>>
【2019年最新版】おすすめのネットバンクを比較!金利やお得なポイントを紹介
おすすめのネットバンクを比較!金利やお得なポイントを紹介

【2019年最新版】おすすめのネットバンクを比較!金利やお得なポイントを紹介

ネットバンクには預金の種類や期間によって金利がそれぞれ異なり、特典内容も様々です。こうした情報は実際にネットバンクを利用する前に把握しておくべきでしょう。

今回はネットバンクのおすすめの選び方を解説しながら、金利や特徴別に主要な11社のネットバンクを比較します。(2019年、マネーの手帳調べ)

ネットバンクのメリット

ネットバンクを選ぶ際の利点は、金利の高さと手数料の低さです。

実店舗を持っている銀行は、不動産にかかる費用や窓口対応を行う人件費など、運営にあたりネットバンクよりも多くの費用がかかりがちです。

一方、ネットバンクは店舗を持たないため、コストを抑えることができます。抑えたコストを各種金利や手数料に反映することができ、利便性を高めることができるのです。

特にATMでの入出金は頻繁に行いやすいため、引出手数料や振込手数料は重要となるでしょう。

今回は以下の通り、代表的な11つのネット銀行を比較しました。※普通預金の金利順、条件付き含む

  • 楽天銀行
  • SBJ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 大和ネクスト銀行
  • スルガ銀行ANA支店
  • イオン銀行
  • GMOあおぞらネット銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ソニー銀行
  • じぶん銀行
  • オリックス銀行

※各情報は各銀行のWebサイトの情報に基づいています。
※1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、11(マネーの手帳調べ、2019年5月22日時点、税引前)

ネットバンクの選び方

各種金利

店舗を抱えている銀行と比べて金利などがお得な傾向を持つネットバンクですが、ネットバンクによっても預金金利は異なります。

また、同じネットバンク内でも、普通預金・定期預金・外貨預金などの預金種類によって金利は様々です。

自身が行う預金種類に合わせて、ネット銀行を選ぶのがおすすめです。

使いやすさ

ネットバンクの魅力の一つは、スマートフォンで入出金や振込がしやすい点でしょう。スマートフォンを頻繁に使用する方にとっては、各手続きの利便性も重要な項目です。

これを確認するためには、実際にWebサイトに訪れ、自分の得たい情報にアクセスしてみながら、操作にストレスがかからないかどうか確認すると良いでしょう。

また、ネットバンクによってはスマートフォンアプリを提供しているところもあるので、こうした点もチェックしましょう。

お得な特典

ネットバンク各社は、ポイント付与やキャッシュバックなど、独自の特典を提供していることも多々あります。

特定の投資を行うと手数料や金利などの特典が得られるものや、口座開設を行うだけで特典をもらえるものなどがあります。

こうした特典は時期によっても実施内容が異なるため、口座開設を行う前に、検討しているネットバンクで実施状況を確認すると良いでしょう。

普通預金金利でネットバンクを比較

まずは普通預金の金利差をネットバンクごとに紹介します。

GMOあおぞらネット銀行、イオン銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行は条件によって優遇金利を受けることが可能です。

銀行名 普通預金金利 普通預金金利※条件付き 備考
楽天銀行 0.020% 0.100% ※マネーブリッジ適応時
SBJ銀行 0.020%
ジャパンネット銀行 0.010% 0.015% ※100万円以上
大和ネクスト銀行 0.005%
スルガ銀行ANA支店 0.002%
イオン銀行 0.001% 0.150% ※プラチナ適応時
GMOあおぞらネット銀行 0.001% 0.110% ※証券コネクト口座適応時
住信SBIネット銀行 0.001% 0.010% ※SBIハイブリッド預金適応時
ソニー銀行 0.001%
じぶん銀行 0.001%
オリックス銀行

定期預金金利でネットバンクを比較

続いて、定期預金の金利差をまとめました。※3ヶ月金利順

銀行名 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1年 2年 3年 5年
大和ネクスト銀行 0.08% 0.10% 0.10% 0.10% 0.10% 0.10% 0.10%
SBJ銀行※a 0.05% 0.05% 0.05% 0.15% 0.20% 0.20% 0.25%
じぶん銀行 0.03% 0.04% 0.03% 0.05% 0.03% 0.03% 0.03%
GMOあおぞらネット銀行 0.02% 0.02% 0.03% 0.03% 0.02% 0.02% 0.02%
楽天銀行 0.02% 0.02% 0.02% 0.03% 0.03% 0.03% 0.04%
住信SBIネット銀行 0.02% 0.02% 0.02% 0.02% 0.02% 0.02% 0.02%
イオン銀行※b 0.02% 0.02% 0.02% 0.02% 0.02% 0.02% 0.02%
ジャパンネット銀行 0.02% 0.02% 0.02% 0.02% 0.02% 0.02% 0.02%
ソニー銀行※c 0.01% 0.01% 0.05% 0.05% 0.02% 0.02% 0.02%
オリックス銀行※d 0.15% 0.15% 0.20% 0.25% 0.30%
スルガ銀行ANA支店※e 0.05%

※a:3年はためま初夏!2019キャンペーン適応時(2019年7月19日まで)
※b:300万円未満
※c:100万円未満
※d:スーパー定期、100万円以上
※e:マイル付き定期預金の場合

キャンペーン時には一定期間の定期預金の金利が高くなりますが、期間が長ければ必ずしも金利が高いというわけではない点に注意しましょう。

加えて、スルガ銀行ANA支店はラインナップが少ない一方、マイル付き定期預金やスペシャルギフト付き定期預金といった他社にはないユニークな定期預金プランがあります。

定期預金を考える際は、上記のように金利以外のメリットが付くこともあります。

外貨預金金利でネットバンクを比較

次に外貨預金の普通・定期預金の金利差をまとめました。

ネットバンクによって取り扱う通貨の種類が異なるので、特に一般的ではない通貨の外貨預金を検討している方は注意しましょう。
※最新の数字は各銀行の公式サイトをご確認ください。

GMOあおぞらネット銀行

通貨 普通
米ドル 0.700%
豪ドル 0.500%
NZドル 0.500%
ユーロ 0.001%
英ポンド 0.300%
カナダドル 0.500%
スイスフラン 0.001%
南アフリカランド 3.000%

GMOあおぞらネット銀行では外貨普通預金はありますが、外貨定期預金は用意されていません。

イオン銀行

通貨 普通 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1年
米ドル 0.60% 1.40% 1.80% 1.90% 2.10%
豪ドル 0.45% 1.10% 1.10% 1.20% 1.50%
NZドル 0.45% 1.20% 1.40% 1.40% 1.50%

イオン銀行の取り扱い通貨は他のネットバンクに比べて少ないですが、預金額に応じて優遇金利を受けることが出来るなどのキャンペーンが行われていることがあります。

楽天銀行

通貨 普通 7日 14日 1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1年 2年
米ドル 0.01% 0.03% 0.03% 0.05% 0.05% 0.05% 0.05% 0.06% 0.11%
豪ドル 0.5% 1.0% 1.10% 1.2% 1.25% 1.3% 1.35% 1.4% 1.45%
NZドル 0.75% 1.0% 1.1% 1.2% 1.25% 1.3% 1.35% 1.4% 1.45%
ユーロ 0.01% 0.01% 0.01% 0.01% 0.01% 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
英ポンド 0.01% 0.01% 0.01% 0.01% 0.01% 0.01% 0.05% 0.1% 0.2%
南アランド 3.0% 2.0% 2.5% 3.0% 3.5% 4.0% 4.5% 5.0%
人民元 0.21% 0.5% 0.6% 0.66% 0.68% 0.72% 0.75% 1.0%
メキシコペソ 0.5%

楽天銀行は最短7日から外貨定期預金を組むことができ、期間に左右されない柔軟な運用ができるネットバンクです。

住信SBIネット銀行

通貨 普通 1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1年
米ドル 0.70% 1.50% 1.50% 2.00% 2.10% 2.30%
豪ドル 1.00% 1.50% 1.60% 1.70% 1.80% 2.00%
NZドル 1.00% 1.50% 1.80% 1.80% 1.80% 2.00%
ユーロ 0.001% 0.001% 0.001% 0.001% 0.001% 0.001%
英ポンド 0.30% 0.40% 0.40% 0.40% 0.40% 0.40%
カナダドル 0.80% 0.80% 0.80% 0.80% 1.20% 1.40%
スイスフラン 0.001% 0.001% 0.001% 0.001% 0.001% 0.001%
香港ドル 0.30% 0.90% 1.40% 1.80% 1.90%
南アランド 3.60% 5.00% 5.60% 5.70% 5.90% 6.00%

住信SBIネット銀行は取り扱い通貨が比較的多く、円普通預金からの預け入れで始めることで優遇を受けられるキャンペーンを行っていることもあります。

大和ネクスト銀行

通貨 普通 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1年 2年 3年
米ドル 0.25% 1.20% 1.40% 1.60% 1.80% 1.80% 2.00%
豪ドル 0.80% 1.50% 1.60% 1.60% 1.60%
NZドル 0.80% 1.60% 1.80% 1.80% 1.80%
ユーロ 0.01% 0.01%
英ポンド 0.03% 0.10% 0.20%
カナダドル 0.30% 0.40% 0.60%
香港ドル 0.20% 0.25% 0.40%
南アフリカランド 1.50% 3.00% 5.70% 5.00% 5.00%
シンガポールドル 0.30% 0.50% 0.80%
メキシコペソ 1.00% 2.50% 4.00%
トルコリラ 6.00% 14.0% 14.0% 14.0% 14.0%

大和ネクスト銀行は新興国通貨の取り扱いが多いのが特徴です。今回比較したネットバンクの中で唯一シンガポールドルとトルコリラの外貨定期預金を扱っています。

スルガ銀行ANA支店

通貨 普通 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1年
米ドル 0.01% 0.25% 0.55% 0.65% 0.70%
豪ドル 0.10% 0.10% 0.20% 0.25% 0.35%
NZドル 0.15% 0.15% 0.20% 0.25% 0.35%
ユーロ 0.001% 0.001% 0.001% 0.001% 0.001%
英ポンド 0.10% 0.10% 0.10% 0.10% 0.10%
カナダドル 0.10% 0.10% 0.10% 0.10% 0.10%

スルガ銀行ANA支店は、外貨定期預金を組むと自動的にマイル付きになったり、毎月為替レートに応じたマイルがもらえるなど、独特な特典を設けています。

ソニー銀行

通貨 普通 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1年 2年 3年
米ドル 0.60% 1.50% 1.80% 2.10% 2.20% 2.50% 2.50%
豪ドル 0.30% 1.05% 1.10% 1.25% 1.85%
NZドル 0.30% 0.95% 1.05% 1.15% 1.75%
ユーロ 0.001% 0.001% 0.001% 0.001% 0.001% 0.001% 0.001%
英ポンド 0.15% 0.25% 0.27% 0.28% 0.36%
カナダドル 0.75% 0.65% 0.75% 1.05% 1.35%
スイスフラン 0.001% 0.001% 0.001% 0.001% 0.001%
香港ドル 0.20% 0.60% 1.60% 1.85%
南アランド 1.50% 4.65% 4.85% 5.75%
ブラジルレアル 0.30% 2.50% 3.00%
人民元 0.20% 1.50% 2.20% 2.40%
SWEクローナ 0.001% 0.001% 0.001% 0.001%

ソニー銀行は今回比較したネットバンクの中で取り扱い通貨が多く、スウェーデンクローナの外貨定期預金を取り扱っている唯一のネットバンクです。

また、円普通預金からの預け入れ限定で優遇金利を受けることが出来ます。

じぶん銀行

通貨 普通 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1年
米ドル 0.20% 1.05% 1.45% 1.55% 1.80%
豪ドル 0.20% 1.10% 1.30% 1.40% 1.55%
NZドル 0.30% 1.65% 1.85% 2.05% 2.25%
ユーロ 0.002% 0.002% 0.002% 0.002% 0.002%
南アランド 2.25% 6.00% 6.20% 6.50% 7.00%
ブラジルレアル 0.20% 3.30% 3.80%
人民元 0.10% 1.00% 1.20% 1.40% 1.80%
ウォン 0.20%

じぶん銀行も円普通預金からの預け入れ限定で優遇金利を受けることが出来ます。また、今回比較したネットバンクの中で、ウォンの普通預金を取り扱っている唯一のネットバンクです。

ジャパンネット銀行

通貨 普通 1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1年
米ドル 0.50% 1.40% 1.40% 1.90% 2.00% 2.10%
豪ドル 0.30% 0.70% 0.70% 0.80% 0.90% 1.00%
NZドル 0.30% 0.50% 0.60% 0.70% 0.80% 0.85%
ユーロ 0.001% 0.001% 0.001% 0.001% 0.001% 0.001%
英ポンド 0.14% 0.25% 0.26% 0.27% 0.28% 0.36%
カナダドル 0.40% 0.70% 0.70% 0.75% 1.10% 1.30%
スイスフラン 0.001% 0.001% 0.001% 0.001% 0.001% 0.001%
香港ドル 0.001% 0.001% 0.001% 0.001% 0.001% 0.001%
南アランド 3.19%

ジャパンネット銀行は預入金額に応じて金利が変わります。上記は最低限の金利です。実際に外貨定期預金を組む際は、金利がいくらになるかWebサイトの情報もあわせて確認しましょう。

振込手数料でネットバンクを比較

次は同行・他行宛の振込手数料について比較します。

月間無料回数が定められているものや、特定の銀行宛であれば振込手数料無料というネットバンクもあります。

銀行名 同行振込手数料 他行振込手数料
(3万円未満)
他行振込手数料
(3万円以上)
住信SBIネット銀行※a 0円 154円 154円
GMOあおぞらネット銀行※b 0円 154円 154円
楽天銀行※c 0円 168円 258円
イオン銀行 0円 216円 216円
ソニー銀行※d 0円 216円 216円
大和ネクスト銀行※e 0円 216円 216円
ジャパンネット銀行※f 54円 172円 270円
じぶん銀行※g 0円 174円 278円
スルガ銀行ANA支店 0円 216円 432円
オリックス銀行※h 0円 324円 324円
SBJ銀行※i 0円 216円 216円

※a:同サービス内のランクに応じて、他行宛振込手数料が月間最大15回まで無料。
※b:月間1回まで他行宛振込手数料が無料。
※c:給与振込先に指定している場合、他行宛振込手数料が月間3回まで無料。
※d:月間2回まで他行宛振込手数料が無料。
※e:月間3回まで他行宛振込手数料が無料。
※f:円普通・定期預金の合計額が3,000万円以上の場合、他行宛振込手数料が月間5回まで無料。
※g:三菱UFJ銀行宛は無料。
※h:月間2回まで他行宛振込手数料が無料。
※i:月間7回まで他行宛振込手数料が無料。(一部他行除く)

ATM手数料でネットバンクを比較

次に主要なコンビニ・銀行ATMで出金を行う際の手数料を比較します。

銀行/ATM セブン ローソン イーネット ゆうちょ みずほ 三菱UFJ 三井住友 りそな イオン
ソニー銀行 無料 108円 108円 108円 108円 108円 無料
イオン銀行 216円 216円 108円 108円 216円 216円 無料
楽天銀行 216円 270円 270円 270円 270円 270円 216円
住信SBIネット銀行 無料 108円 108円 108円 無料
じぶん銀行 108円 108円 108円 216円 108円
ジャパンネット銀行 162円 162円 162円 324円 324円
スルガ銀行ANA支店 216円 216円 216円 216円 216円
大和ネクスト銀行 無料 108円 108円 108円 無料
GMOあおぞらネット銀行 108円
オリックス銀行
SBJ銀行 無料 108円 108円 108円 無料

上記は最も手数料がかかる時間帯(夜間〜早朝)に出金した場合の手数料です。時間帯や回数、特典の内容によっては手数料が無料になるネットバンクもあります。

お得な点でネットバンクを比較

各ネットバンクは、新規利用や継続利用を促進するために、お得な制度を設けています。以降、各サービスが提供する制度・特典の一例を紹介します。

銀行 制度名 概要
GMOあおぞらネット銀行 Visaデビット付きキャッシュカード 利用額の0.6%がキャッシュバックされる
イオン銀行 イオンカードセレクト 提携クレジットカードを保有することで、普通預金金利0.1%の優遇金利を受けることが出来る。
楽天銀行 ハッピープログラム 振込・入金・ATM利用で楽天スーパーポイントが貯まる。また楽天証券と連携することで普通預金に優遇金利がつく。
住信SBIネット銀行 スマートプログラム 他行への振込手数料、ATM手数料がランクに応じて最大月15回まで無料。
大和ネクスト銀行 外貨+円定期預金・二重奏 大和証券の証券と連携し、特定の条件を満たした際に、米ドル定期3ヶ月年利1.5%と円定期3ヶ月年利1.5%の優遇金利を受けることが出来る。
スルガ銀行ANA支店 ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカード 給与振込口座に指定、クレジットカードなどの引き落とし、VISAデビットの利用などで、ANAマイルが貯まる。
ソニー銀行 Sony Bank WALLET ソニー銀行の外貨預金口座から手数料無料で決済可能。他行宛振込手数料の無料回数が一回増える。
じぶん銀行 じぶんプラス ランクに応じて、他行への振込手数料、ATM手数料の無料回数が増える。
ジャパンネット銀行 JNB Visaデビット キャッシュカードに審査不要のデビット機能が搭載されている。

まとめ

数あるネットバンクですが、金利や手数料、特典に細かな違いがあります。

ネットバンクでの口座開設の際は、自分にあった内容のネットバンクかどうか確認しながら、検討しましょう。


※1:GMOあおぞらネット銀行
※2:イオン銀行
※3:楽天銀行
※4:住信SBIネット銀行
※5:大和ネクスト銀行
※6:スルガ銀行ANA支店
※7:ソニー銀行
※8:じぶん銀行
※9:ジャパンネット銀行
※10:オリックス銀行
※11:SBJ銀行

初心者でも取り組みやすい!
安定的で手間のかからない投資始めませんか?
投資をしたら満期まで待つだけ
貸付ファンドのオンラインマーケット「Funds」では、上場企業や注目のベンチャー企業が組成するファンドに予定利回り1.5%〜6%*で投資いただけます。
投資をしたら運用期間中の手間はほとんどかからず、相場による価格変動がないため値動きを見る必要はありません。
*年率、税引前
1円単位で投資できる
Fundsの投資単位は1円。気軽に効率よく、資産運用を始めることができます。