10%
2年 0.10%
3年 0.15%
5年 0.15%
  • 最低預入金額:100万円
  • 最高金利:0.15%、最低金利:0.08%
  • 10年で金利が0.030%

オリックス銀行はスーパー定期、スーパー定期300、大口定期の3つの円定期預金が用意されており、最低100万円から円定期預金を始めることができます。

また2週間定期預金も用意されており、最低50万円から0.05%の金利が設定されているのが特徴です。

各ネット銀行(店舗あり)の定期預金を比較

1ヶ月 6ヶ月 1年 3年 5年
あおぞら銀行インターネット支店 0.15% 0.20% 0.15% 0.15%
SBJ銀行※c 0.05% 0.05% 0.15% 0.20% 0.25%
静岡銀行インターネット支店※d 0.11% 0.11% 0.11% 0.11% 0.11%
野村信託銀行 0.05% 0.06% 0.10% 0.10%
東京スター銀行※e 0.025% 0.025% 0.10% 0.025% 0.025%
関西アーバン銀行いちょう並木支店 0.09% 0.09% 0.09%
イオン銀行 0.02% 0.04% 0.05% 0.10% 0.10%
スルガ銀行ANA支店※f 0.05%
ローソン銀行 0.03% 0.03% 0.03% 0.03% 0.03%
セブン銀行 0.015% 0.015% 0.02% 0.09% 0.09%
香川銀行セルフうどん支店 0.02% 0.02% 0.02%
新生銀行※g 0.01% 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%

※c:3年はサンキューキャンペーン適応時(2018年12月28日まで)
※d:スーパー定期
※e:1年はスターワン円定期預金プラス適応時
※f:マイル付き定期預金の場合
※g:パワーダイレクト円定期預金

あおぞら銀行インターネット支店

50万円以上300万円未満 300万円以上1,000万円未満 1,000万円以上
6ヶ月 0.15% 0.15% 0.15%
1年 0.20% 0.20% 0.20%
3年 0.15% 0.15% 0.15%
5年 0.15% 0.15% 0.15%

あおぞら銀行インターネット支店は、ネット支店銀行の中で比較的定期預金金利が高いことに加え、Visaデビット一体型キャッシュカードの還元率が最大1%に設定されているなどの特徴があります。

SBJ銀行

1週間 0.10%
1ヶ月 0.05%
3ヶ月 0.05%
6ヶ月 0.05%
1年 0.15%
2年 0.20%
3年 0.20%
5年 0.25%

SBJ銀行は3年や5年の定期預金金利が比較的高いことやセブン銀行、イオン銀行のATM出金手数料が無料など利便性も高いのが特徴です。

イオン銀行

スーパー定期
300万円未満
スーパー定期300
300万円以上
大口定期
3,000万円未満
大口定期
3,000万円以上
1ヶ月 0.02% 0.02% 0.02% 0.02%
3ヶ月 0.03% 0.03% 0.03% 0.03%
6ヶ月 0.04% 0.04% 0.04% 0.04%
1年 0.05% 0.05% 0.05% 0.05%
2年 0.05% 0.05% 0.05% 0.05%
3年 0.10% 0.10% 0.10% 0.10%
4年 0.10% 0.10% 0.10% 0.10%
5年 0.10% 0.10% 0.10% 0.10%

イオン銀行の定期預金の金利の特徴をまとめると以下の通りです。

  • 定期の期間が長くなればなるほど金利が優遇されている
  • 最低預入金額:1万円
  • 預入期間の選択肢が多い
  • 最高金利:0.10%、最低金利:0.020%
  • 3年以上で金利が0.10%

預入期間がある程度の長さになると、金利を一定にしている銀行が多い中で、イオン銀行は預入期間が長くなれば長くなるほど金利が高くなっていく点が特徴です。

他の銀行と比較しても全体的な金利の水準は高いと言えます。

また、定期的にキャンペーンを行っており、例えば2018年7月31日までは投資信託とセットで総額50万円以上を申し込むと、3ヶ月もの定期預金の金利が最大7%になる「しっかり運用セットNEO」というものがあります。

スルガ銀行ANA支店

マイル付き定期預金(1年)
300万円未満 0.05%
300万円以上 0.05%
スペシャルギフト付き定期預金(1年)
300万円未満 0.11%
300万円以上 0.11%
ジャンボ宝くじ付き定期預金(3年)
100万円 0.01%
300万円 0.01%
600万円 0.01%
900万円 0.01%

スルガ銀行ANA支店の定期預金の金利の特徴をまとめると以下の通りです。

  • 最高金利:0.110%、最低金利:0.010%
  • 様々な定期預金のプランがある

スルガ銀行ANA支店は、通常の定期預金ではなく、マイル付き定期預金やスペシャルギフト付き定期預金、ジャンボ宝くじ付き定期預金といった特徴的な定期預金のプランを展開しているのが特徴です。

マイル付き定期預金とは、満期日の翌月の15日に60マイル受け取ることができる定期預金です。(預入金額10万円ごと)

スペシャルギフト付き定期預金は、預入金額10万円を1口とした抽選権を毎月受け取ることができ、毎月1回の抽選でANA旅行券やANAマイレージが当たります。

最後に、ジャンボ宝くじ付き定期預金は、預入金額に合わせてジャンボ宝くじを年3回受け取ることができます。(受け取れる枚数は預入金額によって異なる)

預入金額100万円の場合のみ年2回の受け取りになりますが、1年あたり10枚を受け取れ、3年間で合計30枚の宝くじを受け取ることができます。

定期預金をする銀行のおすすめの選び方

各銀行を比較してみると、同じネット銀行でも金利やサービス内容に違いがありました。以降、定期預金をする際の銀行の選び方を紹介します。

金利の高さ

今回比較したネットバンクでも、最低金利が0.01%、最高金利が0.2%と大きな違いがあったように、各銀行で異なることが多く、重要なのが、金利の高さです。

100万円預けていたとすると、最低金利で100円、最高金利で2,000円と大きな差が生じるため、金利の高さは定期預金を行う銀行のおすすめの選び方です。

利便性

ネット銀行によって、管理画面などの使いやすさは異なります。

金利などには直接関係ありませんが、利便性が低いと、その銀行のサービスを使いたくなくなるという方も中にはいるでしょう。

口座開設を検討している場合は、こうした使いやすさが自分に合っているかという点も含めて検討しましょう。

お得な特典や特徴

銀行によっては、初めて口座開設した人や他の口座から資金を移した人に対する金利上乗せキャンペーンのほか、馬券付き、BIG付き、ジャンボ宝くじ付きの定期預金など、様々な特典があります。

期間限定で金利上乗せキャンペーンなどを行っている場合もあるため、キャンペーン情報なども確認しておくと良いでしょう。

まとめ

ネット銀行は、店舗を構えていないことでコストを抑えることができる分、比較的金利が高い傾向がある点が魅力と言えるでしょう。

金利の高さ・利便性・キャンペーンや特典などを総合的に判断して、自分の理想に合った銀行を選ぶようにしましょう。


※1:GMOあおぞらネット銀行、金利
※2:じぶん銀行、円定期預金
※3:楽天銀行、預金金利
※4:オリックス銀行、eダイレクト預金
※5:大和ネクスト銀行、円定期預金
※6:ソニー銀行、円預金
※7:住信SBIネット銀行、円定期預金
※8:ジャパンネット銀行、円預金金利
※9:あおぞらネット銀行インターネット支店、金利一覧
※10:SBJ銀行、預金金利
※11:静岡銀行インターネット支店、円貨定期預金
※12:野村信託銀行、定期預金
※13:東京スター銀行、円定期預金
※14:関西アーバン銀行いちょう並木支店、定期預金
※15:イオン銀行、預金金利
※16:スルガ銀行ANA支店、円預金金利
※17:ローソン銀行、スーパー定期
※18:セブン銀行、金利一覧
※19:香川銀行セルフうどん支店、定期預金
※20:新生銀行、円定期預金

初心者でも取り組みやすい!
安定的で手間のかからない投資始めませんか?
投資をしたら満期まで待つだけ
貸付ファンドのオンラインマーケット「Funds」では、上場企業や注目のベンチャー企業が組成するファンドに予定利回り1.5%〜6%*で投資いただけます。
投資をしたら運用期間中の手間はほとんどかからず、相場による価格変動がないため値動きを見る必要はありません。
*年率、税引前
1円単位で投資できる
Fundsの投資単位は1円。気軽に効率よく、資産運用を始めることができます。