>>
投資信託が持つリスクとリターンの考え方
投資信託が持つリスクとリターンの考え方

投資信託が持つリスクとリターンの考え方

投資信託は銀行の預貯金と異なり、元本保証されていないため、投資した資金を失うリスクがあります。そのため、投資信託で投資を始めてみたいが、リスクが怖く、なかなかその1歩を踏み出せない方も多いのではないでしょうか。

投資信託を始める前に、あらかじめ投資信託が持つリスクについて把握し、投資で必要なことを心がけておくことで、リスクをなるべく減らした資産運用を期待できます。

今回は投資信託が持つリスク、またこれらのリスクをなるべく減らすために心がけておくべきことを解説します。

投資信託の主な5つのリスク

投資信託が持つリスクは主に、次の5つのリスクがあります。

  • 金利変動リスク
  • 信用リスク
  • 流動性リスク
  • 為替変動リスク
  • カントリーリスク

投資信託で投資を行うためにもあらかじめ知っておきたい、それぞれのリスクについて以下より詳しく解説します。

価格変動リスク

価格変動リスクは、組み入れている金融資産の相場状況によって価格が変動することです。

投資信託は、純資産総額に対して総口数で割った「基準価額」で取引が行われています。基準価額は、対象の投資信託が組み入れている株式や債券といった金融資産の価格変動によって、毎日更新されます。

価格が変動することで、自分自身が購入した金額よりも基準価額が上昇すると、評価額がプラスになりますが、逆に、購入した金額よりも基準価額が下落すると、評価額がマイナスとなります。

日々の変動で一喜一憂せずに、こうした価格変動は毎日あることを理解し、長期的な視点で投資信託でリターンを出せそうかどうかを判断しましょう。

金利変動リスク

市場金利の上下で、金融商品の評価額に影響があることを金利変動リスクと呼びます。特に影響を受けるのが債券を中心に運用している投資信託です。

一般的に、債券は発行体によって満期までに支払われる金利は決められていますが、満期が来る前に債券を売却した場合、市場価格で売買することになります。

そのため、市場金利が上昇した場合、市場で取引されている債券は、もっと利回りの良い金融商品への投資を考える方が増えることで債券が売却され、価格が下落することになります。
市場金利も常に変動しているため、債券を中心に運用している投資信託を選ぶ際には金利の推移なども確認しておく必要があるでしょう。

※市場金利とは・・・市場の需給で変動している金利。株式市場と同様に金利も日々取引がされている。

信用リスク

信用リスクとは、債券や株の発行体である政府や企業などが、財政・経営状況の悪化により、利息の支払いや借りた資金の返済が困難(債務不履行)、また倒産、上場廃止となる可能性のことです。

この信用リスクによって、組み入れている債券や株の一部が大きな変動をして、元本を下回り、損失が発生することが考えられます。

特に債券の場合は、発行体の支払い能力を客観的に示す為に、格付会社によって格付けが行われています。格付けが高い債券の利回りは低く、逆に、格付けが低い債券は利回りが高い傾向にあります。

債券を中心に運用している投資信託は、複数の債券を組み入れて運用していることから、万が一どこかの発行体で債務不履行が発生しても、元本を全て損失してしまう可能性は高くないと言えます。

しかし、組み入れている債券の格付けによっても、投資信託毎に信用リスクの度合いが異なります。
例えば、格付けが高い債券を中心に運用している投資信託であれば信用リスクは小さいと言えますが、格付けが低い債券を中心に運用している投資信託は信用リスクが高いといえるでしょう。

流動性リスク

投資信託の取引が数多く行われている場合は換金しやすいですが、人気があまりない、また知名度が低い投資信託は取引があまり行われておらず、いざ売却しようと思った場合、買い手が見つからず換金しづらい状況になることも考えられます。

また、換金ができたとしても、売却したい値段で換金できるとは限らず、思ったよりも低い値段でしか換金できずに、得られるはずの売却益が減少したり、損失となってしまう可能性があります。

為替変動リスク

海外の株式や債券など外貨建ての資産を組み入れた投資信託では、為替の変動によって、投資信託の評価額にも影響を与える可能性があります。

例えば、投資信託を購入した時よりも、対象の外貨建て通貨が円高に推移した場合、基準価額が下落することで、元本を下回り、損失が発生することも考えられます。

外貨建ての資産に投資する投資信託では「為替ヘッジなし」と「為替ヘッジあり」を選べる場合があります。
為替ヘッジなしは為替の変動によって基準価額も変動しますが、為替ヘッジありの場合は、あらかじめ為替変動を織り込んでいるため、小幅な為替変動のみであれば基準価額への影響はほぼありません。ただし、為替ヘッジコストが発生していることに注意が必要です。

カントリーリスク

投資信託が組み入れている資産の投資対象国の政治や経済状況によって、投資対象の資産の価格が変動する可能性があります。

特に、国債を組み入れた投資信託の場合、投資対象国の政治状況が不安定、また治安が不安定で常に戦争やテロなどのリスクが高い場合は、カントリーリスクが高いといえます。

また、政治や治安だけではなく、投資対象国の財政状況によってもカントリーリスクの有無が異なってきます。近年では、2015年にギリシャが債務不履行の一歩手前となったことは記録に新しい出来事ではないでしょうか。
カントリーリスクについても、信用リスクと同様に、格付け会社による格付けが低い場合は要注意しておく必要があるでしょう。

リスクとリターンの関係

投資信託に限らず、投資を行う場合は常にリスクが付いています。リスクは投資対象の資産や投資金額の大小によっても異なります。

リスクが高い投資は、得られるリターンも高く、逆に、リスクが低い投資は得られるリターンも低くなる特徴があります。そのため、リスクとリターンは表裏一体の関係にあることを理解しておきましょう。

例えば株式と債券を比較した場合、株式は企業の業績や経済状況によって価値が大きく変動するため、価格変動のリスクが高いといえます。株価が大きく下落するリスクはありますが、逆に、株価が大きく上昇し、高いリターンを得られる可能性もあるでしょう。

一方で、債券は金利の変動や信用リスクの影響を受けますが、株式と比較すると価格変動のリスクは低いといえます。

格付けが高く信用リスクが低い場合は、金利が低く設定されているためリターンは小さくなります。逆に、格付けが低く信用リスクが高い場合は、金利が高く設定されているため、リターンも大きくなります。

投資信託でリスクを減らすために必要なこと

投資信託を始めるにあたり、リスクを減らすために必要なのは、分散投資と長期投資を心がけることです。リスクを減らすために必要となる2点について詳しく解説します。

分散投資

リスクを減らすためには、分散投資を行うことが重要です。投資信託は複数の金融資産や銘柄が組み入れているため、個別株や個別の債券に投資する場合と比べると、価格変動のリスクは低くなります。しかし、特定の資産に偏っていたりする場合は、相場の影響を受けやすいといえます。

そのため、株式や債券、不動産、コモディティなど複数の資産に対してバランスよく組み入れている投資信託に投資するか、自分自身で複数の投資信託を組み合わせて、投資対象の資産を分散して運用することが重要です。

ただし、ある程度のリスクを取った上で運用したい、できるだけリスクを減らしたいなど運用目的はそれぞれ異なるのが現状です、そのため、分散投資を行うといっても、リスク許容度に応じて投資対象のポートフォリの比率を調整しても良いでしょう。

例えば、リスク許容度が高い場合は株式の比率を高め、債券の比率を下げる、逆に、リスク許容度が低い場合は、債券の比率を高め、株式の比率を低くするといった調整ができます。ただし、運用を継続していく中で、価格変動によってバランスが崩れていくことも考えられます。そのため、定期的にポートフォリオをチェックし必要に応じてリバランスを心がけることが重要です。

長期投資

投資信託は長期投資を行うことで資産を形成していく金融商品です。そのため、短期的に売買するのではなく、長期保有前提で銘柄を選ぶことが重要です。

長期投資のメリットとしては、複利効果が生まれ、目標とする金額までの達成スピードが早まることや、短期売買で必要な時間をかけずに済むことが挙げられます。

短期投資のデメリットを挙げると、売買では売却益に応じて毎回約20%の税金が発生します。一方、税金をなるべく抑えたいと考えて、少額投資非課税口座(NISA)を活用した場合は、年間上限投資枠をすぐに使い切ってしまうことになります。
こうしたデメリットもあることから、基本的に投資信託は長期保有を心がけましょう。

※複利効果とは・・・投資した金額に利息などを上乗せしていくことにより、利息が利息を生んでいく効果のこと。

まとめ

投資にはなにかしらのリスクがあります。特に投資信託の場合は、組み入れられている資産によって、抱えているリスクが異なるため、注意が必要です。

ただ今回解説したようなリスクを理解しておくことは、投資信託以外での投資にも応用できるでしょう。リスクとリターンの関係性を考えた上で、資産形成の目標金額や自分自身の状況を照らし合わせながら、投資する金融商品を選択していきましょう。

【PR】証券口座を開設するならネット証券が便利?

株式投資や投資信託など投資を始めるには、証券会社で口座開設が必要です。

ただ証券会社の口座開設は非常に手間がかかります。

ネット証券なら、仕事が終わった夜でも手続きができて、オンライン上で完結できるので便利です。

そんなネット証券の中でも、SBI証券は業界低水準の取引手数料が設定されているほか、外国株、IPO銘柄、ロボアドバイザーなどのサービスが豊富に用意されており、一つの口座で様々な投資が可能になるのが特徴です。

また口座開設数は430万を超えており、多くの方々に利用されている実績があります。※1

新規口座開設キャンペーンを実施中のこの機会に口座開設してみてはいかがでしょうか。

※1:2018年10月末時点