>>
DMM.com証券(DMM株)で株式取引が可能に!その評判やメリット、デメリットなどを解説
DMM.com証券(DMM株)で株式取引が可能に!その特徴や手数料、評判などを解説

DMM.com証券(DMM株)で株式取引が可能に!その評判やメリット、デメリットなどを解説

DMM.com証券はネット証券のひとつで、FX(外国為替証拠金取引)やCFD(デリバティブ取引)などのサービスを提供しています。

これまで株式の取り扱いはありませんでしたが、2018年4月から「DMM株」サービスを開始し、国内株式のオンライントレードが可能になりました。

今回はDMM株の評判やメリット、デメリットなどについて解説します。

DMM.com証券とは

DMM.com証券は「DMM FX」、「DMM CFD」、「DMMバヌーシー(競走用馬ファンド取引)」などのさまざまなサービスを提供しています。

DMM株の取扱商品は国内上場株式、上場投資信託(ETF、REIT含む)、上場投資証券(ETN)で、信用取引やNISA口座(ジュニアNISA含む)での取引も可能です。

DMM株のメリット

次に、DMM株のメリットについて確認していきましょう。

現物取引手数料は業界でも低い水準

約定代金 手数料
~5万円以下 50円(税込54円)
~10万円以下 80円(税込86円)
~20万円以下 97円(税込104円)
~50万円以下 180円(税込194円)
~100万円以下 340円(税込367円)
~150万円以下 400円(税込432円)
~300万円以下 600円(税込648円)
300万円超 800円(税込864円)

※1(2018年5月時点)

上の表は、DMM株の1約定ごとの現物取引手数料をまとめたものです。

現物取引手数料は業界でも比較的低い水準で、1約定ごとの現物取引手数料は、大手ネット証券のSBI証券や楽天証券よりも低く設定されています。

DMM株の取引手数料は1約定ごとのプランのみで、1日の約定代金合計額に対して手数料がかかるプランはありません。

1日の取引額が少ない場合は、1日10万円までの取引なら手数料が0円になるため、SBI証券や楽天証券などを利用するほうが有利です。

しかし、1約定ごとに手数料がかかるプランを選ぶ場合は、DMM株のほうがお得になります。(マネーの手帳調べ、2018年5月時点)

信用取引の手数料はシンプルかつ低い

約定代金 手数料
~300万円以下 80円(税込86円)
300万円超 0円

※1(2018年5月時点)

上の表は、DMM株の1約定ごとの信用取引手数料(一般コース)をまとめたものです。

DMM株の手数料はシンプルかつ低いのが特徴で、1約定ごとの手数料は、他のネット証券に比べて比較的低く設定されています。

たとえば、SBI証券と楽天証券では、約定金額50万円超で350円(税込378円)の手数料がかかりますが、DMM株なら80円(税込86円)で済みます。※2、3(2018年5月時点)

また、他のネット証券では、約定金額によって手数料が細かく設定されていますが、DMM株の区分は「300万円以下」と「300万円超」の2つだけです。

SBI証券と楽天証券には、1日の約定代金合計額に対して手数料がかかるプランもあり、1日10万円までの少額取引なら手数料は0円になります。

現物取引と同様に、1日の取引額が少ない場合は他のネット証券のほうが有利です。しかし、1約定ごとに手数料がかかるプランなら、DMM株のほうがお得になります。(マネーの手帳調べ、2018年5月時点)

DMM証券サービスの資金移動が簡単

DMM株は、他のサービス間の資金移動が簡単なのもメリットのひとつです。

DMM.com証券が提供している「DMM FX」、「DMM CFD」、「DMMバヌーシー」の各サービスを利用している場合、サービス口座間の振替は24時間いつでも可能です。

また、振替した資金は即時反映され、サービス口座間の振替手数料は無料です。(2018年5月時点)

振替はスマホアプリ「DMM株」、またはPCサイトの振替入出金で手続きできるので、サービスごとに振込をする必要がなく、手間が抑えられます。

株式取引でDMMポイントが貯まる

DMM株には、株式取引でポイントが貯まる「DMM株ポイント」というサービスがあります。

取引手数料の1%がDMM株ポイントとして貯まる仕組みで、貯まったポイントは「1ポイント=1円」として、1,000ポイント以上から現金に交換できます。

交換したポイントは証券口座に入金され、株式取引に利用、または出金して使うことができます。

DMM株ポイントはスマホアプリ「DMM株」、またはPCサイトからポイントの確認や交換が可能です。

PC・スマホ株式取引ツールの利便性が高い

DMM株は、PCやスマホ株式取引ツールの利便性が高いのもメリットです。

スマホアプリは、1つのアプリで「かんたんモード」と「ノーマルモード」を選んで使用することが可能です。

かんたんモードは見やすいレイアウトを追求しており、注目のテーマを選ぶだけで関連銘柄がわかる、ホーム画面からワンタップでクイック入金画面に切り替わるといった機能があります。

ノーマルモードは、チャートからワンタップで発注可能で、ロイターや四季報などによる投資情報がリアルタイムで取得できます。

また、「テーマ検索」、「株主優待検索」などの検索機能が充実しており、一目均衡表、ボリンジャーバンドなど、多彩なテクニカル分析が可能な高機能チャートも搭載しています。

一方、PCには「STANDARDモード」、「PROモード」の2種類の取引ツールが用意されています。

STANDARDモードは、Webブラウザ版の取引ツールです。インターネットに接続されたPC端末なら、どこからでも取引可能です。
取引、入出金、情報収集、銘柄検索などの基本機能はすべて搭載されており、どの画面からでもワンクリックで注文画面を呼び出せるなど、シンプルで使いやすく設計されています。

PROモードは、取引に特化した機能を追求したインストール型の取引ツールです。多彩な注文方法を搭載し、取引スタイルに合わせて画面のカスタマイズも可能です。

NISA口座も活用できる

DMM株は、NISA口座も活用できます。用意されているのは、NISA口座とジュニアNISA口座の2種類です。

株式取引で得た利益には、通常20.315%の税金がかかります。(2018年5月時点)

たとえば、10万円の利益を得ても、税金として20,315円(10万円×20.315%)差し引かれるので、手元には79,685円(10万円-20,315円)しか残りません。

しかし、NISA口座には投資金額120万円/年までの非課税枠があるので、NISA口座を活用して株式取引をすれば、利益に税金はかかりません。

つまり、10万円の利益を得た場合、その10万円がそのまま手元に残るので、効率的に運用できるのです。(出金手数料を考慮せず)

ただし、NISA口座は全ての金融機関を通じて1人1口座しか保有できないので注意しましょう。

DMM株のデメリット

DMM株には多くのメリットがありましたが、デメリットもあります。続いて、DMM株のデメリットについて確認していきましょう。

投資信託や債券など取り扱いサービスが比較的少ない

DMM株の取扱銘柄は国内株式、上場投資信託(ETF、REIT)、上場投資証券(ETN)に限られています。

多くのネット証券で取り扱っている投資信託や債券、外国株式、IPOなどの取り扱いはなく、サービスが比較的少ないのがデメリットです。

DMM株は取引手数料が低い水準で、取引ツールも充実しているので、株式投資しかしない人にとっては多くのメリットがあるでしょう。

しかし、株式のほかに投資信託や債券などにも投資したい場合は、他の証券会社と併用する必要があります。

DMM株のキャンペーン情報

続いて、DMM株のキャンペーン情報を紹介します。

DMM株では、2018年5月時点で以下3つのキャンペーンを実施しています。

  • 取引手数料無料(※2018年5月1日以降の口座開設完了者)
  • 口座開設キャッシュバック(※毎月の口座開設完了者の中から、抽選で10名)
  • 信用取引金利優遇キャンペーン(※2018年4月4日から2018年7月31日まで)

新規に口座開設すると、株式取引手数料が3か月間無料になります。対象者は新規口座開設者全員です。

また、新規口座開設者を対象に、抽選で10名様に2,000円をキャッシュバックするキャンペーンも実施されています。

さらに、信用口座開設者全員に、2018年7月末まで信用買方金利1.9%(通常2.1%)を適用する「金利優遇キャンペーン」もあります。

なお、最新のキャンペーン情報はDMM.com証券のWebサイトを確認してください。

DMM株の口座開設方法と流れ

DMM株の口座開設の方法と流れは以下の通りです。

  • 口座開設を申込む
  • 本人確認とマイナンバー書類を送る
  • DMM株の利用スタート

口座開設の申込みから利用開始までは最短で翌日から可能です。

まとめ

DMM株は株式取引の手数料が低い水準で、スマホアプリなどの取引ツールも充実しています。投資信託や債券などの取り扱いはありませんが、国内株式を中心に投資をする方はDMM株を利用するメリットがあるといえるでしょう。

またDMM.com証券の他のサービスを利用している方で、他の証券会社で株式投資をしている場合は、1つのサービスでまとめることで利便性も上がるかもしませんね。


※1:DMM証券、株式取引の手数料
※2:SBI証券、手数料
※3:楽天証券、手数料

【PR】証券口座を開設するならネット証券が便利?

株式投資や投資信託など投資を始めるには、証券会社で口座開設が必要です。

ただ証券会社の口座開設は非常に手間がかかります。

ネット証券なら、仕事が終わった夜でも手続きができて、オンライン上で完結できるので便利です。

そんなネット証券の中でも、SBI証券は業界低水準の取引手数料が設定されているほか、外国株、IPO銘柄、ロボアドバイザーなどのサービスが豊富に用意されており、一つの口座で様々な投資が可能になるのが特徴です。

また口座開設数は430万を超えており、多くの方々に利用されている実績があります。※1

新規口座開設キャンペーンを実施中のこの機会に口座開設してみてはいかがでしょうか。

※1:2018年10月末時点

【PR】Tポイント×スマホで株式投資ができる新サービスが登場!

SBIネオモバイル証券 口座開設

ついにTポイントで株式投資ができる新サービス「ネオモバ」が登場しました。

「ネオモバ」は1Tポイント=1円で株が買えるほか、1株から購入可能、月額220円で取引し放題※1、スマホ完結でこれまでにない新しい投資体験を提供しています。

その他にも、IPO投資、ロボアドバイザー、iDecoなど充実した商品を取り揃えており、サービス開始から約11ヶ月で約30万口座を達成、約3億8,000万Tポイントが株式投資に使用されています。※2

Tポイントを使って株式投資ができる「ネオモバ」の利用をこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。

※1:1ヵ月の約定代金合計額が50万円以下の場合
※2:2020年3月27日時点