>>
株式投資とは?メリット・デメリットや注意点、投資の始め方を解説
株式投資とは?メリット・デメリットや注意点、投資の始め方を解説

株式投資とは?メリット・デメリットや注意点、投資の始め方を解説

投資といえば、株式投資と思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

株式投資とは、企業が発行する株に投資をすることで配当金や売却益(取得した時の金額と売却金額の差)を期待する投資方法です。
しかし、この株式投資にはデメリットやリスクもありますし、さまざまな種類があるため、株式投資を始める前に仕組みや特徴を理解しておくことが大切です。

今回は株式投資の仕組みや特徴、そして、メリット・デメリットを含めて投資をするときの注意点について解説します。

株式投資とは

個人でも株式投資をしている人は多くいますが、そもそも株式投資とはどのような仕組みなのでしょうか。
まずは、株式投資の仕組みについて確認していきましょう。

株式投資の仕組み

株式投資で利益を出す方法は大きく2つあります。1つは配当金を積み重ねていく方法で、もう1つは株式の売買で売却益を出していく方法です。

通常、株式は企業活動に必要な資金を調達する目的で発行されるもので、株式を購入した法人や個人はその企業の株主になります。

株主には持っている株数に応じて、企業が出した利益を受け取る権利(配当金)などが与えられます。
そのため、保有する株数が多ければ多いほど、配当金の金額も大きくなっていくことから、配当金は株式投資で利益を出す1つの方法となっています。

株式の購入は、企業と直接売買するわけではありません。基本的には証券取引所(株式市場)を介して、電子化された株券を売買をすることになります。
証券取引所では、数多くの企業の株式がリアルタイムで売買されており、売買する際の企業の株価(株の価格)は需要と供給に応じて変動しています。

株式の売買で、購入した株価よりも値上がりしたタイミングで売却することができれば、売却益を得られる可能性があります。この売却益を継続して出していくことを目指すのも、株式投資の方法の1つです。

株式投資のメリット

次に、株式投資のメリットについて確認していきましょう。

株式の売却益を期待できる

株式投資は、売却益を期待できるのがメリットのひとつです。

証券取引所に上場している企業の株価は、買い注文と売り注文に応じて、取引が行なわれている間は常に変動しています。

たとえば、業績が好調な企業の株式は買い注文が増えて株価が値上がりし、不祥事などの悪いニュースが報じられた企業の株式は売り注文が増えて株価が値下がりするといったことがあります。

このように、株価は常に変動しているため、取得したときの株価よりも値上がりしたタイミングで株式を売却すれば、売却益を得ることができます。

配当金・株主優待がもらえる

株式投資は保有株数に応じて、配当金や株主優待をもらうことができます。

配当とは、企業が株主に利益を分配することで、通常は決算ごとの利益額に応じて配当の金額が決定され、利益が大きければ配当も増えることもあれば、逆に赤字の場合は配当が出ないこともあります。

配当金額は「1株あたり〇円」のように保有株数に応じて支払われるので、保有株数が多くなるほど配当金額も大きくなります。

一方、株主優待は、企業が独自に株主に対して自社商品やサービスなどを提供するもので、株主の新規獲得や株式を長期保有してもらうことを目的に、多くの企業で実施しています。

株主優待は「100株保有で〇円分の自社製品」「200株保有で〇円分の商品券(その企業が運営する店で使えるもの)」など、優待の内容はその企業ごとに異なります。

株主優待の内容は、ネット証券やヤフーファイナンスなどで、企業名や優待の種類、最低投資金額から検索できるため、興味がある方は確認してみるとよいでしょう。

企業の経営(意思決定)に参加できる

株式投資をして企業の株式を保有すると議決権が与えられ、企業の経営(意思決定)に参加できます。

議決権とは、株主総会の決議に参加できる権利のことで、株主総会に出席して決議案について賛成・反対の意思を表明できるのです。

また、出席できない場合は、決議案ごとに書面で賛成、反対の意思を表明することもできます。

株主総会では企業の運営や資産の活用など、企業運営の重要事項が決議されます。企業の代表の話を直接聞くことで、株式を保有し続けるべきかを判断することもできるでしょう。

株式投資のデメリット

続いて、株式投資のデメリットについて確認していきましょう。

初期投資額が比較的高い

株式投資は、初期投資額が比較的高くなるのがデメリットです。

投資信託はネット証券なら最低100円から購入できますし、純金積立なら月々最低1,000円から始められます。

しかし、株式投資は最低でも数万円程度の投資額が必要で、多くの銘柄は10万円以上の投資額を用意しなくてはなりません。

たとえば、トヨタ自動車(7203)の株式を100株(最低購入単位)購入する場合、株価6,739円(2018年4月4日の終値)で計算すると、最低投資金額は673,900円(6,739円×100株)になります。※1

最低投資金額は銘柄にもよりますが、投資信託や純金積立と比較すると、株式投資の初期投資額は高くなります。

思ったとおりの売買が成立しないことがある

株式は証券取引所で売買され、株価は常に変動しているため、思ったとおりの売買が成立しないことがあります。

たとえば、株価が1,200円の株式を少しでも安く買いたいと思い、1,180円で買い注文を出しても、1,180円まで値下がりして注文が成立するとは限りません。

値下がりするどころか、逆に1,250円まで値上がりして、1,200円のときに買っておけばよかったと後悔する可能性もあります。

株式の売買には数多くの投資家が参加しているほか、企業の業績や経済ニュースなど、株価の値動きはさまざまな出来事に影響を受けるので、株価を予想して売買を成立させるのは簡単では無いでしょう。

投資初心者には比較的ハードルが高い

株式投資は初心者に比較的ハードルが高い投資です。東京証券取引所の市場第一部(通称:東証1部)だけでも2,000社以上の企業が上場しているうえに、常に株価が変動しているからです。※2

どの企業の株式を購入すればよいかを判断するには、売上高や当期純利益などの業績や、自己資本比率などの財務体質、PER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)といった投資指標を確認する必要があります。

また、業界や政治の動向によっても株価は変動するため、株式を購入・売却するタイミングを判断するために、経済関連のニュースや株価を常に確認することも大切です。

このように、株式投資には投資判断のために確認すべきことが多くあるため、取引に慣れていない投資初心者には比較的ハードルが高いと感じるかもしれません。

株式投資のリスク

企業の株式に投資を行う株式投資には、どのようなリスクがあるのでしょうか。ここでは、株式投資のリスクについて解説します。

株価変動リスク

株式は証券取引所で売買されているため、株式投資には株価変動リスクがあります。

証券取引所が開いている時間帯は常に株価が変動し、うまく売買できれば売却益が期待できます。

しかし、株式投資は元本が保証されるものではなく、取得価額よりも株価が値下がりすると、大きな損失を出す可能性もあります。

株式投資には株価変動リスクがあり、売却益が期待できる一方で、株価が値下がりして損失を出す可能性もあることを理解しておきましょう。

信用リスク

信用リスクとは、企業が財政難や経営不振などを理由に、債務が履行できなくなる可能性があることを言います。

株式の購入は企業に出資をすることを意味し、もし株式を購入した企業が経営不振のために破綻した場合は株式の価値はなくなります。

そうすると、株式に投資したお金を取り戻せなくなり、投資資金をすべて失うことになるかもしれません。

このように、株式投資は特定の企業の株式を購入するため、企業の経営状況によっては投資資金を失う可能性があります。

流動性リスク

株式投資の流動性リスクとは、売買が減って取引が成立せず、株式を売りたいときに売れない可能性があることです。

たとえば、株式を購入した企業で不祥事があり、売り注文ばかりで買い注文が入らないと取引が成立せず、値がつかないことがあります。

このような状態になると、取得価額よりもはるかに低い株価で売らざるを得なくなり、大きな損失を出してしまうかもしれません。

株式投資は、株式を購入した企業の状況によっては、売りたいときに売れない流動リスクがあるので注意が必要です。

株式投資の種類

株式投資にはいくつかの種類があり、自分にあった方法で投資をすることが大切です。次に、株式投資の種類について確認していきましょう。

現物・信用株式投資

株式投資の取引方法には、現物取引と信用取引の二種類があります。

現物取引とは通常の株式売買取引のことで、持っている資金の範囲でしか株式を売買できない取引です。

一方、信用取引とは証券会社からお金を借りて、持っている資金以上の売買ができる取引のことです。

買いから入る方法だけでなく、売りから入って後から買い戻す「空売り」と呼ばれる取引もできます。

そのため、信用取引をうまく活用すれば、株価の下落局面でも利益を得ることが可能です。

しかし、信用取引は持っている資金以上の取引ができてしまう分、損失も大きくなるので、株式投資に慣れてない人は現物取引を行なったほうがよいでしょう。

IPO投資

IPO投資とは、株式市場に新規上場する企業の株式に投資をする方法です。

新規上場する企業の株式を購入するには、証券会社が行なうブックビルディングと呼ばれる抽選に参加して当選する必要があり、当選すると株式を公募価格で購入できます。

一般に株式市場で最初に取引が成立する株価(初値)は、公募価格よりも上回ることが多くなります。
たとえば2016年のIPO銘柄では、全体の約81%が公募価格より初値が高いというデータが出ています。※3

そのため、IPOに当選して株式を公募価格で購入し、上場初日に初値で売却すると利益を得られる可能性が高いことから、IPO投資は人気が高くなっています。

しかし、人気が高いゆえにIPOの抽選に参加しても当選するのが難しいため、必ず購入できるとは限らないデメリットもあります。

未上場企業の株式投資

株式投資は上場企業の他に、まだ株式市場に上場していない未上場企業の株式(未公開株)に投資をする方法もあります。

未上場企業の株式を購入し、将来株式市場に上場して株価が大きく値上がりすれば、資産が大きく増える可能性があります。

しかし、未上場企業に投資できる機会はあまりないことや信用できる企業かどうかを見極めることも難しいことから、相応のリスクがあることは理解しておきましょう。

投資信託・ETF

投資信託とETFは、運用会社が投資家から集めた資金を1つにまとめ、株式や債券などに投資をした後の資金を投資家に還元する金融商品です。

投資対象が株式で構成されている投資信託やETFを購入することで、間接的に株式へ投資をすることが可能です。

通常株式投資は特定の企業の株式を購入するため、投資先の企業の業績などに株価が大きく左右される分、リスクが高くなります。

しかし、投資信託やETFはさまざまな企業の株式に分散投資を行なっているので、価格変動リスクはありますが、投資資金のすべてを失うリスクを下げられる可能性があります。

そのため、投資経験がない人や大きな損失を避けたい人は、まず投資信託やETFへの投資から始めてみるのも1つの方法です。

株式投資の始め方①:準備

これから株式投資を始めるには、どのような準備をすればよいのでしょうか。ここでは、株式投資を始めるための準備について解説します。

インターネットや書籍、セミナーで株式投資の知識を学ぶ

株式投資を始めたい人は、まずインターネットや書籍、セミナーで株式投資の知識を学ぶことから始めてみるのもよいかもしれません。

株式投資は取引に必要な最低限の知識を学ぶことで、比較的簡単に始めることも可能です。

自分で調べるのが苦手な場合は、証券会社などが主催する初心者向けの株式投資セミナーに参加して、基礎知識を学ぶ方法もあります。株式投資に興味がある場合、まずは基礎知識を学ぶところから始めましょう。

証券口座を開設する

株式投資の知識をひと通り学び終え、次にやることは証券会社で証券口座を開設することです。

証券会社には、店舗型証券とネット証券の2種類があり、それぞれメリットとデメリットがあります。

店舗型証券は窓口や電話で売買注文を行なうタイプの証券会社で、担当営業マンに直接相談できるのがメリットですが、手数料が比較的高く、注文時間が限られるデメリットがあります。

一方、ネット証券は口座開設から投資銘柄の選定、売買取引のすべてをネット上で行なうタイプの証券会社で、手数料が店舗型証券よりも安いことが多く、自分の好きな時間に取引ができますが、相談できないのがデメリットです。

株式投資を行なうなら、自分にあった証券会社で口座を開設することが大切です。

株式投資で利益を出すには手数料が安いほうが有利なことも多いため、パソコンの操作に苦手意識がないならネット証券を利用したほうがよいでしょう。

ただし、窓口で相談しながら投資をしたい場合は、店舗型証券を選択したほうがよいかもしれません。

投資資金を入金

証券口座の開設が完了したら、口座に投資資金を入金します。

証券口座への入金方法は銀行振込が一般的ですが、中には同じ企業グループ内の銀行と提携しており、その銀行口座に入金するだけで、証券口座の買付可能金額に反映される場合もあります。

口座を開設した証券会社の入金方法を確認し、簡単に入金ができて、手数料がかからない方法を選ぶとよいでしょう。

株式投資の始め方②:買い注文

証券口座を開設し、口座への入金が完了したら、いよいよ買い注文を出していきます。
続いて、株式投資の買い注文について確認していきましょう。

投資したい銘柄を探す

株式の買い注文を出すには、まずは投資したい銘柄を探す必要があります。

ネット証券の場合は「国内株式」の画面を開くと企業名などで検索ができるので、投資したい銘柄が決まっている場合は、企業名を入力して検索をしてみましょう。

どの銘柄に投資をするか決まっていない場合は、業種や株主優待、業績、最低投資金額などを選択して検索できるので、希望条件を選択して検索をすると効率よく探せます。

店舗型証券の場合は、直接相談できるメリットを活かして、おすすめの銘柄を聞きながら選択するのもよいでしょう。

株の買い注文を出す

投資したい銘柄が決まったら、株式の買い注文を出しましょう。株式の注文方法には「指値注文」と「成行注文」の2種類があります。

指値注文とは、価格を指定して買い注文を出す方法です。たとえば「1,200円で100株の買い注文」のように注文を出します。

指値注文では、株価が指値以下にならなければ取引が成立しないので、先ほど例に挙げた「1,200円で100株の買い注文」なら、株価が1,200円より高い価格では取引が成立することはありません。

そのため、指値注文は自分が買いたい株価で株式を買える可能性がありますが、取引が成立するとは限らないのがデメリットです。

一方、成行注文は価格を指定せずに買い注文を出す方法で「成行で100株の買い注文」のように注文を出します。

成行で買い注文を出すと、注文を出した時点で最も低い価格の売り注文との間ですぐに取引が成立します。

成行注文はすぐに株式を買えるのがメリットですが、思っていた株価で取引が成立しない可能性があります。

最初はすぐに取引が成立するように成行注文から始めて、慣れてきたら指値注文を使うとよいでしょう。

株式投資の始め方③:売り注文

株式投資で値上がり益を得るには、保有している株式を売る必要があります。ここでは、株式投資の売り注文について確認していきましょう。

タイミングを見計らう

株式投資で売り注文を出すには、いつ売り注文を出すかタイミングを見計らう必要があります。

株価は毎日変動しており、企業の業績発表などをキッカケに大きく値を上げるかもしれません。また銘柄独特の値動きをする場合もあります。

証券会社によっては、株価が一定の水準まで上昇したらアラームで知らせてくれる機能があります。

常に株価をチェックするのは大変なので、アラーム機能をうまく使えば、売り注文のタイミングを簡単に把握することができます。

実際に売り注文を出す

保有している株式が売り注文を出すタイミングになったら、実際に売り注文を出しましょう。

株式投資の売り注文は、買い注文と同じように指値注文と成行注文の2種類があります。

売り注文の場合、指値注文は株価が指値以上になれば取引が成立し、成行注文は注文を出した時点で最も高い価格の買い注文との間で取引が成立します。

買い注文と同様に、指値注文は取引が成立しない可能性があり、成行注文は思っていた価格で取引が成立しない可能性があるので注意してください。

株式投資で注意しておきたいこと

最後に、株式投資で注意しておきたいことについて確認していきましょう。

分散投資を心がける

株式投資を行なうときは、分散投資を心がけることが大切です。

すべての資金を1つの企業の株式だけに投資をすると、業績不振や不祥事が原因でその企業の株式が大きく値下がりした場合に、大きな損失を出してしまいます。

しかし、複数の企業の株式に分散投資をすると、ある企業の株価が値下がりしても、別の企業の株価が値上がりすれば、全体では損失は少なく済みますし、利益が出ることもあります。

投資先を1つに絞って大きな利益を狙う投資方法もありますが、大きな利益が期待できる分リスクも高くなるので、初心者の方は分散投資を心がけたほうがよいでしょう。

事前に損切りルールを決めておく

株式投資は購入した株式が必ず値上がりするとは限らないため、損失を最小限に抑えるために損切りルールを決めておくことが大切です。

損切りとは、損失を抱えている状態で株式を売って損失を確定させることで、損失を最小限に抑える効果があります。

逆に損切りをせず、損失を抱えている状態でいつまでも保有し続けることを「塩漬け」と呼びます。

塩漬けにしてしまうと、株価の回復が見込めなくてもなかなか売る決心がつかない可能性があり、他の企業への投資機会を失うことになります。

損失を確定するには勇気が必要ですが、損失の拡大を防ぐためにも「〇円まで株価が下がったら損切りする」というルールを決めておきましょう。

余剰資金で投資をする

株式投資は元本が保証されず、最悪の場合は投資資金をすべて失う可能性があるので、余剰資金で投資をすることが大切です。

株式投資をする前に、生活費や出費予定の資金を確保しておき、いくらまでなら株式投資に回せるのかを計算しておきましょう。

生活に支障が出ないように、いくらまで株式投資に回せるかを決めておき、その金額以上は投資をしないように注意しましょう。

まとめ

株式投資は売却益が期待でき、保有期間中は配当金や株主優待をもらえるのがメリットです。

また、IPO投資や未上場企業への投資などは大きな利益が期待できる投資方法でもあります。その一方で、株価変動リスクや信用リスク、流動性リスクもあり、投資金額をすべて失う可能性もあります。

投資を始める前に基礎知識を学び、リスクを理解する必要があります。

株式投資は少額の余剰資金から始め、リスクを下げるために分散投資を心がけましょう。


※1:楽天証券、トヨタ自動車(7203) 株価
※2:日本取引所グループ、上場会社数・上場株式数
※3:https://shikiho.jp/tk/ipo/hist/2016

初心者でも取り組みやすい!
安定的で手間のかからない投資始めませんか?
投資をしたら満期まで待つだけ
貸付ファンドのオンラインマーケット「Funds」では、上場企業や注目のベンチャー企業が組成するファンドに予定利回り1.5%〜6%*で投資いただけます。
投資をしたら運用期間中の手間はほとんどかからず、相場による価格変動がないため値動きを見る必要はありません。
*年率、税引前
1円単位で投資できる
Fundsの投資単位は1円。気軽に効率よく、資産運用を始めることができます。