>>
投資信託の分配金とは?その仕組みや再投資と受取のどちらが良いかを解説します
投資信託の分配金は再投資と受取のどちらが良いかを解説します

投資信託の分配金とは?その仕組みや再投資と受取のどちらが良いかを解説します

投資信託に投資を検討している場合、分配金が出ているかどうかは重要な判断材料になります。分配金の取り扱いについては、投資信託によって異なっています。

また投資信託の分配金の受取方法には「再投資」と「受取」の2種類があり、それぞれメリット、デメリットがあります。

投資信託を購入する際は、再投資と受取の特徴を理解しておくことが大切です。

今回は、投資信託の分配金の概要とその仕組み、再投資と受取のそれぞれの特徴を解説します。

投資信託の分配金とは

投資信託の分配金とは?その仕組みや再投資と受取のどちらが良いかを解説します

投資信託とは、投資家から集めた資金で運用のプロが株式や債券などに投資を行い、その運用成果を投資家に還元する金融商品です。

投資信託を購入した投資家は、一般的にその投資信託の決算日後に分配金を受け取ることができる可能性があります。

投資信託の分配金は、基準価額に含まれる繰越利益やインカムゲイン(利子、配当)、キャピタルゲイン(値上がり益)などが原資となるため、分配金を支払うと基準価額が下がります。

また、分配方針は投資信託ごとに異なり、年に1回分配金を支払うもの(1年決算型)や毎月分配金を支払うもの(毎月決算型)のほか、分配金がないもの(無分配型)もあります。

投資信託の基準価額は一般的に1万口あたりの金額になりますが、分配金についても1万口あたりの金額が記載されています。

そのため、購入した投資信託の利回りは、分配金(1万口あたり)を購入平均基準価格(1万口あたり)で割ることである程度調べられます。

投資信託の分配金の種類と仕組み

投資信託の分配金とは?その仕組みや再投資と受取のどちらが良いかを解説します

分配金には投資信託の運用上で得られた売却益や配当金などを顧客に分配する「普通分配金」と、投資信託を運用する上での資金である元本から分配する「特別分配金(元本払戻金)」があります。

投資信託の分配金はどのような仕組みで顧客に支払われるのでしょうか。ここでは、普通分配金と特別分配金とそれぞれ分配金が支払われる仕組みについて詳しく解説します。

普通分配金

普通分配金は、投資信託が運用で得た配当金や利息、売却益などから支払われています。

分配金の支払いは基本的に設定されている日に行われますが、それまでは分配金可能原資として投資信託の資産になっています。そのため、分配金を顧客に支払った時点で、投資信託の純資産総額が減少することになり、結果基準価額も下がることになります。

また課税対象になっていることを理解しておきましょう。

※分配可能原資とは・・・ある運用期間の売却益やこれまで分配金の準備として積み立ててきたお金などを合計したもの。

特別分配金

特別分配金は、運用で得られた売却益や配当金ではなく、投資するための運用資金である元本から支払われるものです。収益ではなく、貯金を切り崩して顧客に分配しているといったイメージが合うでしょう。

毎月一定金額の分配金を支払う投資信託がありますが、運用で得た収益が毎月支払うべき分配金に達していなかった場合、元本を一部切り崩して顧客に分配金を支払っています。
そのため、普通分配金と特別分配金の2つが支払われる場合も多く、その場合、普通分配金のみが課税対象となります。

収益だけではなく、元本を一部切り崩していることになるため、投資信託の基準価額は下がることになります。また、毎月継続的に元本を切り崩して分配していると、時間が経過することに、基準価額が下がっていきます。

分配金コースの種類・受け取り方法

投資信託の分配金とは?その仕組みや再投資と受取のどちらが良いかを解説します

投資信託の分配金は主に「受取」、「再投資」、「無分配」の3コースがあり、投資信託が用意しているコースの中で、受け取り方法を選択できるのです。

ここでは、3つの分配金コースそれぞれのメリット、デメリットを確認していきましょう。

取引口座での受け取り

取引口座での受け取りは、投資信託から支払われた分配金を、取引で使用している金融機関の口座へ現金として受け取る方法です。

分配金コースとして受取を選択すると、決算日ごとに、購入した投資信託の口数に応じた分配金が取引口座に支払われます。

普通分配金の場合は、銀行預金の受取利息と同じように税金が掛かるため、20%程度が差し引かれた金額を受け取ることになります。

また、金融機関によって取り扱いは異なりますが、分配金は証券口座のほか、指定する銀行口座への自動振込を設定できる金融機関もあります。

分配金の受取方法として受取を選ぶメリットは、現金で受け取れるといった点です。

定期的に現金として受け取れるため副収入になり、日常生活費などへの出費や別の金融商品への投資に回せます。

一方、デメリットは長期で見たときに、複利効果が薄れてしまうことです。

投資信託は分配金を支払った分だけ基準価額が下がり、運用に回せる資金が減ることになります。

分配金を受け取らずにその分を運用に回せば投資元本が増えるので、複利効果が高まります。

受取は、分配金を現金で受け取って使いたい人には適していますが、長期で運用して高い複利効果を得たい人には適さないので注意が必要です。

再投資にまわす

再投資は、支払われた分配金で同じ投資信託を自動的に再購入するコースのことです。

分配金コースとして再投資を選択すると、税引後の分配金で購入できる口数だけを自動的に再購入してくれます。

再投資を選ぶメリットは、再投資の際に購入手数料が掛からないこと、自動で購入してくれるため手間がかからないこと、複利効果が高まることの3つです。

受取を選択した場合でも、受け取った分配金を使って自分自身で購入することは可能ですが、購入手数料が掛かる投信信託の場合は、手数料分だけ損をするうえに手間もかかります。

また、再投資を選択すれば、分配金が運用に回されて投資元本が増え、さらに分配金が増える複利効果を期待することができるのです。

一方、再投資を選ぶデメリットは、現金で受け取れない、また税金が掛かるといった点です。

分配金を再投資している限りは、分配金を別の形で使うことはできません。

また、自動で再投資するとはいえ、一度分配金を受け取っているので、分配金からは税金が差し引かれてしまいます。

そのため、複利効果をより高めるには、分配金の支払い回数が少ない投資信託を選ぶことが大切です。

無分配

無分配は、その言葉の通り分配金が支払われないコースのことです。

厳密に言うと、分配金の受取方法として無分配を選択するのではなく、分配方針が無分配の投資信託があるのです。

無分配型の投資信託は、インカムゲイン(受取利子、配当)やキャピタルゲイン(値上がり益)を得ても、運用益を分配金として支払わず、さらに運用に回していくのが特徴となっています。

再投資と似ていますが、再投資の場合は分配金に税金が掛かるのに対し、無分配型は売却益には税金が掛かりますが、購入して保有している間は税金は掛かりません。

そのため、再投資よりも無分配型のほうが、税金分だけ多く運用に回せるので、より高い複利効果が期待できるのがメリットです。

一方、デメリットは分配金を受け取れない点で、定期的に分配金を受け取りたい人には適しておらず、長期間投資をしてより大きなリターンを得たい人に適しています。

注意点は、無分配型の投資信託は「1年決算型、分配金0円」と表示されていることが多く、無分配かどうかの判断が難しいことです。

分配金0円は、単に分配できるほどの収益がない可能性もあるため、無分配型の投資信託は探すときは、目論見書や決算レポートに目を通し、運用方針もチェックするとよいでしょう。

※目論見書とは・・・構成銘柄や各手数料、過去の運用成績などの詳細がまとめて記載されている投資信託の説明書

分配金を受取か再投資で選ぶ際の注意点

投資信託の分配金とは?その仕組みや再投資と受取のどちらが良いかを解説します

投資信託の分配金の受取方法の多くは、受取か再投資です。ここでは、受取か再投資を選ぶ際の注意点について確認していきましょう。

分配金の複利効果

分配金の受取方法として受取か再投資を選ぶ際は、複利効果に注目することが大切です。

受取を選ぶと定期的に分配金がもらえるため、副収入が増えて得をしたように感じるかもしれません。

しかし、分配金を使って投資信託を購入する再投資のほうが、長期で見たときにはより大きな資産形成ができる可能性が高いのです。

受取はいわゆる「単利」であり、追加で購入しない限りは投資元本が増えていかないため、分配金の額が変わらなければ、受け取る分配金の額も一定です。

しかし、再投資は「複利」で、受け取った分配金の額だけ投資元本が増えていくため、雪だるま式に資産が増えていく可能性に期待できます。

短期で考えたときには受取のほうが分配金を使えて得をしたように感じるかもしれませんが、長期で資産形成を目指す場合は再投資を選ぶほうがよいでしょう。

分配金にかかる税金

受取と再投資を税金で比較した場合、両者に大きな違いはありません。

なぜなら、分配金をそのまま受け取っても再投資しても、普通分配金であれば税金が掛かることに変わりないからです。

再投資の場合も、税引後の分配金で投資信託を購入することになるため、保有している投資信託の口数が同じであれば、受取と再投資で分配金の額に差はありません。

ただし、再投資を選択して分配金が0円の場合は実質無分配となり、税引前の分配金で再投資しているのと同じ効果を得られる可能性があります。

NISA活用で分配金をそのまま受け取る

NISA口座で投資信託を購入する場合、投資額がNISAの非課税枠内であれば受取、再投資、いずれも分配金が非課税になるため、受け取る分配金の額に差はありません。

しかも、分配金に税金が掛からず、そのまま再投資できるため、NISAで投資信託を購入するなら複利効果を活かし、長期で資産形成を目指す再投資のほうが向いています。

多額の分配金をもらえるのであれば、受取でも節税効果は大きくなりますが、NISAの場合は投資額が限られており、もらえる分配金も限られているため、再投資のほうが有利といえます。

毎月分配型投資信託は再投資を選ぶべき?

投資信託の分配金とは?その仕組みや再投資と受取のどちらが良いかを解説します

毎月分配金を受け取れることから毎月分配型投資信託を購入する方もいますが、毎月分配型投資信託の場合は再投資を選ぶべきなのでしょうか。

毎月分配型投資信託は毎月分配金を支払うため、分配金の原資を確保するのに苦労している投資信託もあります。

中には、分配金がすべて特別分配金(元本の取り崩し)の投資信託もあり、投資額がそのまま戻ってきているだけというケースがあることもあります。

また、毎月分配金を支払うため運用元本が増えず、長期での資産形成が期待できないうえに、毎月一定金額の分配金が保証されているわけでもありません。

そのため、分配金の受取方法を検討する以前に、なるべくなら毎月分配型投資信託自体を選ばないほうが賢明といえるかもしれません。

まとめ

投資信託の分配金の受取方法には「受取」と「再投資」の2種類があり、受取は短期での収入確保、再投資は長期の資産形成に向いています。

分配金には基本的に税金が掛かりますが、無分配型の投資信託やNISAを活用することで節税が可能です。

また、毎月分配金が受け取れることで人気の毎月分配型投資信託は、元本がそのまま戻ってきていることが多く、毎月一定金額の分配金が保証されているわけでないので、長期的に資産形成を期待したい場合には選ばないという選択肢も考えましょう。

投資信託を購入する際は、自分自身の投資スタンスに合わせて、受取と再投資どちらを選択するかを検討してみてください。

【PR】証券口座を開設するならネット証券が便利?

株式投資や投資信託など投資を始めるには、証券会社で口座開設が必要です。

ただ証券会社の口座開設は非常に手間がかかります。

ネット証券なら、仕事が終わった夜でも手続きができて、オンライン上で完結できるので便利です。

そんなネット証券の中でも、SBI証券は業界低水準の取引手数料が設定されているほか、外国株、IPO銘柄、ロボアドバイザーなどのサービスが豊富に用意されており、一つの口座で様々な投資が可能になるのが特徴です。

また口座開設数は430万を超えており、多くの方々に利用されている実績があります。※1

新規口座開設キャンペーンを実施中のこの機会に口座開設してみてはいかがでしょうか。

※1:2018年10月末時点