>>
投資信託の利益確定タイミングはいつ・どれくらい?利益と損切り(解約)の目安
最適な投資信託の利益確定タイミングは?利確と損切り(解約)の目安

投資信託の利益確定タイミングはいつ・どれくらい?利益と損切り(解約)の目安

投資信託での資産運用を行うにあたり、利益確定や損切りに必要な解約のタイミングは最も難しい判断の1つです。株や投資信託を相場の底値で購入し、天井で売却することはベテラン投資家でも難しいことです。

今回は投資信託において利益確定を行うタイミングや投資信託ではどれくらいの利益をあげられるのかについて、ポイントを解説します。

投資信託はどれくらいの利益になるのか

投資信託の利益確定タイミングに悩んでしまうのは、もっと利益が得られるかもしれないと思うからでしょう。

それではそもそも投資信託ではどれくらいの利益を得られるのでしょうか。

楽天証券の投資信託買付ランキング上位3位を確認すると、ひふみプラスの過去1年間のトータルリターンは44.79%となっています。※1(2018年1月26日時点)
仮に100万円分を投資すると144万円超のリターンとなる想定です。(税金や手数料は考慮せず)

あくまでも成績が良い投資信託ですが、このようなリターンとなるものも中にはあります。また、ひふみプラスの今までの成績が良いことが、今後の成績も良くなるということを意味しない点には留意が必要です。

投資信託の利益確定における一般的な判断基準

あまり値動きのない公社債投信(MRF)を除くと、ほとんどの投資信託には値動きがあるため、投資信託で利益を出す大原則は安く買って高く売ることです。

ただしこれは簡単に出来ることでは無く、ベテラン投資家でさえ頭を悩ませるところでしょう。

それでは投資信託はどのようなタイミングで利益確定を行えばよいのでしょうか。

購入価格を上回ったかどうか

場合によっては損切りという判断をしなければならないこともありますが、投資家は利益を上げるために投資を行っています。

投資信託においては、大小にかかわらず、その購入時よりも売却時の基準価額が上回っていれば、当然前向きに利益確定の判断ができます。

ただし毎回相場が天井に達したタイミングで利益確定(解約)することは至難の技でしょう。大切なのは、最も大きく儲けることではなく、利益を確保することです。
「あともう少し保有していればもっと利益が出たのに」と考えてしまうこともあるでしょうが、投資信託を継続保有した結果、評価額が下がり、「あの時に売却していれば」と後悔する可能性もあります。

よってある程度の利益が出てきた時点で、売却することは正しい判断と言えます。

現在の基準価額が割安なのか割高なのか

金融市場は時として行き過ぎることがあります。
値動きの上昇が行き過ぎればバブルと言われ、投資家心理が冷え込みすぎるとリーマン・ショック後のように金融取引があまり行われなくなる場合があります。

市場が上昇し、バブルの兆候が見られるのであれば、バブルのうちに投資信託を利益確定できれば、投資として理想的な展開となります。

しかし、バブルというのは投資家心理が熱くなり、多くの人がさらなる市場の盛り上がりを期待している状態のため、自分自身も例に漏れず、売却を躊躇してしまうこともあるでしょう。

もちろんさらに保有していれば、より大きな利益が得られるかもしれませんが、投資はリスクを抑えることも大切です。

こうした時こそ我慢し、もし投資信託を購入したくなったとしても、「該当投資信託の価格に連動しない投資信託を購入する」、「現金で保有を続ける」、「購入しても少額にとどめる」など、リスクを抑えた投資を心がけましょう。

反対に、市場があまりにも冷え込んでいる場合は、長期視点で積立投資を行うか保有し続けると良いでしょう。短期的には市場が冷え込むため、損失を抱え、損切りという判断を行うかもしれません。しかしながら、あまりにも市場が冷え込んでいる場合、市場はいずれ平常な状態に戻ります。

市場が冷え込み過ぎている場合は売却(損失確定)するのではなく、あえて保有もしくは積み立て投資することで損失分を減らす、もしくは利益を得ることができます。

投資信託の利益確定における他の判断基準

ここまでは基準価額をベースに投資信託における利益確定の簡単な考え方を解説しました。

しかしながら、現在の基準価額が割安か割高かどうかについて、判断を行うのは投資のプロでも難しいケースが多く、実際的には異なる利益確定の判断方法も有効です。

ポートフォリオのリバランスを行う場合

投資信託に限りませんが、資産運用の鉄則は分散投資です。投資信託を購入する場合も、1つの投資信託に資金を集中するのではなく、複数の投資信託に分散して投資することが求められます。

分散投資を行うにあたり、投資信託の種類ごとに投資額の配分を定期的に見直すことが必要となります。これをポートフォリオのリバランスと呼びます。

リバランスの方法は様々ですが、国内株式の投資信託の保有比率を下げるという判断をすると、その投資信託を売却して利益確定・損切りする必要があります。

異なるファンドや金融商品に乗り換える場合

別のファンドや金融商品を購入するための資金捻出としても、投資信託を利益確定する場合があるでしょう。

投資信託は少額で投資できるため、そもそも投資に充てられる元本が潤沢には無い方もいます。

そういった方が他の投資信託に乗り換えたい場合や口コミで盛り上がっている金融商品に投資したい場合、投資信託の売却を検討するでしょう。

しかしながら、投資信託は売却時に手数料や税金もかかりますし、乗り換え先の金融商品の購入時にも手数料がかかるかもしれません。

乗り換えを考えるときは、そのまま保有することも含めて、総合的により多い利益を得られるだろう投資先を選ぶと良いでしょう。

必要な資金がある場合

子供の教育資金や海外旅行の資金など、将来のある時点に必要となる資金を、流動性の高い金融商品である投資信託で運用する場合があります。こうした場合、いざライフイベントが起こり、資金が必要になった際には、保有する投資信託を売却し、利益確定・損切りする必要があります。

ただし投資信託は基本的には長期視点で資産運用することの多い金融商品のため、半年後に必要となる資金を運用することは避けた方が良いでしょう。もし損失を被ってしまうと、必要な資金が確保できなくなってしまいます。

投資信託の利益確定における注意点

投資信託を売却し、利益確定を行う際の注意点について、下記にピックアップいたしました。

分配金も含めて計算すること

投資信託における収益・利益とは、分配金のみを指すわけではありません。

最終的な利益は、投資信託を解約し、利益確定した際の値です。当然ながら、分配がある投資信託の場合は、分配金も含めて計算するべきです。

なお、中には特別分配金といい、元本が取り崩して分配される投資信託もあるので注意が必要です。

手数料も確定される

利益が大きい場合はさほど気にならないかもしれませんが、投資信託の売却時には手数料がかかります。

これを信託財産留保額と言いますが、この金額が大きい場合は、利益が得られると思って投資信託を売却しても、最終的には損失となってしまう場合もあります。

また利益確定時は税金の存在も忘れてはなりません。投資信託の売却益には、約20%の課税がされます。

部分的に売ることも検討する

投資信託を売却する際、決して保有分を全て売却しなければならないわけではありません。例えば今後の値上がりも期待するのであれば、保有額の半分まで売却して様子を見るといったことも考えられます。

また、投資信託を購入した時よりも損をしたくないという場合は、投資元本部分のみを解約して、残りの利益部分を保有するといったことも選択肢の1つとなるでしょう。

解約手続きをしてもすぐには返金されない

投資信託は買付・解約の注文が約定されてから現金の受渡しが行われるまでに、一定期間が必要です。投資信託の種類により期間は異なりますが、最低3営業日を要します。

緊急性の高い資金が必要となった場合、投資信託の解約を行っても、資金が必要な日までに入金が間に合わない可能性があるため注意しましょう。

加えて、海外市場が対象の投資信託は、現地の祝日も絡む場合があるため、さらなる確認が必要です。

約定とは・・・売買が成立すること。

解約不可能な期間がある場合も

中には投資信託の解約が不可能な期間として、クローズド期間を設けている投資信託もあります。

投資信託の運営において、ファンド運営安定化のために、投資資金の外部流出を抑えることを目的としクローズド期間が設けられることがあります。

特に投資信託設立当初は投資対象のポートフォリオ構築に重要な時期です。クローズド期間は、パフォーマンス向上のための重要な期間という一面もあります。

クローズド期間の有無は、投資信託の目論見書で確認できます。購入前に必ず確認しましょう。

※目論見書とは・・・運用方針や対象銘柄など詳細な情報が記載されている資料。投資判断の基準となる情報が網羅されている。

投資信託を見極める方法

株式型や債券型をはじめ、投資信託には様々な種類の投資対象があります。これらの値動きはそれぞれ異なる市場の動きに関連します。

しかしながら利益確定タイミングを考える場合は、純資産総額の減少に注意する点など、どの投資信託も似たような考え方が応用できます。

まずは投資信託の成績を読んで、利益確定や損切りを行うべきタイミングを考える方法について紹介します。

純資産総額の減少に注意

投資信託の成績を確認する際には、どうしても過去の利回りといったわかりやすい指標に注目してしまいがちですが、より重要な部分があります。

それが純資産総額の推移です。

基準価額とは・・・純資産総額を口数で割った価格。1口当たりの純資産総額。

純総資産額とは・・・ファンドの保有資産から負債を引いた額。そのファンドの規模を表す数値。投資家がファンドを購入・解約したり、ファンド成績の上下により、変化する。

純資産総額の推移はその投資信託の需要をはっきりと表していることがあるので注意が必要です。

投資信託は株式と同様、常時自由に売買の注文が可能です(ただし価格が決定されるのは、1日1度)。よって純資産総額が下降するなど、保有している投資信託に対してマイナス要因があると、その投資信託を売却する投資家も増加します。

投資信託を売却する投資家が増えれば増えるほど、投資信託は保有する資産を売却し現金化して投資家に返金する必要が生じるため、投資信託の純資産総額は減少してしまうのです。

つまり成績の悪い投資信託であればあるほど、その投資信託を新規購入する投資家が少なくなり、売却する投資家は多くなります。その結果、資金は流出超過となり、投資信託の純資産総額は下降線を辿ります。

このような事態に敏感になるには、過去からの純資産総額の推移を常日頃確認しておくことが大切です。

株式や債券など、投資信託の運用結果によって純資産総額が下落することを知っている投資家の方は比較的多くいるでしょう。しかし投資信託の解約が行われることでも純資産総額が下落するという点は、見逃されがちです。

純資産総額が下がっている場合は、どういった要因で下がっているのか、それはファンドにとって問題なのか把握するように心がけましょう。

まとめ

ここまで投資信託の利益確定タイミングについて解説しました。

投資信託は日々の価格変動がある相場性の金融商品であるため、売買のタイミングを選ぶのは簡単ではありません。しかし、長期運用商品の傾向が強い投資信託は、相場の兆候を捉えられれば利益も期待できるでしょう。

投資信託の特徴を把握することで、長期的な資産形成に繋げられると良いですね。


※1:楽天証券の投資信託買付ランキング

【PR】証券口座を開設するならネット証券が便利?

株式投資や投資信託など投資を始めるには、証券会社で口座開設が必要です。

ただ証券会社の口座開設は非常に手間がかかります。

ネット証券なら、仕事が終わった夜でも手続きができて、オンライン上で完結できるので便利です。

そんなネット証券の中でも、SBI証券は業界低水準の取引手数料が設定されているほか、外国株、IPO銘柄、ロボアドバイザーなどのサービスが豊富に用意されており、一つの口座で様々な投資が可能になるのが特徴です。

また口座開設数は430万を超えており、多くの方々に利用されている実績があります。※1

新規口座開設キャンペーンを実施中のこの機会に口座開設してみてはいかがでしょうか。

※1:2018年10月末時点