>>
インカムゲイン・キャピタルゲインとは?それぞれのメリットとデメリットも解説
インカムゲイン・キャピタルゲインとは?それぞれのメリットとデメリットも解説

インカムゲイン・キャピタルゲインとは?それぞれのメリットとデメリットも解説

投資をしていると見かける、「インカムゲイン」「キャピタルゲイン」という言葉。
今回は、このインカムゲインとキャピタルゲインについて解説していきます。

インカムゲイン・キャピタルゲインとは

投資で利益を得る方法は、インカムゲインとキャピタルゲインの2つに大別できます。

両者に共通する「ゲイン(gain)」という言葉は、英語で「利益、もうけ」という意味が含まれています。

インカムゲインとは

インカムゲイン・キャピタルゲインとは?それぞれのメリットとデメリットも解説

インカムゲイン(income gain)とは、資産を保有することによって得られる利益のことです。

インカム(income)は定期的に入る収入、所得という意味。

保有するだけで、定期的、不定期的な収入が期待できます。
なお、インカムゲイン型の商品は、投資元本が減りづらい特徴があり、安全性が比較的高く保たれます。
損失を被りづらい一方で、得られる収入額は少額であることが特徴です。

キャピタルゲインとは

インカムゲイン・キャピタルゲインとは?それぞれのメリットとデメリットも解説

キャピタルゲイン(capital gain)とは、資産を売買することによる売買差益で得ることができる利益のことです。

キャピタル(capital)は、資本という意味で用いられることが多いですが、資金、元金の意味も含まれています。

端的に言うと、安く買い、高く売ることで得られる利益です。
(※空売り等、この限りではない場合もあります。)

キャピタルゲインによる利益を狙った場合、大きな利益を得られる可能性がある一方で、投資元本自体が減ってしまうため、損失を被るリスク及び金額が大きいことが特徴です。
なお、資産の売買により損失が発生することを「キャピタルロス」と言います。

それぞれの金融・投資商品

では、投資商品がそれぞれインカムゲイン、キャピタルゲインのどちらの利益に分類するのか、特徴も含めてみていきましょう。

株式投資

株式投資は、株式を売買することによって利益を得るキャピタルゲインとインカムゲインの2つの特性を持っています。

株式投資は景気や業績などにより株価が変動するので、大きな利益を得られる可能性はありますが、損失を被る可能性もあるため、リスクも高い投資です。
株式投資は好景気に強いという特徴があります。

株式投資をしていると、配当金が出たり、株主優待がもらえる場合があります。
この配当金や株主優待は、株式を保有している場合に得られるので、インカムゲインに分類されます。

日本の株式市場では株主優待が充実しており、株主優待で生活する方が各種メディアにて取り上げられることもあります。

企業の利益の一部を配当金や株主優待で還元することにより、企業の保有純資産が減少するため、理論的には株価の下落要因になるとも言われています。
(※あくまで理論であり、株価の決定要因はこの限りではありません。)

投資信託

投資信託は、投資家からお金を集め、投資信託運用会社が運用し、運用で得た利益を投資家の投資額に応じて分配する金融商品です。
したがって、インカムゲイン型の投資に分類されます。

投資信託は、保有途中で売買するケースもあります。売買によって得た利益はキャピタルゲインになります。

少額から投資できるので、始めやすい投資ではありますが、売買手数料の他に信託手数料等が掛かり、手数料が少し割高なのが特徴です。

預金

日常的に利用している普通預金や定期預金。これも金融商品です。
微々たる額ながら、預金によって得られる利子は、インカムゲインに分類されます。

また、外貨預金を利用した場合、為替相場により差益が生じることがあります。
円を外貨に換える、外貨を円に換える。これは、外貨を売買しているのと同じなので、キャピタルゲインです。

ご存知の通り、外貨預金以外は基本的に元本割れせず、安全性は極めて高いです。
しかし、実はインフレリスクに弱く、インフレで物価が上昇した場合でも預金の額面は変わらないため、実質的に価値が目減りする、というリスクが潜んでいることには注意が必要です。

不動産投資

不動産投資は、毎月安定した家賃収入が魅力だとよく言われます。家賃収入はインカムゲインです。
不動産の家賃収入の額自体は大きかったとしても、物件を運営する費用がかかったり、ローンや税金の負担があります。
また、予期せぬ修繕費が掛かることもあります。
実質的にどれくらいの利益になるかをしっかりと把握する必要があるでしょう。

不動産を売買して得た利益はキャピタルゲインになります。

昔で言う「土地転がし」、今はタワーマンションを売買する「空中族」なる人が、不動産のキャピタルゲインで利益を得ているケースに当たります。

不動産の売買によって動く額は大きく、キャピタルゲインでの利益額は大きくなります。
その分リスクが大きいことはもちろん、短期間での不動産売買は税制面でも非常に不利になります。

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングは、投資家がソーシャルレンディング事業者に投資し、ソーシャルレンディング事業者が企業に貸付を行なって得た利息を投資家に分配します。
分配金はインカムゲインになります。

ソーシャルレンディングの場合、基本的に途中解約や売却ができませんので、基本的にキャピタルゲインはありません。

インカムゲインにもリスクがある?

ここまで、商品毎のインカムゲイン・キャピタルゲインと、その特徴を挙げました。

キャピタルゲインのリスクについては、売却損により損失を被ることは認識し易いでしょう。

では、インカムゲインにはどのようなリスクがあるのでしょうか。

1.実は元本割れしているケースがある

このリスクは、主に毎月分配型の投資信託で発生します。

毎月分配型の投資信託は、その名の通り、毎月分配金が受け取れる投資信託です。

この毎月の分配金は、投資信託の運用収益より分配されます。
元本の運用により生じた収益が分配されるのであれば良いのですが、運用収益より分配金が上回るケースがあります。
その場合の分配金は特別分配金と呼ばれ、投資した元本の一部払い戻し扱いになります。

場合によっては、「実は元本がほとんどなくなっていた」ということも起こり得ます。

このように、毎月分配金を受け取っているからといっても必ずしも安心ではないのです。

2.実質の収益が見えにくい場合がある

これは、特に不動産投資にいえるでしょう。

銀行口座には振込手数料等を差し引いた家賃収入が入金されます。
しかし、不動産運営には更なる経費が掛かってきますし、突発的な支出が発生するケースもあります。
そうすると結果的に収支がマイナスになっていることも少なくありません。

収益及び経費が同じタイミングで発生し、銀行口座に振り込まれるのであればわかりやすいものの、これらを把握するためには手間がかかります。

このように、インカムゲインは、キャピタルゲイン以上に収支管理をする必要な場合が考えられます。

まとめ:インカムゲイン・キャピタルゲインから見た資産の選び方

いかがでしたでしょうか。

インカムゲインは比較的安全性が高いものの、キャピタルゲインも投資方法によっては大きなリスクを伴わず、利益を得ることができるケースもあります。

分散投資は投資の基本ですが、これはインカムゲイン・キャピタルゲインについても同じことが言えます。

インカムゲイン、キャピタルゲインに縛られず、自分の保有資産と収支状況のバランスを見て、収入源を構築するようにしましょう。

初心者でも取り組みやすい!
安定的で手間のかからない投資始めませんか?
投資をしたら満期まで待つだけ
貸付ファンドのオンラインマーケット「Funds」では、上場企業や注目のベンチャー企業が組成するファンドに予定利回り1.5%〜6%*で投資いただけます。
投資をしたら運用期間中の手間はほとんどかからず、相場による価格変動がないため値動きを見る必要はありません。
*年率、税引前
1円単位で投資できる
Fundsの投資単位は1円。気軽に効率よく、資産運用を始めることができます。