>>
IPO投資とは?初心者向けの投資商品!利益を増やすコツや注意点とは
IPO投資とは?初心者向けの投資商品!利益を増やすコツや注意点とは

IPO投資とは?初心者向けの投資商品!利益を増やすコツや注意点とは

IPO投資という投資方法を聞いたことがある方も多いでしょう。IPO投資は初心者でも比較的高確率で利益を出しやすい方法です。

しかし、IPO投資を含む全ての投資にいえることですが、利益を上げやすいからといって何も知識を持たず飛びつくのは危険です。
IPO投資で成功するためには、IPO投資の正しい知識を身につける必要があります。今回は、IPO投資のメリットやデメリットについてお話します。

IPO投資とは

そもそもIPOとは、新規公開株のことです。
一般的に私たちは、証券取引所と呼ばれる「株を売っているお店」で取引をしています。
この証券取引所で取引できる株は、会社の時価総額など一定の基準をクリアし、上場している企業株のみです。
そのような証券取引所の基準をクリアして、企業がIPOを行うと、証券取引口座を持っているわたしたちが自由に会社の株を売買できるようになるのです。

IPO投資とは、IPOのブックビルディングに申し込み、新規に株式上場する企業の株式を公募価格で購入し、初値で売却し、利益を挙げようとする投資方法です。

IPO投資で利益を出す方法

IPO投資で一般的な利益を出す方法は、新しく上場する企業の株をで安く事前購入し、その後通常価格で買いたい人に株を売るという方法です。

もちろん株を安く事前購入したいと思う投資家はたくさんいます。
実は、これがIPO投資の欠点の一つ。IPO投資では希望者全員が、企業株を事前購入できるわけではありません。

証券会社毎にルールは異なりますが、IPO株は抽選で購入できる人が決定されることが一般的です。
IPO投資を始めようという人が全員当選できるわけでは無いことを頭に入れておきましょう。

IPO投資のメリット

勝率が高い

IPO投資のメリットは勝率が高いことです。
通常、IPO投資では上場前につく公募価格と、上場初日で初めてついた株価である初値の価格差により、利益を出します。
比較的簡単な手順で利益を出すことができるのです。

そこで気になるのが「本当にIPO投資は儲かるのか」という部分でしょう。
通常、株式投資で利益を出すには相応の知識と経験が必要ですが、IPO投資は、より簡単に利益を出しやすい投資と言えるでしょう。

2016年におけるIPO銘柄のうち、公募価格と初値の価格差が黒字になっているものは全体の約81%、2015年はなんと89%と、非常に高い数値を誇ります。※1
株式投資において、これだけの勝率を出せる投資はIPO投資以外には少ないのではないでしょうか。

つまりIPO投資は、抽選に当選さえすれば儲かりやすい投資といえます。

手間がかからない

手間がかからないこともIPO投資におけるメリットの1つといえます。
IPO投資でない株式投資であれば、企業株の選定、また、企業分析や業界分析、チャートの分析などにIPO投資と比較して多くの時間をかける必要があります。

しかし、IPO投資の場合は、上場する企業は決まっているため、どの企業株を購入するか迷いづらい特徴があります。

売り時が明確

熟練の投資家でさえ、株の買い時と売り時を見極めるのは難しいものです。
特に株の売り時は難しく、割安で企業株を購入できたと思っていても売り時を逃し、最終的に損をした経験がある投資家の方も多いでしょう。

一方のIPO投資では、上場した当日の初値という明確な売り時があります。
もちろんそのまま株を保有する場合もありますが、わかりやすい売り時が決まっていること自体が比較的楽だといえるでしょう。

IPO投資のデメリット

当選確率が低い

IPO投資においてデメリットとして言えるのが当選確率の低さです。

IPO株は全ての人が購入できるわけではありません。人気のIPO株の場合、倍率が1000倍を超えることも十分に考えられます。
倍率が1000倍を超えることを考えると、なかなか当選しないということもわかっていただけるでしょう。

IPO投資は利益をあげやすいものの、当選確率は高くないという投資方法なのです。

公募割れのリスク

IPO投資は利益をあげやすいものの、損を出しているIPO株があることも事実です。
つまり、IPO株を公募価格で買ったものの初値が公募価格よりも安くなり、損をする可能性があるのです。
これを公募割れといいます。

初心者が注意しなければならないのが、公募割れしやすい株ほど当選する可能性が高いということです。

公募割れしやすいIPO株は、「発行する株数が多い」という特徴があります。
つまり、発行する株数が多ければそれだけ倍率が低くなり、個人投資家も当選しやすいということになるのです。

このようにIPO株に当選したからといって公募割れのリスクを頭に入れておかないと思わぬ損をする可能性があります。

※公募割れとは・・・上場後の初値が上場前の公募価格を下回ること。

公募割れしやすいIPO株の特徴とは?

必ず公募割れするわけではありませんが、公募割れしやすいIPO株の特徴は大きく2つあります。

  • 公開株数が多い
  • 公募価格が仮条件の上限でない

まず、公開株数が多いIPO株は公募割れする可能性があります。

1つの基準として新たに公開される株数が200万株を超えているかどうかを目安にするといいでしょう。
公開株数が多いということは、その企業株が高値であっても購入したい!という人が減ることになります。
その結果、企業株を売りたいと思っても買ってくれる人がいないため、価格が下がりやすくなってしまうのです。

続いて公募価格が仮条件の上限でない株に注意することについてお話します。
そもそも、公募価格は決定する前に仮条件として2,000円〜2,500円というように幅を持たせて公開されます。
そして「この価格の内で最も多かった価格を公募価格にする」という価格の人気投票を行い、公募価格が決定されます。

人気のIPO株は例え価格が高くても購入したい!と思う人が多いため、公募価格は仮条件の上限となることが一般的です。
つまり、公募価格が仮条件の上限でない場合、そのIPO株はそれほど人気がないといえるのです。
当然、人気がない株ほど損をする可能性が高くなります。IPO株に当選したからといって浮かれず、必ず仮条件と公募価格をチェックしておきましょう。

IPO投資をするには

IPO株の購入方法

IPO株に投資するための手順は以下の2つです。

  • 公開されている仮条件の中から希望株数と希望価格を申告する
  • IPOに当選したら株を購入する

一般的に株を購入する手続きと異なるのは、1番目の仮条件の中から希望株数と希望株価を申告する点でしょう。
人気のあるIPO株価格は仮条件の上限になることが多いので、購入したいIPO株の希望価格は最高価格で出しておきたいところです。

当選確率を上げる方法

ここまでお話してきたようにIPO投資で利益を出すには、当選することが必要条件。
初心者の方でも簡単に当選確率を上げる方法として、大きく2つあります。

  • なるべく多くの証券口座を保有する
  • 主幹事証券会社から応募する

IPO投資では、IPO株を取り扱っている各証券会社から応募することができます。
多くの証券口座を持っていると、それだけ多くの証券口座からIPO株に応募することができます。
大半の証券口座では維持費がかからないので、IPOを取り扱っている証券会社の口座をできるだけ開設すると良いでしょう。

また、IPO投資では各証券会社によって企業から分配されるIPO株数に差があります。
多くの場合、主幹事を務める証券会社が約80%〜90%のIPO株を引き受けることになるので、主幹事を務める証券会社からIPO株を応募する方が、当選率が高くなります。
過去に主幹事を務めた経験の多い証券会社を調べておくこともIPOの当選率アップに影響するでしょう。

各証券会社のIPO取扱の違い

実は、各証券会社によるIPOの取扱いは証券会社によって異なります。
100%ネット投資家に分配されるケースも、10%しかネット投資家には分配されないというケースもあります。

証券会社の特徴を知ることはIPO当選への近道となるのです。

例えば、SBI証券ではIPOチャレンジポイントという制度が導入されており、このポイントを利用すれば優先的にIPO株の割当があります。
他にもマネックス証券やカブドットコム証券では、抽選方法が100%平等抽選であるため、投資資金や実績に関わらず誰でも平等に当選チャンスがあります。

IPOで当選すると利益を挙げられる可能性が高いので、IPO投資を検討してみてはいかがでしょうか。


※1:http://shikiho.jp/tk/ipo/hist/2016

【PR】証券口座を開設するならネット証券が便利?

株式投資や投資信託など投資を始めるには、証券会社で口座開設が必要です。

ただ証券会社の口座開設は非常に手間がかかります。

ネット証券なら、仕事が終わった夜でも手続きができて、オンライン上で完結できるので便利です。

そんなネット証券の中でも、SBI証券は業界低水準の取引手数料が設定されているほか、外国株、IPO銘柄、ロボアドバイザーなどのサービスが豊富に用意されており、一つの口座で様々な投資が可能になるのが特徴です。

また口座開設数は430万を超えており、多くの方々に利用されている実績があります。※1

新規口座開設キャンペーンを実施中のこの機会に口座開設してみてはいかがでしょうか。

※1:2018年10月末時点

【PR】Tポイント×スマホで株式投資ができる新サービスが登場!

SBIネオモバイル証券 口座開設

ついにTポイントで株式投資ができる新サービス「ネオモバ」が登場しました。

「ネオモバ」は1Tポイント=1円で株が買えるほか、1株から購入可能、月額220円で取引し放題※1、スマホ完結でこれまでにない新しい投資体験を提供しています。

その他にも、IPO投資、ロボアドバイザー、iDecoなど充実した商品を取り揃えており、サービス開始から約11ヶ月で約30万口座を達成、約3億8,000万Tポイントが株式投資に使用されています。※2

Tポイントを使って株式投資ができる「ネオモバ」の利用をこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。

※1:1ヵ月の約定代金合計額が50万円以下の場合
※2:2020年3月27日時点