スマートレンドは2016年4月にサービス開始した、maneoマーケットが投資家募集を行うサービスです。累計募集金額は2017年7月現在で23億円ほど。 金融事業への融資やスマートレンドと資本関係がある企業への融資を行っており、幅広い利回りや運用期間のファンドを募集している点が特徴的です。

スマートレンド

公式サイトへ
この会社について

スマートレンドの特徴

金融事業を営む事業者向けのローンファンド

スマートレンドは、消費者に対して融資事業や保証事業を営む企業に特化して融資を行っています。

消費者向けの融資や保証は、小口分散(少額を多数の人に貸し付けること)されているため、一部の融資先が貸し倒れを起こしても全体としての損失は限定されるという特徴があります。

スマートレンド

▲スマートレンドのトップページ(2017年8月現在)

代表的なファンド

香港の消費者金融事業者への融資を行う「海外(香港)事業支援型ローンファンド」や、家賃保証事業者・エステティックサロン事業者などへ融資する、 保証会社による保証のついた「あんしんファンド」などがスマートレンドの代表的かつ特徴的なファンドです。

事業スキーム

スマートレンドは、株式会社SmartLend(本社:東京都墨田区)がファンド(匿名組合)の組成や運営を行い、 第二種金融商品取引業者であるmaneoマーケット株式会社が投資家向けにファンドを募集するというスキームで運営されています。

スマートレンドの実績

累計募集金額は多くないが、着実に返済を行なっている

スマートレンドのこれまでの累計募集金額は2017年7月現在で累計23億円、分配金総額は15億円超となっています。

また、これまでの貸付件数は264件なのに対し、現在も返済中のファンドは142件、すでに完済したファンドは122件です。

スタートから1年半ほどの時点で、すでに募集したファンドの半数近くで返済が完了しています。

他社に比べて募集ファンドの数は多くないものの、現時点では着実に返済が行われているようです。

公開されている延滞・貸し倒れの実績はなし

2017年7月現在、スマートレンドのサイトでは延滞・貸し倒れが発生したとの情報は掲載されていません。

スマートレンドの口座をまだお持ちではないですか?

口座開設をしてスマートレンドのファンドへの投資をはじめましょう!

スマートレンドの社長

2017年3月末に代表取締役が交代

2017年3月末に前代表取締役の柳澤修氏が退任し、2017年4月より新代表取締役として藤田尚宏氏が就任しています。

藤田尚宏氏の経歴

投資会社ユニゾンキャピタルの投資案件であった中堅ノンバンクにて、経営企画部門の中心メンバーとして、 債権分析、M&Aや証券化関連の業務に携わり、企業価値向上に大きく貢献。

その後、金融サービスに特化した投資会社に在籍し、ハンズオンでの投資先事業の立ち上げや事業開発に従事。

スマートレンドでは、立ち上げメンバーとし参画し、これまでの経験を生かし、事業開発の中心的な役割を担う。

スマートレンドのリスク・安全性

スマートレンドに特徴的なリスクとしては、以下のようなものが挙げられます。

ソーシャルレンディングに共通するリスクではありますが、主に以下のようなリスクが考えられます。

借り手のデフォルトリスク(信用リスク)

スマートレンドの貸付先企業が、何らかの理由により債務不履行(返済などの約束が果たせないこと。デフォルト)となる場合、投資家が損失を被る可能性があります。

担保割れのリスク

スマートレンドが募集するファンドの一部には、担保が設定されています。

このようなファンドでは、貸付先企業が債務不履行となった場合、担保を売却するなどにより貸付額を回収しますが、担保価値の想定外の下落などにより担保割れが発生した場合には投資家が損失を被る可能性があります。

保証人のデフォルトリスク(信用リスク)

スマートレンドが募集するファンドの一部には、保証会社などによる保証が設定されています。

このようなファンドでは、貸付先企業が債務不履行となった場合、保証会社が代わりに弁済をしますが、 その保証会社も何らかの理由により債務不履行となった場合、保証があっても投資家が損失を被る可能性があります。

運営会社のデフォルトリスク(信用リスク)

ファンドの営業者であるSmartLend株式会社が、何らかの理由により債務不履行となった場合、ソーシャルレンディングの投資家も損失を被る可能性があります。

また、募集取扱事業者であるmaneoマーケットが、何らかの理由により倒産などに至った場合、預り金などに対して損失が発生する可能性があります。

スマートレンドの手数料・税金

スマートレンドの手数料・税金は下記の通りです。

入金手数料(デポジット手数料)

スマートレンドでは、投資口座への入金にかかる手数料は投資家が負担します。

なお、手数料は各金融機関により異なります。

払戻し手数料(出金手数料)

スマートレンドでは、投資口座の資金を払い戻す際にかかる手数料は投資家が負担します。

なお、手数料は各金融機関により異なります。

源泉徴収税

SmartLend株式会社が投資家に支払う分配金は源泉徴収税を控除した金額です。

なお、この源泉徴収額は、確定申告により控除できる場合があります。

詳細は税務署、税理士にご相談ください。

ソーシャルレンディングの税金について詳しく知りたい方は以下がおすすめです。

ソーシャルレンディングの確定申告。税金計算の仕方や所得の扱いも徹底解説

手数料がかからない項目

スマートレンドでは、口座開設手数料、口座維持手数料、ファンドの取引手数料は全て無料です。

スマートレンドの口座開設方法

口座開設に必要な書類

スマートレンドの口座開設には、1.運転免許書などの本人確認書類、2.銀行口座情報が必要となります。

口座開設から投資までの流れ

  1. 会員登録
  2. 投資家申請
  3. 本人確認書類の提出
  4. 投資家キーが記載されたスマートレンドのハガキを受け取る
  5. 預託金口座へ投資金を振り込む
  6. 任意のファンドに投資実行

スマートレンドのセミナー

スマートレンドはmaneoマーケット株式会社が募集を代行するサービスのため、``月1回程度の頻度でにmaneoマーケットが主宰する合同セミナーが実施**されています。

詳細はmaneoのセミナーのご案内をご覧ください。

スマートレンドの口座をまだお持ちではないですか?

口座開設をしてスマートレンドのファンドへの投資をはじめましょう!

概要
平均利回り

7.12%

業界平均 -0.66%pt

前月応募額

1億3,511万円

昨年同期比 -11.3%

累計応募額

26億3,252万円

ファンド成立件数 166件

担保あり件数

87件/172件中

全体の50.58%

主なテーマ

国内事業性資金、海外個人ローン、国内個人ローン

募集中のファンド