>>
仮想通貨を保管できるウォレットとは?その種類や注意点を解説
仮想通貨を保管できるウォレットとは?その種類や注意点を解説

仮想通貨を保管できるウォレットとは?その種類や注意点を解説

日本円を銀行口座で保管するのと同様に、仮想通貨はウォレットと呼ばれる仮想通貨用の口座で保管します。

この保管方法にはいくつかの種類があるため、安全性や利便性などを考慮して、自分自身に合った保管方法を選ぶ必要があります。

今回は仮想通貨のウォレットの種類と注意点について解説します。

仮想通貨のウォレットとは

仮想通貨のウォレットとは、仮想通貨を保管しておく仮想通貨専用の口座のことです。

仮想通貨はインターネット上に存在する通貨であるため、現金のように引き出して現物として保管することができず、基本的にはインターネット上で保管することになります。

仮想通貨を保管するウォレットは、以下のように、管理方法によっていくつかの種類に分けることができます。

ウォレットの種類 分類
Webウォレット オンラインウォレット
ソフトウェアウォレット
モバイルウォレット
ハードウェアウォレット オフラインウォレット
ペーパーウォレット

ウォレットの分類としては、インターネット回線がつながる環境で保管するオンラインウォレットと、インターネット環境から切り離された環境で保管するオフラインウォレットの2つに分けることができます。

さらに、パソコンやスマートフォン、USBメモリといった保管先によって、細分化されます。それぞれのウォレットの違いについて見ていきましょう。

仮想通貨のウォレットの種類(オンライン)

インターネット回線がつながる環境で保管するオンラインウォレットは、保管先によって以下の3つに分類されます。

ウォレットの種類 保管先
Webウォレット(仮想通貨取引所含む) インターネット上のサービス
ソフトウェアウォレット パソコン
モバイルウォレット スマートフォン

Webウォレット

Webウォレットはインターネット上で簡単に作成できる口座で、インターネット環境があればどこでも簡単にアクセスが可能です。(仮想通貨取引所で使用しているウォレットもWebウォレットに該当します)

しかし、インターネット上に存在しているということは、不正ログインやハッキングなどのリスクが高くなるため、簡単に解読できないパスワードを設定したり、二段階認証を行なったりなど、セキュリティの強化が必要です。

Webウォレットは以下のようなものがあります。

  • ビットコイン:Blockchain Wallet(ブロックチェーンウォレット)
  • イーサリアム:MyEtherWallet(マイイーサウォレット)

自分でウォレットを管理する必要があるため、パスワードを忘れてしまった場合は、復元できないなどのデメリットがあります。

これらのWebウォレットは、仮想通貨取引所と関係性がなく、仮想通貨取引所のメンテナンスや倒産の影響を受けません。しかしながら、サービス自体のハッキングや閉鎖リスクは存在していることに注意が必要です。

ソフトウェアウォレット(PC)

ソフトウェアウォレットとは、インターネット上に存在しているウォレットをパソコンにダウンロードすることによって、ローカル環境で利用できるようにしたウォレットです。

ローカル環境で利用できるため、インターネットに接続しなくても、保管や管理が行なえます。

※ローカル環境とは・・・インターネットを介さず、パソコン内で動く環境。例えばパソコンにインストールしたWordやExcelなどはインターネットを介さずにソフトを立ち上げ動かすことができる。

また、ソフトウェアウォレットは、Webウォレットのようにインターネット上に存在していないため、ハッキングなどによってIDやパスワードなどが漏れる心配も少なく、セキュリティが比較的高いと言えるでしょう。

しかし、ソフトウェアウォレットはインターネット上に存在しないものの、インターネットに接続できる状況にあるため、パソコンがウイルス感染した場合などは、データが盗まれてしまう可能性があります。パソコンが壊れた場合にも、保管・管理ができなくなってしまう可能性があるため注意が必要です。

ソフトウェアウォレットはオフラインで利用できるのがメリットですが、ダウンロードしたパソコン以外では利用できないため、どこでも利用できるわけではなく、利便性は比較的低いと言えます。

ソフトウェアウォレットには、以下のようなものがあります。

  • ビットコイン:Copay(クーペイ)
  • イーサリアム:MyEtherWallet(マイイーサウォレット)

MyEtherWalletは、Webウォレットとして利用できましたが、ダウンロードすることで、ソフトウェアウォレットとしても利用できます。

モバイルウォレット(スマートフォン)

モバイルウォレットとは、スマートフォン(iPhone・Android)にウォレットアプリをダウンロードすることによって、ローカル環境で利用するウォレットです。

パソコンにダウンロードするソフトウェアウォレットのスマートフォン版と言うことができますが、いつでも持ち運びできるため、ソフトウェアウォレットよりも利便性が高くなっていると言えるでしょう。

さらに、モバイルウォレットは、QRコードを利用できるため、実際の店舗でも簡単決済を行なうことができ、他のウォレットにはない実用性を備えているとも言えます。(店舗が決済対応している場合)

ソフトウェアウォレット同様、オフラインの環境でも利用できるため、セキュリティが比較的高いのも魅力の1つです。

しかし、ソフトウェアウォレットでパソコンにトラブルが生じたときと同様、モバイル端末が故障した場合は、保管・管理ができなくなってしまう可能性があります。

また、紛失した場合にも悪用されてしまう可能性があるので、注意が必要です。

オンラインウォレットの中では、モバイルウォレットがオフライン環境で利用できることに加え、持ち運びができるということを考慮すると、安全性・利便性ともに比較的高いウォレットと言えるでしょう。

モバイルウォレットには、以下のようなものがあります。

  • ビットコイン:breadwallet(ブレットウォレット)
  • イーサリアム:Jaxx(ジャックス)

Jaxxは、イーサリアムに加え、ビットコイン・ライトコイン・ダッシュといった複数の仮想通貨を1ヶ所で保管・管理できるというメリットがあります。

仮想通貨のウォレットの種類(オフライン)

インターネット環境から切り離された環境で保管するオフラインウォレットは、保管先によって以下の2つに分類されます。

ウォレットの種類 保管先
ハードウェアウォレット USBメモリ
ペーパーウォレット

それぞれの詳細について見ていきましょう。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットとは、パソコンやスマートフォンなどのインターネットに接続できる端末ではなく、USBメモリなどのように、単体ではインターネットに接続できない端末を利用するウォレットです。

パソコンから仮想通貨のデータを移行して保管するため、一時的にオンライン状態になりますが、保管が完了してパソコンから切り離した後は、完全にオフライン環境下になるため、ハッキングされる可能性が低くなります。

パソコンやスマートフォンのように、端末が故障したり紛失したりした場合でも、バックアップさえきちんと取っておけば、データの復元できるということも魅力と言えるでしょう。

短期売買ではなく、最初から長期的な価格上昇を期待して保有しておく場合や仮想通貨の保有量が多い場合などには、ハードウェアウォレットを利用する方が比較的安全に保管できると言えます。

しかし、ハードウェアウォレットは他のウォレットと比較すると、管理が多少面倒なだけでなく、対応している仮想通貨が少ないというデメリットがあります。

また、他のウォレットが無料で利用できるのに対し、端末価格が1万円~2万円程度と高価になりやすく、故障した場合にも修理や買換え費用がかかってしまうことが、デメリットと言えるでしょう。

ハードウェアウォレットには、以下のようなものがあります。

  • ビットコイン:TREZOR(トレザー)
  • イーサリアム:Ledger Nano S(レジャーナノS)

TREZORは2つのボタンを操作するだけで、仮想通貨を簡単に保管できるようになっています。

Ledger Nano Sはイーサリアムに加え、ビットコイン、リップルと複数の仮想通貨が保管できるという特徴があります。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットとは、パソコンやスマートフォン、USBといった電子的な端末ではなく、紙に仮想通貨の情報を印刷することによって保管や管理を行なうウォレットです。

ペーパーウォレットは、インターネット上のハッキングやウイルスによる影響を受けなくなるため、安全性が比較的高いウォレットと言えるでしょう。

紙で管理するということは、経年劣化によって紙が色あせるだけでなく湿気などによって波打ってしまい、印字が読み取れなくなってしまうなどの可能性があります。

ペーパーウォレットを利用する場合には、紙の保管場所に気を付け、直射日光や高温多湿を避けて保管するようにしましょう。

また、紙ベースで保管されているということは、インターネット上のハッキングやウイルスによる影響を受けることはありませんが、紙が盗難にあってしまった場合は、仮想通貨の情報も盗られてしまうため、注意しなければなりません。

ペーパーウォレットから他のウォレットに送金する場合は、ペーパーウォレットとは異なる種類のウォレットから送金しなければいけないため、利便性は低いと言えるでしょう。

ペーパーウォレットには、以下のようなものがあります。

  • ビットコイン:bitaddress.org(ビットアドレス)<_li>
  • イーサリアム:MyEtherWallet(マイイーサウォレット)

MyEtherWalletは、Webウォレットやソフトウェアウォレットとしての機能を持っているだけでなく、ペーパーウォレットの機能も兼ね備えています。

ウォレットを利用する際の注意点

オフラインのウォレットで仮想通貨の管理を行なう場合でも、最低でも1回はインターネットに接続するため、ハッキングやウイルス感染による影響が全くないとは言い切れません。

オンライン・オフラインに関係なく、仮想通貨をウォレットで管理する場合には、秘密鍵やパスワードを徹底管理し、ウイルスやフィッシング対策をしっかりと行なうことが重要と言えるでしょう。

それぞれどのような対策をすれば良いのか見ていきましょう。

秘密鍵やパスワードの管理方法

パスワードは仮想通貨取引所にログインする場合やその他の手続きに必要で、秘密鍵はウォレットを操作する場合に必要です。

アービトラージと呼ばれる仮想通貨取引所間の仮想通貨の価格差を利用した取引を行なっている方や積極的に仮想通貨の取引を行なっている方は、国内外の仮想通貨取引所で口座を開設している傾向にあります。

パスワードの管理が面倒だからと言って、全ての仮想通貨取引所で同じパスワードを利用していた場合に、1つのパスワードを解読されてしまうと、芋づる式に全てのパスワードが解読されてしまう可能性があります。

複数の仮想通貨取引所を利用する場合は、パスワードが解読されてしまうリスクを抑えるためにも、取引所ごとに異なるパスワードを変更する必要があるでしょう。

また、名前や誕生日など推測されやすいパスワードではなく、できる限り長いパスワードで、小文字・大文字・数字などを組み合わせ、簡単に推測されないような複雑なパスワードを作成することで、不正アクセスなどのリスクを抑えることができます。

最近は、パスワードに加え、二段階認証を行なう仮想通貨取引所が増えてきています。二段階認証とは、スマートフォンなどに専用のアプリをダウンロードし、一定時間ごとに切り替わる数桁の暗証番号をパスワードとともに入力する承認システムです。

パスワードが解読されてしまっても、二段階認証が有効になっていれば、それ以降の操作を行なうことが原則できないため、セキュリティを高めることができるでしょう。

秘密鍵をバックアップすることは大切ですが、それが他人に流出した場合には、パスワードと同様、外部から仮想通貨を盗める可能性が高まります。

パスワードだけでなく、秘密鍵もしっかりと管理しておくようにしましょう。

ウィルス

パスワードや秘密鍵をしっかりと管理していても、ウィルスに感染してしまった場合は、パソコン上に保存されている全てのパスワードが盗まれてしまう可能性があります。

ウィルスに感染しないようにするには、セキュリティソフトをパソコンに導入することが重要ですが、それだけで万全というわけではありません。

ウィルスは、日々進化しているため、セキュリティソフトも常に新しい状態に更新しておく必要があります。無料のセキュリティソフトもありますが、有料のものよりも検出性能が低い場合もあるので、しっかりと比較・検討してから導入するようにしましょう。

フィッシング

ウィルスに対する対策をしている人は多くても、フィッシングに対する対策をしている人は少ないのではないでしょうか。

フィッシングとは、本物に似せた架空サイトを作成することによって、そこにアクセスした人のパスワードや個人情報を抜き取る行為のことです。架空サイトは精巧に作られており、見抜くことが難しいケースが多いです。

WebサイトのURLがわずかに異なっていたり、「不正なアクセスを検知したので確認してほしい」「複数のアドレスへの送金が検知されたので確認してほしい」など、不安を煽る内容のメールを送り、記載されたURLをクリックさせ、架空サイトへと誘導させたりするのがフィッシングの手口としてよくある方法です。

必ず公式サイトのURLをブックマークしておき、そこからしかアクセスしないようにするといったルールを作っておくことが重要になります。

まとめ

仮想通貨のウォレットは、保管先などの違いによっていくつかの種類に分類されますが、どのウォレットを利用する場合でも、パスワードや秘密鍵の管理、セキュリティ対策はしっかりと行なっておく必要があります。

各ウォレットにおけるメリット・デメリットの違いをしっかりと理解し、自分自身に合った環境で仮想通貨を管理するようにしましょう。

初心者でも取り組みやすい!
安定的で手間のかからない投資始めませんか?
投資をしたら満期まで待つだけ
貸付ファンドのオンラインマーケット「Funds」では、上場企業や注目のベンチャー企業が組成するファンドに予定利回り1.5%〜6%*で投資いただけます。
投資をしたら運用期間中の手間はほとんどかからず、相場による価格変動がないため値動きを見る必要はありません。
*年率、税引前
1円単位で投資できる
Fundsの投資単位は1円。気軽に効率よく、資産運用を始めることができます。