>>
金に投資している投資信託はどれ?それらの特徴やメリット含め、徹底比較しました
純金積立とは。メリットやリスク、注意点を紹介

金に投資している投資信託はどれ?それらの特徴やメリット含め、徹底比較しました

金は世界共通の価値があり、「有事の金」と言われるほど安全資産として認識されています。

そんな金に投資する方法のひとつとして投資信託があります。金に投資している投資信託を購入することで、間接的に金へ投資していることになります。

今回は、金に投資できる投資信託の特徴やメリット、デメリット、そして、代表的な銘柄についても解説します。

間接的に金に投資できる投資信託とは

金に投資するには金地金や金貨(現物)を購入する、純金積立、金ETFなどさまざまな方法がありますが、中でも手軽に始められるのが投資信託です。

投資信託には金が投資対象の銘柄があり、購入することで間接的に金に投資できます。

同じ金に投資できる投資信託でも投資対象はさまざまで、金や純金上場信託、金鉱企業の株式、先物などの価格に連動する銘柄があります。

また、国内の金価格に連動する銘柄もあれば、海外の金価格(ドル建て)に連動する銘柄もあり、さらに為替ヘッジを行うもの、行わないものもあります。

株式や債券が投資対象の投資信託と同じように、少額から投資でき、積立購入も可能です。

そして、銘柄によって異なりますが、購入手数料や信託報酬、解約手数料、信託財産留保額などのコストもかかります。

そのため、どの銘柄を購入するかを選ぶ際は、投資対象だけでなく、コストにも注目することが大切です。

金の特徴

実物資産である金には、円やドルなどの貨幣にはない特徴があります。金に投資をするなら特徴を理解しておくことが大切です。

ここでは、金の特徴について確認していきましょう。

世界共通の価値

円やドルなどの貨幣は、国が発行体として流通量や値動きを管理しており、貨幣の価値は発行体(国)への信用がベースになっています。

しかし、金には発行体が存在せず、金自体への信用がベースになっている実物資産であり、世界共通の価値を持っています。

貨幣は国への信用がなくなると価値が下がり、最悪の場合は価値がゼロになる可能性もありますが、金はそれ自体が価値を持っているため、価値がゼロになることはありません。

そのため、金は安全資産として認識されており、経済情勢が不安定なときや紛争などのリスクが高まると、資産の逃避先として注目されるようになります。

株式や債券の値動きに連動しない

「有事の金」と言われ、金が資産の逃避先として注目されるのは、株式や債券の値動きに連動しない特徴を持つからです。

金は株式や債券の値動きとの相関性が低く、リスク分散効果が期待できます。

株式や債券が下落する局面でも、資産の一部を金に投資していれば、資産を大きく減らさずに済むかもしれません。

世界中の中央銀行も外貨準備として金を保有していることからも、金の安全資産としての価値がわかります。

利息や配当金がない

金は希少性が高く、安全資産として世界共通の価値を持つ一方、利息や配当金がないといったデメリットもあります。

株式や債券は下落しても、利息や配当金を受け取りながら長期保有できるため、株式や債券が投資対象の投資信託においても、利息や配当金を原資に分配金を受け取れます。

また、たとえ分配金が受け取れなくても、利息や配当金によって運用資金が増えれば、基準価額の上昇が期待できます。

しかし、金に投資できる投資信託は、投資対象である金に利息や配当金がないことから、分配金がない銘柄がほとんどで、受け取れても少額です。

このように、金は利息や配当金を受け取れないため、資産を増やすことよりも、リスクを回避して資産を守ることを目的に投資をするとよいでしょう。

金に投資できる投資信託のメリット

金の特徴についてみてきましたが、金に投資できる投資信託にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

次に、金に投資できる投資信託のメリットについて確認していきましょう。

保管コストがかからない

金に投資できる投資信託は、保管コストがかからないのがメリットです。

直接金に投資するときは、延べ棒などの金地金を購入すると保管場所を確保する必要があり、一般的には、銀行の貸金庫や金地金の購入先の保管サービスを利用します。

銀行の貸金庫は大きさによって異なりますが、数万円程度の費用がかかり、保管サービスは預ける重量が増えるほど保管料がかかります。

しかし、投資信託なら保管場所を考える必要はなく、保有中にかかるコストは基本的に信託報酬だけで済むため現物よりも割安といえます。

現物ではないため盗難リスクがない

金に投資できる投資信託は、現物ではないため盗難リスクがないのもメリットです。

金は現物を購入すると、保管コストがかかるうえに盗難リスクに備えなくてはならず、管理に手間がかかります。

また、盗難のほかに紛失リスクもあり、きちんと管理しておかないと大切な資産を失う可能性があります。

しかし、投資信託なら盗難リスクも紛失リスクも回避でき、ネット証券を利用すればPC操作だけで購入できるため、手軽に金への投資を始められます。

金に投資できる投資信託のデメリット

金に投資できる投資信託は、メリットばかりではありません。続いて、金に投資できる投資信託のデメリットを確認していきましょう。

為替変動の影響を受ける

金価格は米ドルベースのため、金に投資できる投資信託には、為替変動の影響を受けるデメリットがあります。

米ドル建ての金価格と連動する投資信託の場合、為替変動の影響により、ドル建てでは資産が増えても、円高局面では資産が目減りしてしまいます。

また、国内の金価格と連動する投資信託であっても、国内の金価格自体が為替の影響を受けるため、為替リスクはゼロとは言えません。

一般に金価格が上昇するときは、ドルへの信頼が失われているときが多く、ドルが売られて円が買われ、円高・ドル安になっています。

そのため、為替リスクを少しでも下げるには、円高になっても金価格上昇による利益が確保できる「為替ヘッジあり」の銘柄を選ぶとよいでしょう。

手数料が割高

金に投資できる投資信託は、手数料が割高なのもデメリットです。

金への投資方法の中では、投資信託は少額から投資ができ、手数料も低く抑えられますが、他の投資信託に比べると手数料は割高になります。

たとえば、国内株式や外国株式が投資対象のインデックスファンドの場合、保有している間にかかる手数料の信託報酬が低い銘柄では0.1~0.2%台に抑えられています。

具体的な銘柄を見ると、「たわらノーロード 日経225」は0.17%、「ニッセイ外国株式インデックスファンド」は0.189%などとなっています。※1、2

金に関連した投資信託を見てみると、ピクテ・ゴールドという投資信託で0.8692%、ゴールド・ファンド(為替ヘッジあり)では0.3996%の信託報酬がかかります。

インデックスファンドのように信託報酬が低く設定されている金に関連した投資信託もいくつかありますが、2017年11月に始まったばかりなど今後の運用成績は未知数です。

また、信託報酬といった手数料以外にも、購入する証券会社によっては販売手数料もかかります。

ネット証券を利用すると購入手数料がかからない銘柄が多いので、少しでも手数料を抑えたい場合はネット証券を利用するとよいでしょう。

金に関連した投資信託一覧

最後に、楽天証券が取り扱っている金に関連した投資信託で、純資産総額が大きい銘柄を紹介します。※3

三菱UFJ 純金ファンド(愛称:ファインゴールド)

三菱UFJ 純金ファンド(愛称:ファインゴールド)は、国内の取引所における金価格の値動きをとらえることが目的の投資信託です。

純資産は約130億円(2018年2月現在)で、「純金上場信託(現物国内保管型)」(愛称:金の果実)を主要な投資対象としています。

信託報酬は0.972%と比較的高めですが、純資産は楽天証券が取り扱う金に関連した投資信託の中では最大です。

外貨建て資産への投資は行っておらず、為替ヘッジは行っていません。

設定日(2011年2月7日)以来、基準価額は10,000円~13,000円で推移しており、純資産は増え続けています。※4

ピクテ・ゴールド

ピクテ・ゴールドは、米ドル建ての金価格の値動きをとらえることが目的の投資信託です。

純資産は約100億円(2018年2月現在)で、投資先のファンドにおいて、主に金の現物に投資しています。

信託報酬は0.8692%で、三菱UFJ純金ファンドに比べると低く抑えられており、純資産は楽天証券が取り扱う金に関連した投資信託の中で第2位です。

原則として為替ヘッジを行い、為替リスクの低減を図っています。

設定日(2011年12月28日)以来、基準価額は11,000円~8,000円で推移しており、純資産は2017年に大きく増えています。※5

ゴールド・ファンド(為替ヘッジあり)

ゴールド・ファンド(為替ヘッジあり)は、日本を含む世界の金地金価格への連動を目指すことが目的の投資信託です。

純資産は約76億円(2018年2月現在)で、「ゴールド・マザー・ファンド」を通じて金地金価格への連動を目指す投資信託証券に投資しています。

信託報酬は0.3996%と、今回紹介している3つの投資信託の中では最も低く、純資産は楽天証券が取り扱う金に関連した投資信託の中で第3位です。

ゴールド・ファンドには為替ヘッジありと為替ヘッジなしの二種類があり、今回紹介しているものは為替ヘッジを行い、為替リスクの低減を図っています。

設定日は2017年7月31日で、まだ運用を開始して1年未満ですが、2018年1月には純資産が100億円に達しました。

しかし、その後は減少傾向が続いており、現在は約76億円となっています。※6

まとめ

金に投資するにはさまざまな方法がありますが、投資信託は少額から投資できるうえに、保管コストがかからず、盗難リスクもないのがメリットです。

為替変動の影響を受ける、手数料が割高といったデメリットもありますが、投資信託には為替ヘッジをして為替リスクの低減を図る銘柄もあり、現物よりは手数料も低く抑えられます。

金への投資方法のひとつとして、投資信託を検討してみてください。


※1:たわらノーロード 日経225
※2:<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
※3:楽天証券 投資信託スーパーサーチ
※4:三菱UFJ 純金ファンド(愛称:ファインゴールド)
※5:ピクテ・ゴールド
※6:ゴールド・ファンド(為替ヘッジあり)

【PR】証券口座を開設するならネット証券が便利?

株式投資や投資信託など投資を始めるには、証券会社で口座開設が必要です。

ただ証券会社の口座開設は非常に手間がかかります。

ネット証券なら、仕事が終わった夜でも手続きができて、オンライン上で完結できるので便利です。

そんなネット証券の中でも、SBI証券は業界低水準の取引手数料が設定されているほか、外国株、IPO銘柄、ロボアドバイザーなどのサービスが豊富に用意されており、一つの口座で様々な投資が可能になるのが特徴です。

また口座開設数は430万を超えており、多くの方々に利用されている実績があります。※1

新規口座開設キャンペーンを実施中のこの機会に口座開設してみてはいかがでしょうか。

※1:2018年10月末時点

【PR】Tポイント×スマホで株式投資ができる新サービスが登場!

SBIネオモバイル証券 口座開設

ついにTポイントで株式投資ができる新サービス「ネオモバ」が登場しました。

「ネオモバ」は1Tポイント=1円で株が買えるほか、1株から購入可能、月額220円で取引し放題※1、スマホ完結でこれまでにない新しい投資体験を提供しています。

その他にも、IPO投資、ロボアドバイザー、iDecoなど充実した商品を取り揃えており、サービス開始から約11ヶ月で約30万口座を達成、約3億8,000万Tポイントが株式投資に使用されています。※2

Tポイントを使って株式投資ができる「ネオモバ」の利用をこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。

※1:1ヵ月の約定代金合計額が50万円以下の場合
※2:2020年3月27日時点