>>
セゾン投信の利回りはどれくらい?その実績や注意点を解説
セゾン投信の利回りはどれくらい?その実績や注意点を解説

セゾン投信の利回りはどれくらい?その実績や注意点を解説

セゾン投信は2007年3月から営業を開始した資産運用会社で、投資信託の直接販売を行なっています。

取り扱っている投資信託は「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と「セゾン資産形成の達人ファンド」の2種類のみですが、多くの受賞歴があり、投資家からの人気を集めています。

今回は、セゾン投信の利回りと実績、そして、購入する際の注意点や始め方について詳しく解説します。

セゾン投信とは

セゾン投信は一般生活者の将来に向けた資産形成の支援を目的に、2007年3月から2本のファンドの運用を開始しました。

運用開始時の運用資産総額は約9億円でしたが、2017年末には2,000億円を突破し、口座開設件数も13万件を超え、「R&Iファンド大賞」を5年連続で受賞するなどの実績があります。※1

また、社長の中野晴啓氏は投資信託に関する多数の著書があり、投資信託を活用した長期投資での資産形成を勧めています。

なお、セゾン投信は直販型の投資信託のため、銀行や証券会社では購入できません。

セゾン投信の2つの種類

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド セゾン資産形成の達人ファンド
特徴 国際分散投資

株式と債券への分散投資
低コスト
世界への幅広い分散投資
それぞれの地域で選別投資
長期的な視点に立った運用スタイル
投資対象地域 世界30ヵ国以上 日本を含む世界
投資対象資産 株式と債券(50:50) 株式(債券を含む可能性あり)
信託報酬 年0.68%±0.03%(税込/概算) 年1.35%±0.2%(税込/概算)
信託財産留保額 0.1% 0.1%
購入手数料 0% 0%

※マネーの手帳調べ、2018年4月時点

上の表は、セゾン投信が提供する2種類の投資信託の概要をまとめたものです。

「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と「セゾン資産形成の達人ファンド」、それぞれの概要を確認していきましょう。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、アメリカのバンガード社のインデックスファンドを通じて世界の株式と債券に分散投資するインデックス型の投資信託です。

投資信託運用において、世界でも大きなシェアを占めているバンガード社のインデックスファンドに投資することで、低コストの運用を実現しています。

購入手数料は0%(無料)、実質的な信託報酬は約0.7%となっています。※2(2018年4月時点)

・インデックス投資信託とは・・・NYダウや日経平均株価などの指数をベンチマークし、その指数と連動するような運用を目指す投資信託

セゾン資産形成の達人ファンド

セゾン資産形成の達人ファンドは、それぞれの地域に強みを持つ投資ファンドを通して、日本を含む世界の株式に分散投資する、アクティブ型の投資信託です。

地域別投資比率(2017年12月29日時点)は北米が44%、欧州が26.9%、日本が12.5%、新興国14.5%、その他2.1%となっています。

投資対象は株式ですが、株式市場の状況によっては債券に投資する場合もあるようです。

実質的な信託報酬は約1.3%となっています。※3(2018年4月時点)

・アクティブ投資信託とは・・・ベンチマークした指数以上のリターンを目指す投資信託。銘柄選定や売買頻度も多くなることから、信託報酬は比較的高い傾向にある。

セゾン投信の利回りと実績

続いて、2つのファンドの利回りと実績を確認していきましょう。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの利回りと実績

1ヶ月 6ヶ月 1年 3年 設定来
-2.96% -2.65% +4.23% +2.70% +36.72%

上の表は、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの基準価額の騰落率(2018年3月30日時点)をまとめたものです。

直近6ヶ月はマイナスで、1年~3年はプラスとなっており、設定来でみるとプラス36.72%のリターンを出していることがわかります。

期間 平均取得単価 損益(%)
1年 14,069円 -1.40%
3年 13,267円 +4.56%
5年 12,551円 +10.52%
初回(2007年5月)から 9,661円 +43.59%

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを、積立定期プランで購入した場合の平均取得単価と損益(2018年3月30日時点)も公表されています(上表)。

定期積立プランで購入した場合、積立期間が長くなるほどリターンが大きくなっているのがわかります。

分配金を出していないため、利益が再投資されて運用資金が雪だるま式に増えていく複利効果により、積立を長く続けるほど成果が出ていると考えられます。

これまではセゾン投信の運用方通り、長期投資で資産形成を目指す方針に合っている投資信託となっているようです。※2

セゾン資産形成の達人ファンドの利回りと実績

1ヶ月 6ヶ月 1年 3年 設定来
-3.81% +2.31% +14.38% +21.14% +100.77%

上の表は、セゾン資産形成の達人ファンドの基準価額の騰落率(2018年3月30日時点)をまとめたものです。

直近1ヶ月はマイナスですが、6ヶ月以上はプラスで、設定来は+100.77%のリターンを出しています。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドと比較して大きなリターンが出ている1つの理由としては、投資対象が株式100%であることが考えられます。

また投資先のファンドをそれぞれの地域で選別していることも、成果につながっているのかもしれません。

期間 平均取得単価 損益(%)
1年 19,652円 +2.17%
3年 17,096円 +17.43%
5年 15,215円 +31.96%
初回(2007年5月)から 9,383円 +113.97%

セゾン資産形成の達人ファンドを、積立定期プランで購入した場合の平均取得単価と損益(2018年3月30日時点)も公表されています(上表)。

定期積立プランで購入した場合、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドと同じく、積立期間が長くなるほどリターンは大きくなっています。

分配金を出していないため、積立を長く続けるほど、複利効果によって資産が増えていると考えられます。

また、投資対象が株式100%であるため、リスクは比較的高くなりますが、リターンは債券が対象のものと比べると、高くなることが期待できるものとわかります。※3

セゾン投信の注意点

ネット証券から購入できない

セゾン投信は2種類の投資信託を直接販売しているため、ネット証券からは購入できません。

セゾン投信を購入したいと考えた場合、どこかのネット証券で口座を開設していても、新たにセゾン投信の公式Webサイトから口座開設を行なう必要があります。

ネット証券の投資信託の取扱銘柄からは、セゾン投信は確認できないため、注意しておきましょう。

NISA口座の開設は慎重に

NISA口座でセゾン投信を購入するには、セゾン投信でNISA口座を開設する必要があります。

NISA口座の開設は1人につき1金融機関に限られており、開設する金融機関・タイプ(NISA/つみたてNISA)は1年単位でしか変更できません。

ネット証券では数多くの投資信託を扱っているので、NISA口座で購入する商品の選択肢が豊富です。投資する商品を切り替えることも比較的簡単にできます。

しかしながら、セゾン投信は2種類の投資信託しか取り扱いがないため、NISA口座でセゾン投信以外の商品を購入したい場合、金融機関を変更する手間がかかります。

またNISA口座は1年単位でしか変更できず、年初に変更を思いついた場合などは投資機会を逃してしまいます。セゾン投信でのNISA口座の開設は、慎重に判断したほうがよいでしょう。

セゾン投信の始め方

公式Webサイトで口座開設

まずは、セゾン投信の公式Webサイトで口座開設の手続きを行なっています。口座開設料や管理料は無料です。

口座開設の全体の流れは以下の通りです。

  • 資料請求
  • 申込書類の返送
  • 口座開設完了
  • 購入

公式Webサイトから資料請求すると口座開設キットが届くので、必要事項を記入し、本人確認書類等を準備して返送します。

ここでNISAの申請も可能(任意)なので、NISA口座の開設を希望する場合はNISA申請書も一緒に返送しましょう。

口座開設申込書がセゾン投信に到着後、5~8営業日で口座開設完了通知書が届きます。

通知書には、口座番号や振込先金融機関口座、ログインID・パスワードなどが記載されているので、間違いがないかを必ず確認しましょう。※4

2つの購入方法から選択する

セゾン投信の購入方法は、定期積立プランとスポット購入の2種類があります。

定期積立プランは毎月決まった日に決まった金額を自動購入する方法で、月々5,000円以上1,000円単位で購入できます。ボーナス月など特定月の増額も可能です。

セゾン投信利用者の多くが定期積立プランを利用しており、指定した金融機関口座から自動で買付してくれるので比較的手間がかからず、続けやすいのが特徴です。

また、定期積立プランはドル・コスト平均法(基準価額が高いときは少ない量、低いときは多い量を買う方法)で、平均購入単価が抑えられるメリットもあります。

一方、スポット購入は10,000円以上1円単位で好きなタイミングで購入する方法です。

スポット購入は自分のタイミングで購入したい方や、下落局面で買い増しをしたい方に適した購入方法です。

入金して実際に購入する

口座開設が完了したら、入金して実際に購入してみましょう。

購入すると言っても、定期積立プランの場合は、指定した金融機関口座に入金しておくのみです。

指定した日に自動で買付してくれるため、間違いなく買付されたかを確認しておきましょう。

スポット購入の場合は、セゾン投信の指定口座に入金をして、自分で買付注文をする必要があります。

セゾン投信の公式Webサイトからログインし、まずは入金した金額が買付可能額に反映されているかを確認しましょう。

確認ができたら、注文画面で必要事項を入力して買付注文を出し、買付完了の画面が表示されたら投資完了です。

まとめ

セゾン投信が取り扱う2種類の投資信託は、長期投資でゆっくり資産形成を目指す方に向いている投資信託といえるでしょう。

投資信託にも様々な種類があるため、直販型のセゾン投信の口座開設は、ご自身の投資方針に合うかどうかを基準に判断してから、検討してみるとよいかもしれませんね。


※1:はじめてのセゾン投信
※2:セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
※3:セゾン資産形成の達人ファンド
※4:資料請求・口座開設の流れ

【PR】証券口座を開設するならネット証券が便利?

株式投資や投資信託など投資を始めるには、証券会社で口座開設が必要です。

ただ証券会社の口座開設は非常に手間がかかります。

ネット証券なら、仕事が終わった夜でも手続きができて、オンライン上で完結できるので便利です。

そんなネット証券の中でも、SBI証券は業界低水準の取引手数料が設定されているほか、外国株、IPO銘柄、ロボアドバイザーなどのサービスが豊富に用意されており、一つの口座で様々な投資が可能になるのが特徴です。

また口座開設数は430万を超えており、多くの方々に利用されている実績があります。※1

新規口座開設キャンペーンを実施中のこの機会に口座開設してみてはいかがでしょうか。

※1:2018年10月末時点

【PR】Tポイント×スマホで株式投資ができる新サービスが登場!

SBIネオモバイル証券 口座開設

ついにTポイントで株式投資ができる新サービス「ネオモバ」が登場しました。

「ネオモバ」は1Tポイント=1円で株が買えるほか、1株から購入可能、月額220円で取引し放題※1、スマホ完結でこれまでにない新しい投資体験を提供しています。

その他にも、IPO投資、ロボアドバイザー、iDecoなど充実した商品を取り揃えており、サービス開始から約11ヶ月で約30万口座を達成、約3億8,000万Tポイントが株式投資に使用されています。※2

Tポイントを使って株式投資ができる「ネオモバ」の利用をこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。

※1:1ヵ月の約定代金合計額が50万円以下の場合
※2:2020年3月27日時点