>>
金を購入したい!事前に知っておきたい購入方法や注意点を解説
金を購入したい!事前に知っておきたい購入方法や注意点を解説

金を購入したい!事前に知っておきたい購入方法や注意点を解説

金は実物資産として価値があるため、資産の一部を金で保有したいと考える人は少なくないでしょう。

また、「有事の金」と言われ、株式や債券の値動きと連動しない傾向にあることから、金にはリスク分散効果も期待できます。

しかし、金の購入方法には純金積立や投資信託など複数の方法があり、事前に購入方法や注意点を理解しておくことが大切です。

今回は金を購入するメリットやデメリット、そして事前に知っておきたい購入方法や注意点についても解説します。

金を購入するメリット

まずは、金を購入するメリットを確認していきましょう。

比較的安定した値動きが得られる

円やドルなどの法定通貨は、発行体である国への信用が前提にあり、その国の政治や経済情勢によって通貨の価格は日々変動します。

たとえば、財政が悪化して、その国の債券にデフォルト(債務不履行)の恐れがあると、その国の通貨は信用をなくし、売られていくため、価値が大きく下がってしまいます。

しかし、金には法定通貨のような発行体がなく、金自体に価値がある実物資産です。

金の価値がゼロになる可能性は低いことから、安定した値動きにつながっています。

リスク分散効果が期待できる

金が「有事の金」と言われるのは、株式や債券が値下がりする局面で買われる傾向にあるからです。

金は株式や債券などの値動きとは連動しないという特徴があるので、資産の一部を金で保有することでリスク分散効果が期待できます。

たとえば、株式、債券、金を保有しているときに、株式と債券が値下がりしても、金が値上がりすれば保有資産の減少を抑えられることもあるでしょう。

金を購入するデメリット

次に、金を購入するデメリットを確認していきましょう。

分配金が無い

株式や投資信託を保有していると、定期的に配当金や分配金を受け取れます。

こうした金融商品を長期間保有して、受け取れる配当金や分配金を再投資すれば、資産が雪だるま式に増えていく複利効果も期待できます。

しかし、金には分配金がないので、購入して長期間保有しても複利効果はなく、期待できるのは値上がり益だけです。

大きな利益は期待しづらい

金は株式や投資信託などに比べると、大きな利益が期待しづらいのもデメリットです。

金価格の世界標準は米ドル建ての国際価格で、国内の金価格も国際価格に連動しています。

国内の金価格は、国際価格を円建てに換算したもので、円高になると価格が下がり、円安になると価格が上がります。

一般に金の国際価格が上昇するのは、ドルへの信頼が失われているときが多く、ドルが売られて円高・ドル安になっている場合です。

金の国際価格(ドル建て)が上昇しても、国内価格(円建て)は為替レートの影響でそれほど値上がりしないことが多いので、大きな利益は期待しづらいのです。※1

金を購入する方法3選

ここでは、金を購入する3つの方法について解説します。

純金積立

純金積立は毎月一定額を積み立てて、少しずつ金を購入する方法です。

金価格は毎日変動しているので、価格が高い月は少ない量、低い月は多い量を購入することになります。

このように毎月一定額を購入する方法をドルコスト平均法と呼び、長期的に見ると購入単価が平均化されてリスクが抑えられると言われています。

純金積立はサービスを提供している会社によっては毎月1,000円から購入できるので、まとまった資金がなくても始めやすいのが特徴です。

また、一定数量に達した時点で、金の現物に転換できることもあります。

手数料が比較的高いのがデメリットにありますが、積立金額が大きくなるほど手数料が下がる傾向にあります。

金ETF/投資信託

金が投資対象のETF・投資信託を購入して、間接的に金に投資をする方法もあります。

ETFや投資信託には国内価格に連動するもの・国際価格に連動するもの、為替ヘッジあり・為替ヘッジなしなど、さまざまな種類があります。

そのため、運用方針を確認して、自分にあった商品を購入することが大切です。

金ETF/投資信託は、金投資の口座を開設しなくても、証券口座があれば購入できるのがメリットです。

ETFは証券取引所に上場しているので、株式と同じように取引ができます。また、投資信託なら積立購入も可能です。

金投資の中では比較的手数料が低い会社を選ぶことでコストを抑えられます。

金地金

金地金(きんじがね)とは金塊のことで、金の現物を購入する方法です。インゴットとも呼ばれます。

金の現物を手にすることができるのは、純金積立や金ETF・投資信託との大きな違いです。

金地金は10g、100g、500gなど、重さによって複数の種類があり、小型の金地金ほど手数料が高くなります。

デメリットは、金の現物を保有するので盗難リスクがあり、保管の手間がかかる点です。

金の現物購入とは

続いて、金の現物購入について詳しく確認していきましょう。

実際の金を持っていることに満足できる

金の現物購入の魅力は、実際の金を持っていることで得られる満足感でしょう。

純金積立や金ETF・投資信託は簡単に取引ができますが、書類やインターネットの画面で保有数量や取引履歴を確認するだけです。

しかし、金の現物を購入すれば、金を保有していることを実感できます。

盗難リスクがあるため、安全に保管するにはコストがかかりますが、金の現物を購入することに魅力を感じる人は少なくないのではないでしょうか。

金の現物を購入できる会社一覧

金地金の種類 田中貴金属工業 三菱マテリアル 日本マテリアル 徳力本店 第一商品
1㎏ 5,076,000円 5,090,000円 5,076,000円 5,076,000円 5,040,000円
500g 2,538,000円 2,545,000円 2,538,000円 2,538,000円
100g 523,800円 514,400円 507,600円 513,000円
10g 55,080円 54,140円 59,076円 52,920円
小売価格(g) 5,076円 5,090円 5,076円 5,076円 5,040円

※2、3、4、5、6

上の表は金の現物購入ができる5社について、グラムごとの購入金額(手数料含む)と小売価格を比較したものです。※金額は税込表示です。

小売価格は各社のWebサイトに掲載されていた価格です。(2018年4月19日の9:30または10:00時点)

第一商品は1㎏しか取り扱いがありませんが、小売価格が最も低く、1㎏の金地金を購入するなら第一商品が手数料が低く済みます。

500g以上の場合、各社手数料は無料です。500gの販売金額は田中貴金属工業、日本マテリアル、徳力本店の3社が同額で低くなっています。

100gは日本マテリアルのみ手数料が無料で、10gは徳力本店が最も手数料が低く(2,100円)なっています。

このように、金地金の種類(重さ)によって販売金額が異なるので、購入するときは手数料も含めて比較し、最も手数料が低い会社で購入した方が良いでしょう。

純金積立などの方法も可能

現物を求めていない場合は、純金積立、金ETF、投資信託を利用して金に投資をする方法があります。

特に純金積立は月1,000円から購入できる会社もあるので、まとまった資金がなくても手軽に始められます。

また、価格変動を気にする必要がなく、振替口座に入金をしておけば自動で購入してくれるので、手間がかからないのがメリットです。

まとめ

金は実物資産として価値があり、株式や債券の値動きと連動しない特徴があることから、リスク分散効果が期待できます。

金の購入方法には純金積立、金ETF・投資信託、金地金(現物購入)など複数の方法があるので、自分に合った方法を選ぶとよいでしょう。


※1:金の価格はどうやって決まるの?|第一商品
※2:売買価格と別途手数料|田中貴金属工業
※3:店頭、電話での売買|三菱マテリアル
※4:貴金属相場情報|日本マテリアル
※5:取り扱い品目・手数料|徳力本店
※6:よくあるご質問|第一商品

【PR】証券口座を開設するならネット証券が便利?

株式投資や投資信託など投資を始めるには、証券会社で口座開設が必要です。

ただ証券会社の口座開設は非常に手間がかかります。

ネット証券なら、仕事が終わった夜でも手続きができて、オンライン上で完結できるので便利です。

そんなネット証券の中でも、SBI証券は業界低水準の取引手数料が設定されているほか、外国株、IPO銘柄、ロボアドバイザーなどのサービスが豊富に用意されており、一つの口座で様々な投資が可能になるのが特徴です。

また口座開設数は430万を超えており、多くの方々に利用されている実績があります。※1

新規口座開設キャンペーンを実施中のこの機会に口座開設してみてはいかがでしょうか。

※1:2018年10月末時点

【PR】Tポイント×スマホで株式投資ができる新サービスが登場!

SBIネオモバイル証券 口座開設

ついにTポイントで株式投資ができる新サービス「ネオモバ」が登場しました。

「ネオモバ」は1Tポイント=1円で株が買えるほか、1株から購入可能、月額220円で取引し放題※1、スマホ完結でこれまでにない新しい投資体験を提供しています。

その他にも、IPO投資、ロボアドバイザー、iDecoなど充実した商品を取り揃えており、サービス開始から約11ヶ月で約30万口座を達成、約3億8,000万Tポイントが株式投資に使用されています。※2

Tポイントを使って株式投資ができる「ネオモバ」の利用をこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。

※1:1ヵ月の約定代金合計額が50万円以下の場合
※2:2020年3月27日時点