>>>
社債とは?仕組み(株との違いなど)や種類、メリット・デメリットなどを徹底解説
社債とは?仕組みやメリットと注意点

社債とは?仕組み(株との違いなど)や種類、メリット・デメリットなどを徹底解説

社債とは、企業が必要となる資金を調達するために発行する「債券」です。株式の発行や金融機関の借り入れといった資金調達以外の方法として、よく用いられています。

社債は機関投資家向け以外にも、個人向けに小口化され、各証券会社を通じて購入できることがあります。(取り扱い証券会社は異なる)

しかし、普通社債や転換社債などさまざまな種類があるほか、株との違い、それぞれのメリット・デメリットなどを購入前に理解しておくことが重要です。

今回は社債の仕組み(株との違い、種類など)、社債を購入するメリットとデメリット、購入方法を解説します。

社債とは?

社債とは?仕組み(株との違いなど)や種類、メリット・デメリットなどを徹底解説

社債とは、企業が必要となる資金を調達するために発行する「債券」で、お金を借りたことを証明する「借用証書」に該当します。
借用金額と返済日、支払われる利息があらかじめ提示されています。

企業は一般の投資家から迅速に資金調達ができることに加え、銀行預金の金利が低い中、投資家にとってはより高い利息を得る手段となります。

社債の種類

社債とは?仕組み(株との違いなど)や種類、メリット・デメリットなどを徹底解説

社債には大きく分けて「普通社債(SB)」と「転換社債(CB)」、「ワラント債」、「劣後債」、「電力債」の5つがあります。
以下で詳しく解説します。

普通社債(SB)

普通社債(SB)は、英語でStraight Bondと言い、返済期限が設定され、その間に投資家に利息(クーポン)が支払われる社債です。
信用リスクが高い社債ほど利息も比較的高くなる傾向があります。

転換社債(CB)

転換社債(CB)は、英語でChangeable Bondと言い、一定の価格において、社債を発行している企業の株式に転換できるという特別な条件付きの社債です。
※正確には転換社債型新株予約権付社債という名称です。

通常の利息が得られるだけではなく、株との転換により値上がり益が得られます。
しかし、普通社債と比較して利息が低いことがデメリットです。

ワラント債

ワラント債は、社債と株式を一定の価格で購入できる権利が付帯された社債です。
先程の転換社債は、社債を株式に転換できるものですが、ワラント債は、通常の社債に加え、株式を購入するための資金が追加で必要になります。

劣後債

劣後債とは、社債を購入した投資家に対して、弁済順位が低い社債です。
弁済順位が低いため、企業に破綻などの事態となった場合に損失を被る可能性が高くなりますが、その分利息が高く設定されているのが特徴です。

電力債

電力債は、電力会社が発行する債券です。電力債は電気事業法で一般担保付社債と認められており、万が一電力会社が倒産しても、保有資産から他の債権者より優先して返済を受けることができます。※1(2018年3月時点)

社債と株の違いとは?

社債とは?仕組み(株との違いなど)や種類、メリット・デメリットなどを徹底解説

株を購入することも企業に対して資金を提供することになります。
しかし、社債と株はどのように違うのでしょうか。以下で主に2点について解説します。

株の購入は企業の一部を所有すること

企業が資金を調達する方法として「株式」を発行する方法がありますが、株と債券はその特徴が異なります。
株を購入することは、出資という形になるた、株式会社の一部を保有することになります。

株の購入は、出資するという行為になり、株式会社はその金額の返済義務はありません。
また、投資家が配当を毎年得られる保証はありません。

ただし、企業の業績がよくなれば、株価が上がり値上がり益が得られる他、利益の一部を還元する配当金が得られる可能性があります。

社債は企業にお金を貸すこと

社債を購入することは「企業にお金を貸すこと」です。
償還期限を迎えると、貸したお金は利息付きで戻ってくることが約束されています。

ただし、企業が破綻などの事態になった場合、返済されないリスクがあります。

株とは異なり、株価上昇による値上がり益や配当金は得られないため、株式投資と比較するとリターンは大きくありませんが、その反面、損失リスクも比較的小さいといえます。
また、社債には株主総会が議決権を行使するといった権利が付与されず、経営への関与はできません。

社債のメリット

社債を購入するメリットとしては、銀行の定期預金に比べて利息が高いことが挙げられます。

社債は定期預金に比べて利息(利率)が高い

社債のメリットは金利が高いことにあります。
例えばみずほの定期預金の金利は、0.01%となっています。※2(2018年3月時点、預金期間問わず)

一方社債を見ると、2017年3月に公募開始したソフトバンクグループの「第51回無担保社債」では、社債の利率は2.03%に設定されています。※3

また、2017年5月に公募を行ったオリックス株式会社の「第190回無担保社債」は、利率0.15%に設定されています。※4

社債のデメリット

一方デメリットは、企業の破綻など返済されないリスクや購入単価が高いことが挙げられます。

企業の破綻で債務不履行のリスクがある

社債は、企業が約束した期日までに利子付きで貸した金額が返却されるとしています。
しかし、企業の経営状況が悪化した場合など、利息の支払いが滞る、または倒産してお金が返却されないことも十分に考えられるため、必ずしもこの約束が守られるとは限りません。

実際に、2001年には小売店のマイカルが破綻し、債券の返済ができず債務不履行になった事例があります。※5

社債は購入単価が高い

社債によって異なるものの、社債の購入には50万円や100万円などの大きな元手が必要となります。

個人向け国債は最低1万円から、投資信託も積み立て投資なら最低100円から購入が可能のため(証券会社による)、社債の購入単価は比較的高いといえるでしょう。

社債の購入方法

社債とは?仕組み(株との違いなど)や種類、メリット・デメリットなどを徹底解説

社債購入には、証券会社で購入する方法と投資信託を通じて購入する2つ方法があります。

証券会社で購入する

社債は、証券会社を通じて購入可能です。
購入を検討している場合、はじめに証券会社の口座を開設する必要があります。

ただし、証券会社の口座を開設後、いつでも好きな企業の社債が自由に購入できるわけではありません。
企業が社債を発行することが決まった時点で、証券会社の店頭で購入可能になります。

また、証券会社によって社債の取り扱いが異なるため、複数の証券会社を調べる必要があります。

例えば、SBIホールディングスが発行する社債のSBI債はSBI証券のみで取り扱いが行なわます。

この他にも、マネックスグループのマネックスファイナンスが発行する社債のマネックス債はマネックス証券のみの取り扱いとなっています。

証券会社を通じて販売されている個人投資家向けの社債は、100万円、200万円など比較的高額となっていることもあるため、まとまった資金を確保した上で購入する必要があることに注意が必要です。

投資信託を通じて購入可能

社債は、直接証券会社から購入する方法以外にも投資信託を通じて購入可能です。
特に債券型の投資信託は、1種類の債券だけでなく、さまざまな債券を組み合せて運用されています。そのため多くの債券に分散して投資が可能です。

買付価格も投資信託によって異なりますが、1万円から10万円程度で購入できる場合も多いことに加え、毎月自分が決めた金額を積み立てることも可能です。

社債を購入する上での注意点

社債とは?仕組み(株との違いなど)や種類、メリット・デメリットなどを徹底解説

社債は、銀行の定期預金と比べると利息が高いメリットがありますが、購入にあたり事前に知っておきたい注意点があります。

企業の信用力をチェックする

社債を購入する前に企業に対する信用力のチェックは欠かせません。
はじめに企業の財務体質を図る指標として「自己資本比率」があります。

自己資本比率は企業が持っている総資産に対して、返済する必要がない自己資本を保有している割合のことで、数値が大きくなればなるほど借金の割合が少ないことを示します。

企業規模や業種によって、自己資本比率が健全かどうかの基準は変わるため、一概に自己資本比率が100%に近いから良いとはいえません。

また自己資本比率だけでなく、その他のさまざまな指標を織り交ぜながら、信用力を判断する必要があるため、財務分析の知識を身に付けておいたほうがよいでしょう。

格付け情報をチェックすることも必要です。
企業の格付けは日本格付研究所やムーディーズ、スタンダード&プアーズなどが算出しています。

格付けの示し方は格付け会社によっても多少異なるものの、基本的には10段階で格付けが行われ、安全なのは債務履行がほぼ確実であることを示す「AAA(トリプルA)」で、最下位は債務不履行状態を示す「D」です。

格付けが低いほど利息(利率)も高い傾向にあるため、注意するようにしましょう。

返済までの期間を確認する

社債は、返済するまでの期間が定められており、比較的長期に設定されていることが多いです。
一般的には、短くても3年から5年、長くて10年以上の期間を要することが多いでしょう。

なお、中途換金してしまうと、社債は比較的流動性が低い投資商品であることから、買い手が現れない可能性があり、元本割れを起こす可能性が考えられます。

すぐに使う可能性がある資金で社債を購入するのではなく、余裕資金で購入することが望ましいといえます。

まとめ

社債は、株とは異なる特徴を持ち、これらを理解しないまま、購入するのは避けたほうがよいでしょう。

ただ社債にも、一定の価格で株式に転換できる社債(転換社債)などさまざまな種類があるほか、投資信託を通じて購入もできるなどがあります。

銀行の定期預金に比べて利息が高い特徴もありますが、万が一、破綻した場合、貸したお金が戻らないことも考えられます。
企業の経営状況や財務状況をチェックした上で購入するようにしましょう。


※1:電力システム改革 法的分離と一般担保付社債発行特例の廃止
※2:みずほ銀行:円預金金利
※3:第51回及び第52回無担保普通社債の発行に関するお知らせ
※4:オリックス株式会社第 190 回無担保社債(社債間限定同順位特約付)
※5:日本法人のデフォルト・格付け遷移調査 2012 年版

初心者でも取り組みやすい!
安定的で手間のかからない投資始めませんか?
投資をしたら満期まで待つだけ
貸付ファンドのオンラインマーケット「Funds」では、上場企業や注目のベンチャー企業が組成するファンドに予定利回り1.5%〜6%*で投資いただけます。
投資をしたら運用期間中の手間はほとんどかからず、相場による価格変動がないため値動きを見る必要はありません。
*年率、税引前
1円単位で投資できる
Fundsの投資単位は1円。気軽に効率よく、資産運用を始めることができます。