>>
【3分でわかる】ミニ株(単元未満株)とは?少額で株式投資できる魅力や始め方について
ミニ株とは?少額で株式投資できる魅力や始め方について解説します

【3分でわかる】ミニ株(単元未満株)とは?少額で株式投資できる魅力や始め方について

株式投資を行うには、ある程度まとまった資金が必要です。しかし、ミニ株は1万円程度の資金で始めることができます。

少額から株式投資が始められるため、株式投資初心者に向いているといえるでしょう。

今回ミニ株とは何かという基本から、メリットとデメリット、始め方まで解説します。

ミニ株とは?

ミニ株とは、100株や1,000株という決められた単元単位ではなく、より小さな単位で比較的少額で始められる株式投資のことです。

本来株式投資は単元株という売買の単位が決められています。

単元は銘柄(会社)毎に異なりますが、100株単位や1,000株単位と、取引を行える最低の株数が決められているのです。

例えば1,000株単位の銘柄を買おうと思った場合、その銘柄が1株1,000円であれば、1,000株×1,000円で100万円の元手資金が必要となります。

ミニ株は10分の1の株数から購入できます。この例の場合、10万円で買うことが可能です。

銘柄によっては1万円程度の少額投資も可能であるため、多くの資金を用意できない人でも参加することができる投資法がミニ株なのです。

初心者でも分かるミニ株の特徴

ミニ株の特徴は株式投資で必要な投資金額が異なるという点、それ以外は基本的に株式投資と同じです。
通常の株式投資と同様に、証券会社を通して取引を行い、値動きを見ながらタイミングを計って投資を行います。

ただし、ミニ株を取り扱っている証券会社や銘柄は限られており、全ての証券会社で全ての上場銘柄の取引ができるわけではないことには注意が必要です。

ミニ株の利益の出し方とは?

ミニ株で利益を出すには大きく分けると3つの方法があります。

  • 単元株と同様に売却益で利益を得る
  • 配当金をもらう
  • 株主優待があるミニ株へ投資する

単元株と同様に売却益で利益を得る

ミニ株は通常の株式投資と同様に、銘柄の値動きに合わせて売買を行います。
安い時に買って高い時に売れば、その差額が利益となるのです。

このように売買時の価格差によって利益を得ることはミニ株投資の目的の1つです。
価格差で利益を出すことを投資用語でキャピタルゲインと呼びます。

ちなみに、株式投資では先に売るということも可能です。
高い時に売り注文を出して、安くなったら買うことができるのです。

投資をある程度経験している方でなければ複雑かも知れませんが、値動きの差によって利益を目指すことには変わりありません。

また、値動きが予想に反した場合には、損失となる可能性もあるため、値動きの予測が利益を得る決め手となります。

この点は通常の株式と同様です。マーケットの動向をしっかりと予測することが重要です。

配当金を得る

上場企業が利益を上げた場合は、株主にその利益を分配します。この分配金のことを配当金といいます。

一定期間株式を保有していると、投資家は配当金を受け取ることが可能です。これは株式投資の魅力の1つとなっています。

配当金は1株あたりの金額で支払われるため、持ち株数が多いほど受け取れる配当金の額は増加します。

一般的には中間決算と期末決算の年2回出している企業が多いですが、配当金を出さずに、そのまま企業の事業への投資資金に回している場合もあれば、赤字で配当金を出せないという場合もあります。
投資先を選ぶ際には注意が必要です。

なお、配当金による利益のことを投資用語ではインカムゲインと呼びます。

株主優待があるミニ株へ投資する

株主優待は、一定期間株を保有していると、その企業から商品やサービスを受け取ることができる特典です。
保有銘柄の自社商品やサービスの招待券、割引券が届く場合もあります。

ただし、通常の株式投資の全銘柄に株主優待あるわけではない上、ミニ株の場合は基本的に株主優待はありません。
もし、ミニ株投資家が株主優待を得たい場合には、保有株数を増やし、通常の単元株数まで増やす必要があります。

魅力的な株主優待を見つけた場合には、値動きを見ながら、株数の増加を検討しなければなりません。

ミニ株のメリット

通常の株式投資や投資信託といった資産運用と比較すると、ミニ株のメリットは大きく2つあります。

メリット1:少額で売買ができる

ミニ株は少額で売買ができるため、多くの資金を準備する必要がありません。
投資額が少ないため、万が一損をした場合の金額も比較的抑えられます。

このように、株式投資を行いたい初心者が始めやすいことが大きなメリットです。
株式投資に興味を持っていたけれど、まとまったお金がない方も、ミニ株であれば参加しやすく、投資の練習としても適しているといえます。

メリット2:リスク分散をしやすい

少額で購入できるため、リスクを分散した投資が行いやすいというメリットもあります。
たとえば100万円の資金を持っている投資家が、1株1,000円で1,000株単位の銘柄を購入する場合、1銘柄しか購入できません。

しかし、同じ1株1,000円の銘柄だとしても、10分の1の株数で購入可能なミニ株であれば、10銘柄を購入することが可能です。
複数の銘柄に投資できていれば、仮に1銘柄で損をしても、他の銘柄の価値が下がらなければ、大きな損失を避けやすいといえるでしょう。

ミニ株のデメリットと注意点

ミニ株投資は必ずしも良いことばかりではありません。デメリットも知った上で検討しましょう。

デメリット1:売買のタイミングに制限がある

株式投資は取引時間内であれば好きなタイミングで売買を行うことが可能です。
自分が売買をしたいタイミングでリアルタイムに売買を行うことを重視する投資家は多いでしょう。

しかし、ミニ株の場合は取引のタイミングに制限があり、取引注文日の翌日の値段で売買が成立します。

つまり、通常の株式投資に比べて売買のタイムラグがあるため、不利な売買を強いられる可能性があるのです。
通常の株式投資をリアルタイムに行える投資家に先を越されるリスクが高いといえます。

また、購入する値段を指定した注文(指値注文)ができず、購入数を指定する注文(成行注文)しかできません。
成行注文は予想外の値段で取引が成立する可能性があります。

デメリット2:投資額に対する手数料の比率が高い

株を売買する際には手数料がかかります。
ミニ株は購入単価が低いため、投資金額に対して手数料が占める割合が通常の株式投資に比べて高くなるというデメリットがあります。

手数料の割合が高くなると、その分だけ利益率を高めなければなりません。
できる限り確実な投資をしたくても、利益率を高めるためリスクをとるという判断にもなりかねないため、注意をした投資が必要です。

デメリット3:取扱銘柄が限定されている

ミニ株は取扱銘柄が限定されています。
株価上昇が見込める銘柄を見つけたとしても、購入することができないケースが多々あります。

銘柄が限られていることで機会損失となるケースもあることは、大きなデメリットだといえるでしょう。

1株から購入できる単元未満株制度とは?

ミニ株は10分の1の株数から購入できる制度でしたが、1株から企業の株が購入できる単元未満株制度があります。

単元未満株制度という名称で各証券会社はサービスを展開しておらず、独自の名前で単元未満株制度を紹介しています。

証券会社 単元未満株の名称
SBI証券 S株
マネックス証券 ワン株
カブドットコム証券 プチ株
野村証券 まめ株

※1、2、3、4(2018年3月時点、取り扱いがあるマネーの手帳調べ)

ミニ株と単元未満株の違い

またミニ株と単元未満株は株の売買単位以外にも異なった特徴をもっています。

ミニ株 単元未満株
売買単位 1単元の1/10 1株から可能
売買タイミング 1日1回 1日1回(2回の証券会社もある)
株主名義 投資家本人 証券会社

ミニ株(単元未満株)の始め方

ミニ株(単元未満株)を始めるには、証券会社で口座開設を行う必要があります。

ただし、制度が無ければ口座を持っていても、ミニ株(単元未満株)を行えません。

以降、取り扱っているサービスや口座開設の方法・注意点をご紹介します。

ミニ株(単元未満株)を取り扱っているかを確認

まずはミニ株(単元未満株)の制度があるかを確認しましょう。証券会社によってはミニ株(単元未満株)がなく、実際に口座開設してから気づくことがないようにしましょう。

インターネットで検索すれば、取り扱いがある証券会社を調べることが出来ます。ネット証券であれば口座開設の手続きがネットで完結できる他、手数料もリアル店舗などのコストがないため、比較的低い傾向があります。

以下は、ミニ株(単元未満株)の取り扱いがある証券会社です(マネーの手帳調べ)。

SBI証券(S株)はこちら
マネックス証券(ワン株)はこちら
カブドットコム証券(プチ株)
野村證券(まめ株)はこちら

証券会社で口座開設

証券会社を選んだら、実際に口座開設をしていきましょう。

証券会社の口座開設では、必要書類として、

  • 運転免許証
  • 各種健康保険証
  • マイナンバー

などが必要になるため、書類で記載している住所が現住所と一致していなかったり、転職したばかりで健康保険証がなかったりと必要書類が準備できないことがないようにしましょう。

入金して売買をしてみる

口座開設ができたら、ネット証券の場合、アカウントが作成されるため、IDとパスワードを入力してログインしましょう。

あとは証券会社の口座に投資用資金を入金して、投資したい銘柄を選び、購入ボタンを押すだけです。

銘柄選びや購入タイミングなども十分考慮して売買を始めましょう。

ミニ株といえど、手数料は投資における大事なポイントです。
ミニ株が行える証券会社の手数料一覧を知りたい方は以下の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ミニ株とは、通常の株単価の10分の1の株数から購入できる投資方法で、銘柄によっては1万円程度の少額投資も可能です。
多くの資金を用意できない人でも参加することができるため、通常の株式投資と比較すると初心者でも比較的ローリスクで投資経験を積むことができます。

一方で、売買のタイミングの制限や、割高な手数料、限定的な取扱銘柄というデメリットもあります。
メリットとのバランスを考慮した上で、計画的な投資を行うと良いでしょう。

通常の株式投資と比較すると、利益を生む点ではデメリットもみられるミニ株ですが、株式投資を始めてみたい初心者にとってはメリットの多い投資方法です。


※1:SBI証券:S株
※2:マネックス証券:ワン株
※3:カブドットコム証券:プチ株
※4:野村證券:まめ株

【PR】証券口座を開設するならネット証券が便利?

株式投資や投資信託など投資を始めるには、証券会社で口座開設が必要です。

ただ証券会社の口座開設は非常に手間がかかります。

ネット証券なら、仕事が終わった夜でも手続きができて、オンライン上で完結できるので便利です。

そんなネット証券の中でも、SBI証券は業界低水準の取引手数料が設定されているほか、外国株、IPO銘柄、ロボアドバイザーなどのサービスが豊富に用意されており、一つの口座で様々な投資が可能になるのが特徴です。

また口座開設数は430万を超えており、多くの方々に利用されている実績があります。※1

新規口座開設キャンペーンを実施中のこの機会に口座開設してみてはいかがでしょうか。

※1:2018年10月末時点

【PR】Tポイント×スマホで株式投資ができる新サービスが登場!

SBIネオモバイル証券 口座開設

ついにTポイントで株式投資ができる新サービス「ネオモバ」が登場しました。

「ネオモバ」は1Tポイント=1円で株が買えるほか、1株から購入可能、月額220円で取引し放題※1、スマホ完結でこれまでにない新しい投資体験を提供しています。

その他にも、IPO投資、ロボアドバイザー、iDecoなど充実した商品を取り揃えており、サービス開始から約11ヶ月で約30万口座を達成、約3億8,000万Tポイントが株式投資に使用されています。※2

Tポイントを使って株式投資ができる「ネオモバ」の利用をこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。

※1:1ヵ月の約定代金合計額が50万円以下の場合
※2:2020年3月27日時点