>>
投資信託の基準価額とは?基準価格との違いや注意点を解説
投資信託の基準価額とは?基準価格との違いや注意点を解説

投資信託の基準価額とは?基準価格との違いや注意点を解説

投資信託を購入するときの値段には「基準価額」が用いられています。一般的な投資を行う場合の値段として、株価など需要と供給で決まる「価格」をイメージされる方も多いのではないでしょうか。

投資信託の基準価額は、一般的な商取引で用いられている価格とは異なるものです。

今回は、「基準価額」の概要と計算方法のほかに、基準価額と関連してよく目にする「基準価格」との違いも合わせて解説します。

基準価額とは

投資信託の基準価額とは?基準価格との違いや注意点を解説

基準価額とは、投資信託を購入するときの値段です。株式投資の場合は、リアルタイムの需要と供給によって株価の値段が決まりますが、基準価額は1日1回のみ算出されます。

投資信託では、取引単位として「口(くち)」が用いられており、証券会社など金融機関で購入する際に提示されている基準価額は、多くの場合、1口単位もしくは1万口単位で記載されています。

基準価額の計算方法

基準価額の計算方法は、投資信託が保有している株式や債券などの時価評価額に利息や配当収入を加味した価格から、信託報酬などの運用コストを差し引いた「純資産総額」を投資信託の総口数で割って算出します。

純資産総額 ÷ 総口数 = 基準価額

※総資産額=(保有している金融資産+利息や配当-運用コスト(信託報酬))

例えば、投資信託が保有している全資産の時価評価額が10万円、利息や配当金が1,000円、信託報酬が100円だった場合の純資産総額は10万900円となります。

この投資信託の総口数が10口だった場合、1口あたりの基準価額は1万90円となります。

基準価額の更新時間

投資信託の基準価額は1日1回算出されますが、投資対象が国内か、それとも海外か、また各金融機関によっても更新時間はバラバラです。

日本国内の株式や債券を運用している投資信託であれば、市場の取引が終了する午後3時以降に算出が行われますが、海外の株式や債券を運用している場合、対象国の市場取引終了時間以降に基準価額が算出されることに注意が必要です。

各金融機関でそれぞれ更新時間は異なりますが、取引終了後の夕方、19時や21時前後などに更新されることが多いようです。また速報値という形で17時前後と早い段階で基準価額を出すサービスもあれば、確定値は明日朝に出すといったサービスもあります。

基準価額と基準価格の違い

投資信託の取引価格として、「基準価額」と「基準価格」の2つの表記を見かけますが、正式な表現は「基準価額」です。

基準価額は、英語で表すと「Value(価値)」に該当し、基準価格は「Price(値段)」に該当します。
投資信託の基準価額は先述したとおり、時価評価額に配当金などを加味して運用コストを差し引いた「純資産総額」に対して、総口数で割って算出するため、株式のように需要と供給の関係で決まる「価格」とは異なり、「価値」としての性質が高いといえます。

基準価額が上下する要因

投資信託の基準価額とは?基準価格との違いや注意点を解説

投資信託の基準価額は1日1回上下しますが、基準価額が変動する要因としては主に2つあります。
それぞれの変動要因を以下で詳しく解説します。

投資している株式や債券の価格変動

基準価額が上下する要因の1つは、投資信託が組み入れている株式や債券などの時価評価額が毎日更新されていることにあります。

株式や債券の市場での売買が終了後、組み入れている資産の時価評価額が決定します。この時価評価額が前日よりも上昇すれば、基準価額の上昇につながります。逆に、前日より組み入れ資産の時価評価額が下落した場合、基準価額も下落します。

株式や債券の価格は国内や海外の経済状況、また各企業の業績などによって変動します。例えば、企業の収益向上につながる政策が政府から発表された場合は、その企業の株を買いたい投資家が増え、株価が上昇することがあります。

また輸出関係の事業で収益を出している国内企業は、円高が進むことで業績が悪化するため、円高が予想される情報を投資家が知ると、その企業の株を売りたい人が増え、株価は下落しやすくなります。

投資信託の組み入れ銘柄の中で、保有している割合が多い株式や債券の価格が変動すると、基準価額へも大きな影響が出るため、経済や各企業のニュースを確認するようにしましょう。

配当金の収入や分配金の支出

投資信託に組み入れている資産からの配当金が支払われたとき、また、運用コストなどの手数料を支払ったときも基準価額が変動します。

投資信託で運用している株式や債券に対して、配当金や利息が支払われると、支払われた金額分の収入が入ってきます。そのため、組み入れ資産の時価評価額にプラスして計上されるため、基準価額の上昇につながります。

逆に、投資家への分配金は、支払った金額が支出として純資産総額から引かれるため、その分基準価額が減少することになります。

【注意】基準価額が低い、高いに惑わされない

投資信託を購入する際は、提示されている基準価額や運用成績、手数料など総合的に見て購入判断をしますが、基準価額は、需給関係で決まる価格ではなく、価値を示したものになります。

そのため、単純に基準価額が低い、高いといった基準で取引の判断をするものではありません。

基準価額が高いと思う場合は、対象の投資信託が組み入れている金融資産の時価評価額が上昇したことにより高くなっていると考えられ、これまでの運用成績が良好であった可能性があります。

大切なのは、対象の投資信託の説明書に該当する「交付目論見書」を活用して、過去から現在までのトータルリターンを確認しておくことです。合わせて、基準価額の推移や純資産総額の推移も確認しましょう。

※交付目論見書とは・・・組み入れ銘柄の割合や各手数料、過去の成績など投資信託の購入に関する判断基準になる情報が網羅的に記載されている説明書

基準価額以外に注意するポイント

投資信託の基準価額とは?基準価格との違いや注意点を解説

信託報酬

信託報酬は運用会社や販売会社に支払う手数料です。投資信託を購入する際にかかる販売手数料はその時だけかかるものですが、投資信託を保有している限り、信託報酬は毎日かかります。

表面的に利回りが良くみえる投資信託でも、信託報酬が高いものを購入してしまうと、リターンから大きなコストが差し引かれることになるため、実質的な利回りは低くなるでしょう。また信託報酬以外にも税金がかかります。税金でかかるコストは変えられないため、なるべく信託報酬が低い投資信託を選ぶようにしましょう。

例えば楽天・全世界株式インデックス・ファンドは信託報酬が0.1296%に設定されています。(ファンド管理費用の合計は0.2396%)※1

構成銘柄

例えば、国内株式のみで構成されている投資信託でも上位10銘柄だけで数十%程度の割合を持っていたり、業種が偏っていたりする投資信託には注意が必要です。

構成銘柄が偏っていると、1つのニュースでも基準価額に大きな影響を与える可能性があります。為替レートといった全体に与える影響はもちろん、各企業の株価変動も構成銘柄が偏っていると、その投資信託には大きな影響を及ぼすことになります。

少しの変動が投資信託全体に大きな影響を与えるような構造になっていないか、各銘柄をしっかりと確認した上で投資信託の購入を検討しましょう。

分配金

投資家に分配金が支払われると投資信託の純資産総額が減少するため、今後の運用成績に影響します。そのため、なるべく純資産総額が減少しない、分配金を出さない投資信託のほうが長期的に見ると大きなリターンを出せる可能性があります。

投資信託を購入する際はなるべく分配金を出し過ぎていない商品を選ぶことを心がけましょう。

まとめ

投資信託の基準価額について理解できたでしょうか。実際に投資信託を購入する際には、基準価額はもちろん、信託報酬などの手数料や組み入れ銘柄などさまざまな項目を確認することになります。

基準価額を理解した上で、他の項目も見てみると、思わぬ良い発見があるかもしれませんね。


※1:楽天・全世界株式インデックス・ファンド

【PR】証券口座を開設するならネット証券が便利?

株式投資や投資信託など投資を始めるには、証券会社で口座開設が必要です。

ただ証券会社の口座開設は非常に手間がかかります。

ネット証券なら、仕事が終わった夜でも手続きができて、オンライン上で完結できるので便利です。

そんなネット証券の中でも、SBI証券は業界低水準の取引手数料が設定されているほか、外国株、IPO銘柄、ロボアドバイザーなどのサービスが豊富に用意されており、一つの口座で様々な投資が可能になるのが特徴です。

また口座開設数は430万を超えており、多くの方々に利用されている実績があります。※1

新規口座開設キャンペーンを実施中のこの機会に口座開設してみてはいかがでしょうか。

※1:2018年10月末時点